大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

方広寺の鐘銘事件

京都の東山にある方広寺は、天台宗山門派の寺で、豊臣秀吉により建立されました。

天正14年(1586年)大仏殿の造営が開始され、文禄4年(1595年)に完成。
大仏は、奈良の東大寺の大仏よりも大きく、18mの高さであったといいます。

しかし慶長元年(1596年)の地震により倒壊。

その後、豊臣秀頼により再建されましたが、寛政10年(1798年)に落雷による火災で焼失。

大仏殿、大仏は今はなく、当時を偲ばせるものとしては、巨大な石を組んだ門前の石垣、そして徳川家康が豊臣家を滅ぼす口実とした「国家安泰の鐘」が残されています。

IMG_0273 B

鐘をアップにしてみると、白い線に囲まれた「国家安泰 君臣豊楽」の銘文がはっきりとわかります。

IMG_0274 B

家康は、「国家安康」「君臣豊楽」は、徳川家康の家と康を分断し、豊臣を君主として、家康および徳川家を冒涜するものだと、銘文に言いがかりをつけました。
これがきっかけとなり、大阪の陣で豊臣家を滅亡に追いやることになるのでした。

この鐘は、重要文化財に指定されており、東大寺、知恩院の鐘と並んで、日本三大名鐘のひとつとされています。

IMG_0279 B

本堂では、大仏の眉間に埋め込まれていた眉間籠り仏や大仏の台座の一部が拝観できます。

また大黒堂には、秀吉の念持仏だった大黒天像が祀られています。


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

鐘ならしてみたいです!
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2016年10月10日 04時27分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

権力を持った者にしか
分からない解釈と世界観
凡人には全く理解出来ないです。
応援!

おはようございます 

鐘楼はどこのも好きですから。
お若い頃は手当たり次第に、
鳴らせる鐘なら突いてきたものです。
このお寺さんは知らなくてごめんなさい。
あとにちょっと勉強します。
応援ポチ☆
  • マーチャン 
  • URL 
  • 2016年10月10日 10時21分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

この鐘に興味があったので
方広寺に行ったことがあります。

大仏殿がどれほどの規模だったのか
想像をめぐらしました。

応援ぽち

NoTitle 

おばんです★ミ

これからの時期の京都はたくさんの人が訪れますね。昨年は12月の最初の日曜日に紅葉を見に行きましたw 今年も秋の京都散策、行きたいなぁ^^;

こんばんは 

こんばんは。
もしかしたら昨日の放送はこれですね。
見なかったのですが音だけ聞こえてました。(笑)
家内が見てます。
  • 自転車親父 
  • URL 
  • 2016年10月10日 20時48分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

これが有名なあのいいがかりをつけられたものなのですね。
初めて見ました。
しかし、そんな大きな大仏が一時はあったのですね。
残っていてほしかったです。
応援ぽち2.
  • みかん農家 
  • URL 
  • 2016年10月10日 22時46分 
  • [編集]
  • [返信]

皆さんへ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございましたm(__)m

昨日の紀行で、取り上げられたので、再アップしました。
今でも当時の大仏が残っていたら・・・
奈良と並んで、名所になっていたでしょうね。
  • しずか 
  • URL 
  • 2016年10月10日 23時09分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー