大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

大坂夏の陣 一心寺(1)真田の抜け穴井戸跡と霧吹きの松

安居神社の向かい側にある一心寺

IMG_3682 一心寺

通りからかなり目立っています。

IMG_3683 一心寺

そして、この山門。

IMG_3686 一心寺

IMG_3687 一心寺

まるで、西洋美術館のようですね(^_^;)

開基は法然上人であるといい、法然が「日想観」を修するために営んだ庵室の跡であると伝えられています。

慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いがあった年、徳川家康の第8男仙千代君が夭折し、一心寺で葬儀が営まれ、以来、家康との結びつきが強く、慶長19年(1614)の大坂冬の陣では家康が本陣を置きました。

一心寺の現在地は大阪夏の陣の際、家康と真田幸村(信繁)が激突した場所でもあります。

境内には、真田幸村(信繁)が作ったといわれる抜け穴があります。

伝「真田の抜け穴」井戸跡
IMG_3696 抜け穴

IMG_3697 抜け穴

幸村は大坂夏の陣の時、一心寺に隣接する茶臼山に陣を置いていました。

これは井戸になっており、そのどこかが抜け穴となっているそうですが、現在では封鎖されていて、真相はわかりません。

霧吹きの松
IMG_3698 霧吹きの松

IMG_3699 霧吹きの松

真田軍の突撃を受けた徳川家康が、あわやというときに、一心寺にあった松の木が霧を噴き出して、家康のピンチを救ったそうです。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

 

一心寺の「家康公」を救ったという霧吹きの松は初めてしらいました!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016.12/07 06:01分 
  • [Edit]

 

ほんと、西洋風ですね!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2016.12/07 07:53分 
  • [Edit]

 

こんにちは。
一心寺のこの女性の裸体像の、
モニュメントはすごいではありませんか。
そうです、まるで美術館みたいではありませんか。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2016.12/07 12:06分 
  • [Edit]

 

激戦地も今は誰も気がつかない
普通の景色になってますね。
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2016.12/07 20:25分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
西洋風は凄いな。
東京のお寺はビルみたいのもあるけど。
大体和風っぽくしてます。(笑)
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2016.12/07 21:53分 
  • [Edit]

 

一心寺が苦手なんですよ。

私の中にある
お寺という概念とは
あまりにもかけ離れているんですねぇ。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2016.12/07 22:53分 
  • [Edit]

 

ここが激突した場所なんですね。
でもほんとお寺とは違ったイメージですねぇ。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2016.12/07 22:59分 
  • [Edit]

 

皆さん、今日もコメントありがとうございました。

この一心寺、たしかに風変りなお寺さんですね(^_^;)
初めて訪ねた時、驚きましたもの!
しかし、真田家にまつわるものは、抜け穴やら井戸やら伝説として残されている物がありますね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2016.12/08 00:14分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
25位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析