大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

大坂冬の陣 鴫野の戦い

1614年(慶長19)年、方広寺鐘銘事件により、豊臣方と徳川方と対立が激化すると、両家の調整役の片桐且元は、戦争を避けるために徳川家康との和平交渉に奔走しましたが、家康と交渉している間に、大野治長や淀から家康との内通を疑われるようになり、大坂城を追放されてしまいました。これが徳川方の冬の陣の宣戦理由となり、家康は総勢20万の大軍で、秀頼のいる大阪城を包囲させました。

一方、豊臣方は、旧豊臣系の大名に味方するよう要請しましたが、応じるものはなく、真田幸村(信繁)後藤又兵衛の他、集められたのは浪人衆の寄せ集めでしたが、それでも10万の兵力になりました。
難攻不落の大阪城を力で攻め落とすのは無理と考えた家康は、大砲で威嚇射撃し、城に通じる坑道を掘り進めるといった心理戦に出ました。大砲の一発が、淀のいる櫓に命中し女房たちが数名吹き飛ばされて亡くなりました。これにはさすがの淀も恐怖に震えたといいます。

次に家康は講和工作を行い、初を豊臣方の代表、側室の阿茶の局を徳川方の代表として講和交渉を進め、12月講和が成立しました。
この時結ばれた講和条件は、二の丸、三の丸の破壊、城の周囲をめぐる水濠を埋めることでした。この時、淀が人質になるか、濠を埋めるかの要求に対し、秀頼と別居すること、すなわち人質になることに反対したのが浅井三姉妹の次女・初だったといいます。
講和が成立すると、家康は外堀だけでなく内堀も埋めてしまい、大阪城は裸城にされてしまいました。

大坂冬の陣において行われた戦いの一つである鴫野(しぎの)今福の戦いの舞台は台は、大阪の城東区を中心に行われました。
大和川を挟んで、北岸に今福村、南岸に鴫野村があり、鴫野には、徳川軍の上杉景勝、今福には佐竹義宣、豊臣軍には、後藤又兵衛、木村重成らが陣取っていました。
慶長19年(1614年)11月26日、徳川方が豊臣方を攻撃し戦闘が開始。
この地域は低湿地帯や田園で、戦には向いていませんでした。そのため、堤防上のみで戦闘が繰り広げられ、主に銃撃戦であったといいます。


以下、鴫野の戦いの詳細です。

豊臣方は鴫野村に三重に柵を設置し、井上頼次に兵2,000で守備させていた。徳川家康は今福村に付け城を築くため、今福・鴫野の両柵の奪取を命じた。鴫野へは上杉景勝勢5,000、後詰として堀尾忠晴、丹羽長重、榊原康勝が向かった。
11月26日早朝、上杉勢が鴫野の柵を攻撃、上杉麾下の安田能元、須田長義らにより柵は占拠され、井上頼次は討ち死した。豊臣軍では大野治長ら12,000が来援し反撃に転じた。上杉勢一番手は第一の柵まで後退し、二番手の水原親憲らに崩れかかりそうになるところ水原が大声で左右にどくよう指示、そのあとを追いかけてきた豊臣軍に鉄砲隊の一斉射撃を加えた。そこへ安田能元隊が槍を入れ、豊臣軍を撃退した。
  (Wikipediaより)

JR鴫野駅から歩いて5分ほどのところにある城東小学校の校門横に、大阪冬の陣・鴫野古戦場の案内板、その後ろに石碑があります。

IMG_3404 鴫野

IMG_3403 鴫野

IMG_3707 B


 鴫野古戦場跡

古代の鴫野周辺は、上町台地を回り込むような河内潟の中に位置する低湿地であったが、堤防の造成などの治水工事が行われるにつれて開発が進み、中世にはいくつかの荘園が設けられていた。『熊野詣日記』に〈しきののわたり〉、『天文日記』に〈シキノツツミ〉とその名がみえる鴫野の地は、大和川や猫間川、平野川などいくつかの川が交錯することから、水上交通の拠点となっていた。慶長19年(1614)の大坂冬の陣に際しては、大坂方が防御のための柵をこのあたりに建設し、これをめぐって、佐竹義宣、上杉景勝らの東軍と後藤基次、井上頼次らの西軍が激しい戦闘をくりひろげたという。一説によると、この戦いが木村重成の初陣であるとされている。なお大正9年(1920)11月には、鴫野古戦場跡を顕彰するため、大阪朝日新聞などで新聞記者をつとめた小説家、漢学者である西村天囚による記念碑が建立されている。

平成七年三月大阪市教育委員会


IMG_3402 鴫野

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

 

冬の陣~春の陣~秋の陣は、あまりききませんね。
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2016年11月14日 04時42分 
  • [編集]
  • [返信]

 

鴫野古戦場跡!ここらあたりはすっかり市街地・繁華街となって鴫野古戦場跡の碑文など見るのがやっとですね!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016年11月14日 05時42分 
  • [編集]
  • [返信]

 

昨日の放送をまだ見てないから
今日は楽しみに見よう!
応援!

 

こんにちは。
このようにしてお話をお聞きしますと、
歴史好きでなくてもたまらない出来事で、
いかに当時は大変だったかとかと、
つい空想の世界に導かれてしまいます。
応援ポチ☆
  • マーチャン 
  • URL 
  • 2016年11月14日 13時29分 
  • [編集]
  • [返信]

こんばんは 

こんばんは。
しかし当時の家康の巧妙さが良く分かりますね。
いわゆるやり手の武将ですよね。
なんか今の時代の政治家たちの争いも似ているような?
そんな気がしませんか?
  • 自転車親父 
  • URL 
  • 2016年11月14日 23時12分 
  • [編集]
  • [返信]

 

皆様、今日もコメントありがとうございました。

ここは、以前夕方に行ったため、撮った画像が暗く、碑文も読み取れなかったため、再度行きました。
大阪では、真田丸のあった場所や、大阪の陣の跡地が、現在学校になっているのも驚きですよね。

家康は、その巧妙さからか、どのドラマでも悪役に描かれることが多いですね。
  • しずか 
  • URL 
  • 2016年11月15日 00時54分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー