大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

芳泉寺(4)小松姫のお墓

小松姫は徳川家康の家臣である本多忠勝の娘で、家康の養女となり、真田信幸(のち信之)に嫁ぎました。小松殿、稲姫とも称されています。

小松姫

犬伏で、夫の真田信幸と袂を分かった真田昌幸信繁父子が、上田城に戻る際、沼田城に立ち寄り、舅の昌幸が、孫の顔が見たいので城の中に入れて欲しいと頼みますが、
「舅といえども、今は敵。夫の留守中に入れることはできない。」
と、小松姫は開門を拒否。この小松姫の行動に、「さすがは武士の妻」と昌幸は感心したといいます。
沼田城入城を諦めた昌幸・信繁は、近くの正覚寺に宿泊。すると、翌日、小松姫が子供たちを連れて正覚寺を訪ねてきます。この小松姫の機転に、昌幸らは、さらに感心したと伝えられています。
このエピソードには、諸説あり、

真田氏の家記『滋野世記』によると、

「昌幸は信繁同道にて犬伏の宿を打立て、夜中沼田に著たまい。城中へ按内ありければ、信幸の室家使者を以て、夜中の御皈陣不審に候なり、此の城は豆州の城にて、自を預居候事なれば、御父子の間にて候え共、卒尓に城中へ入申事成難く候と仰ける(中略)。暫有て城中より門を開きけるに、信幸の室家甲冑を著し、旗を取り、腰掛に居り、城中留守居の家人等其外諸士の妻女に至るまで、皆甲冑を著し、あるいは長刀を持ち、あるいは弓槍を取り列座せり。時に信幸の室家大音に宣うは、殿には内府御供にて御出陣有し御留守を伺い、父君の名を偽り来るは曲者なり、皆打向って彼等を討ち取るべし(中略)、一人も打ち洩らさず打ち捕べしと下知したまう。昌幸その勢いを御覧ありて大いに感じたまい、流石武士の妻なりと称美あり。御家人等を制し止められ、夫より我妻かかり、上田城へ篭城なり」
と記されています。

また、『改正三河後風土記』によれば、

小松姫は、昌幸から「今生の暇乞のため対面し、孫共を一見せばやと存候」との申し出を受けるが、これを断ると侍女を遣わして昌幸らを城下の旅宿に案内し丁重にもてなした。その一方で、城中の家臣には弓や鉄砲を狭間に配置させ相手方の襲撃に備えるように命じた。これを見た昌幸は家臣に向かって「あれを見候へ。日本一の本多忠勝が女程あるぞ。弓取の妻は誰もかくこそ有べけれ」と、その手並みを褒め称えたと記され、このほかにも『御家書留書』『真田御武功記』『沼田記』『出浦助昌家記』などに沼田城の留守を守った逸話が記されています。

賢夫人として、真田家を支えた小松姫でしたが、1626年、病気療養のため江戸の真田藩邸から草津温泉に湯治に向かう途中、武蔵国鴻巣(現・埼玉県鴻巣市)の勝願寺で亡くなったといわれています。
これを聞いた信之は、「わが家の燈火(ともしび)が消えたり。」といって悲しんだということです。

小松姫の遺骨は、信之が菩提寺としていました「常福寺」(現・芳泉寺)に葬られました。

芳泉寺の本堂の裏側に、小松姫と仙石氏のお墓があります。

IMG_4601 小松姫

IMG_4611 小松姫

芳泉寺のお墓は、信之が松代へ移封する際、小松姫の霊屋を、松代の大英寺に移すため、芳泉寺には分骨として残したものです。石塔の高さ3m余、塔身と下壇の石に姫の経歴が刻まれ、その終わりに「元和七年三月廿四日施主信之」と記されています。

小松姫のお墓は、全部で4箇所あり、埼玉鴻ノ巣の勝願寺、群馬県沼田の正覚寺にも分骨があります。

IMG_4602 小松姫

小松姫のエピソードがここにも紹介されています。

IMG_4603 小松姫

このエピソードからも、小松姫の女性らしい優しい一面も窺えます。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

分骨は、なんのためでしょうね?!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2016.09/11 04:05分 
  • [編集]

NoTitle 

千葉県の大多喜町に本多忠勝の大多喜城がありました。
ちょっと近く感じました。
小松姫の成長は素晴らしいね
時代がそうさせたのかな?
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2016.09/11 06:21分 
  • [編集]

小松姫! 

小松姫のエピソードは聞いています。しかし夜、孫を連れて真田昌幸に会いに行ったと聞いています!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016.09/11 07:17分 
  • [編集]

シネマ大好き娘さんへ 

現在住んでいるところからお墓まで遠くてお参りできないという理由から、近くに新しい墓を建てて供養していくために、分骨をしたいという場合が多いようです。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/11 09:02分 
  • [編集]

せいパパさんへ 

そういえば、本多忠勝のゆるキャラさんに、今年出会いましたよ!
頭に大多喜城載せていました(#^.^#)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/11 09:04分 
  • [編集]

四方さんへ 

そのエピソードについても、当日の夜とか翌日とか、諸説あるようですね!

今夜の脚本ではどうなるでしょうね!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/11 09:05分 
  • [編集]

NoTitle 

昌幸は九度山から
信幸に対して援助を申し出ていたようですね。

ところで、九度山で蟄居している時代を
ドラマではどう描くのでしょうね。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2016.09/11 11:25分 
  • [編集]

こんにちは 

遅くなりました。
いつもいつも歴史を学ぶことでき、
なんかボケ防止に役立ちそう。
とはいえすぐ忘れちゃうから駄目ですね。
でもその都度なるほどと見せていただいてます。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2016.09/11 14:30分 
  • [編集]

よっちんさんへ 

九度山での日々は、案外ナレーションで早く過ぎてしまう気がします。
私が行くまで待ってて欲しいのですが(^_^;)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/11 16:21分 
  • [編集]

マーチャンさんへ 

こんにちは!
いつもお読みいただきありがとうございます。

私は、自分が訪ねた寺社や史跡の記録のために書いていますが、ボケ防止も含みます(笑)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/11 16:29分 
  • [編集]

NoTitle 

こんにちは。

今回も祖母の訃報に対し、温かなコメントをいただきどもありがとうございました。読みづらさもあったかもしれませんが、書くことで気持ちの整理を図らせていただきました。

ぼちぼち日常を取り戻していきます。まずは、お礼のご挨拶までで失礼しますm(_ _)m
  • posted by にっしー 
  • URL 
  • 2016.09/11 16:39分 
  • [編集]

こんばんは 

こんばんは。
小松姫ですね。
ずいぶんと立派な人だったようです。
戦国の女性は凄い人がたくさんいましたね。
今もいますけど。(笑)
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2016.09/11 19:30分 
  • [編集]

NoTitle 

素晴らしいところには、素晴らしい方がお嫁に来られるのですね。
昔も強い女性がおられますよね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2016.09/11 22:22分 
  • [編集]

にっしーさんへ 

大変でしたね。
少しは元気になられたようで安心しました。
無理せず、徐々に日常を取り戻していってくださいね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/12 00:14分 
  • [編集]

自転車親父さんへ 

小松姫は、良妻賢母だったようですね。

武士の妻という立場をよく理解している女性だったのでしょう。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/12 00:16分 
  • [編集]

みかん農家さんへ 

信之は、とても小松姫を愛してたようです。

徳川と真田の板挟みで大変な人生を送った女性ですね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.09/12 00:21分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
28位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR