大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

関ヶ原前哨戦となった大津城の戦い

豊臣秀吉の死後、次の天下人の座を狙う徳川家康と、豊臣家を擁護する石田三成が対立。

家康が上杉征伐(会津征伐)を企てると、石田三成は、五大老の毛利輝元、宇喜多秀家をはじめとする旧豊臣方の恩顧の諸大名を大坂城に集結させました。
家康はこの動きに対し、慶長四年6月18日、大津城京極高次と会い密談を交わしていたと言われています。

三成は家康が会津攻めに赴いた隙に、大谷吉継や毛利輝元らを集めて挙兵。伏見城を落とし、次いで北陸や伊勢方面の平定に乗り出していました。
北陸方面の平定には、大谷吉継が担当、大津城の城主・京極高次が加わっていました。
高次は、妹の松の丸が秀吉の側室になっていたことから、秀吉に従っていましたが、大津城の戦いでは突如東軍に寝返籠城。西軍を大津に足止めさせることに。

(高次の妻の妹「江」は、家康の次男・二代将軍「徳川秀忠」の妻。西軍につくのか東軍につくのか・・・苦渋の決断だったでしょうね。)

これに対し、大坂城の淀殿は高次の正室で、自身の妹でもある初(常高院)に海津殿を使者とし、停戦・降伏を求めましたが、大津側は拒否。
西軍側は、高次の裏切りの報復として、毛利元康を大将とし、それに立花宗茂、小早川秀包、筑紫広門ら総勢1万5000人の軍勢で、慶長5年9月7日より大津城に包囲攻撃を開始。

京極軍は城を死守しようと奮戦し、7日間持ち堪えましたが、9月13日からは長等山から大砲で砲撃を受け、天守その他の建築物が破壊され、立花軍が二ノ丸までを占拠。ここに至り、北政所の側近孝蔵主と高野山の木食応其の仲介による講和が成立。高次は9月15日に降伏して大津城を開城。

関ヶ原の戦いのまさに当日のことでした。

高次は園城寺に入り、剃髪して高野山へ。
しかし、西軍1万5000を大津城に足止めした高次の功績は大きく、家康は高次を召しだし、若狭小浜城8万2000石に加増転封させました。(Wikipedia、「びわ湖大津観光ガイド」参照)

大津城は、現在の滋賀県大津市浜大津、京阪電鉄浜大津駅周辺一帯にあった水城で、本丸は、琵琶湖大津港桟橋付近にあたります。

IMG_8788.jpg

1586年(天正14年)、豊臣秀吉は坂本城を廃城とし、浅野長政に命じて新たに築城させた城で、その後、城主は増田長盛、新庄直頼と代わり、1595年(文禄4年)に京極高次が城主となりました。高次が若狭へ転付後、まもなくして、家康は大津城を廃城にし、新たに膳所崎に膳所城を築城。大津城の戦いで戦禍を免れた建築物の一部は、彦根城、膳所城に転用、移築されました。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

*Comment

大津城址! 

大津城城址!は今はこの碑文が残っているだけですね!
しかし、その大津城は大変な役割を果たしたことは確実ですね。その城主の京極高次が投降したにも関わらずその後、若狭小浜8万2千石の城主に栄転しています!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016.09/06 05:36分 
  • [編集]

四方さんへ 

関ヶ原というと、どうしてもメインの合戦のにスポットが当てられますが、、このような地方の戦いにも注目すると、その全貌がわかってきますね。

この碑の撮影をしたのは、四方さん、めりいさんと3人で滋賀をまわった日の夕方です。
あの旅も懐かしいですね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/06 07:24分 
  • [編集]

NoTitle 

次の放送の内容かな?
これから山場に入りますね。
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2016.09/06 07:52分 
  • [編集]

おはようございます 

恥ずかしいことばかり、
大津城址なるところもこのようにあって見られる。
なんか行ってここもみたくなりますね。
感心します勉強してこのように教えて頂くことを。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2016.09/06 09:28分 
  • [編集]

せいパパさんへ 

こんにちは!
体調はいかがですか?

次回の放送は、沼田城が舞台かと思います。
小松姫の活躍が描かれます。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/06 12:37分 
  • [編集]

マーチャンさんへ 

こんにちは!
いつもお読みいただきありがとうございます。

数年前、この近くのホテルに泊まったことがあるのです。
散歩がてらにこの碑を撮りました(#^.^#)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/06 12:40分 
  • [編集]

NoTitle 

出張のために
3日間皆さんのブログを
訪ねることが出来ません。

私のブログも
その間は休ませていただきます。

10日からは再開しますので
よろしくお願いします。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2016.09/06 20:47分 
  • [編集]

すごいなぁ 

こんにちは。いつもお世話になっております。
真田親子目線の関ヶ原が、とても楽しみです。
九州の強者達が足止めされた大津城の戦い、立花宗茂好きは地団駄を踏みます。
何もなくてもつい足を運んでしまいますね、大津城跡。

暗くなっても散策なさるエネルギーが夏バテ中の私にも欲しいです。分けてくださいまし。
  • posted by つねまる 
  • URL 
  • 2016.09/06 20:52分 
  • [編集]

大津城址 

長等山から大砲うったんですね、でもかなりの距離がありすよ。道があるとしたら、近松寺のあたりかな、でも1,5kmはありますよ。私が入院してた日赤の山手です。
大津の城跡は発掘をしてなかったころに湖岸道路や、京阪レークセンター(いまの琵琶湖ホテル)をつくったからなくなったんですね。城も本体は膳所城になったそうです。本当の水城だったんでうすね、江戸時代に大津は幕府の町になり大きくかわったんですね。
でもいまは大津駅もさびしくなっています。10月にビエラ大津になってかわるそうですが、どうなるかな。滋賀で乗客が1番多いには草津、2番は私がいてる南j草津です。
  • posted by そば打ちおじさん 
  • URL 
  • 2016.09/06 21:26分 
  • [編集]

こんばんは 

こんばんは。
京極高次の働きは凄いですね。
これで時代が動いた気もします。
浅井三姉妹は知ってます。
これもまた凄いですよね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2016.09/06 21:44分 
  • [編集]

よっちんさんへ 

こんばんは!

出張ご苦労様です。
また台風の影響が心配ですね。
お仕事に支障がありませんように。
お忙しい中、訪問ありがとうございました。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/06 22:13分 
  • [編集]

つねまるさんへ 

こんばんは!
いつもありがとうございます。

関ヶ原は、目線が違えば、何通りもの見方ができますね。

暗くなってからの撮影で、お化けのような画像になっていることがしばしば(^_^;)
それが気に入らなくて、撮り直しに行くことも度々あります。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/06 22:16分 
  • [編集]

そば打ちおじさんへ 

こんばんは!
コメントありがとうございます。

そういうお話は、地元の方に説明していただくのが一番ですね。
地名や山の名前を聞いても、距離感が掴めないので(^_^;)

大津駅周辺が変わるのですね。
また機会があったら遊びに行きますね!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/06 22:19分 
  • [編集]

自転車親父さんへ 

こんばんは!
コメントありがとうございます。

今回の大河では、浅井三姉妹のうち、茶々と江が出ていますね。
大事な役割を果たした初は出てこないのかしら・・・

次回は秀忠が上田を攻めていくところが描かれるようです、
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/06 22:23分 
  • [編集]

NoTitle 

どちらにも縁があり、苦渋の決断で大変だったのですね。
詳しく知ってくるとより面白いですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2016.09/06 23:26分 
  • [編集]

みかん農家さんへ 

こんばんは!

>どちらにも縁があり、苦渋の決断で大変だったのですね。

まさに板挟みの状態ですね。

真田家の中でも、長男と父&次男に分かれたのも、お家を存続させるための苦渋の決断でした('_')
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/07 00:48分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR