大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

淀殿・豊臣秀頼自刃の地

1615年(慶長20年)徳川家康は浪人解雇と豊臣家の移封を要求しましたが、豊臣秀頼は父の城を捨てるわけにはいかないと拒否し、大坂夏の陣が始まりました。

淀殿は、女性でありながら、甲冑に身を包み、豊臣方の総大将として徳川との戦に臨みましたが、堀を埋められた豊臣に勝ち目はなく、ついに大阪城は落城。
淀殿は、秀頼の「豊臣の人間として果てたい」という言葉で、自分もともに自刃することを決めました。

家臣に救出された千姫の助命嘆願も受け入れられず、5月8日、山里曲輪で、焼け残りの櫓に潜んでいた淀と秀頼は櫓に火を放ち、大野治長、大蔵卿局と共に自害して果てました。淀殿42歳、秀頼23歳でした。

秀頼の子の国松は、潜伏しているところを捕えられ処刑。娘の奈阿姫は、千姫の助命嘆願により、出家することを条件に助けられました。

初は、淀殿に徳川家の恭順を必死で説いたそうですが、思いかなわず悲しい結果となってしまいました。

IMG_3829 B

IMG_3830 B

IMG_3868 B

刻印石広場
IMG_3888 B

石垣を築いた大名の持場を表わすため、大名家の家紋などを刻み込んだ石材を刻印石といいます。大阪市内から出土したものを集めて山里曲輪の広場に展示してあります。

刻印石広場

この刻印石広場は、大阪築城400年を記念し、その石垣を形成している刻印石を展示、紹介するため、新設したものである。
 刻印石とは、大阪城の石垣築城に参加を命じられた諸大名の家臣や石工らが、石集めや石積みの過程で、個々の石に、必要応じてさまざまな文字や文様を刻みこみ、さらに出来上った石垣の表面に担当大名の家紋その他を刻み込んだもので、これまでに数万個も発見されている。 ここに展示したものには、昔の石置場、周辺の川筋などから出土したものや城内の石垣修理で撤去されたものなどである。
 一般に、大阪城の石垣は、豊臣時代のものがそのまま残されていると思われがちですが 実は、現存する石垣はすべて元和・寛永年間(1620~1629)に、徳川幕府が西日本の64藩を動員して築かせたもので、無数の刻印石がその事実を証明している。  昭和58年10月 大阪市 (刻印石案内板より)

山里丸
IMG_3609 山里丸

IMG_3608 山里丸

IMG_3880 B

糒櫓跡から石垣を降りたところに「豊臣秀頼 淀殿ら自刃の地」の碑があります。

秀頼・淀殿ら自刃の地
IMG_3890 C

慶長20年(=元和元年、1615)の大坂夏の陣では、旧暦の5月8日、徳川軍に追い詰められた豊臣秀頼とその母淀殿が、山里丸にあった櫓にひそみ、自害したと多くの記録が伝えている。それにちなんで平成9年(1997)、現在の山里丸の一画に大阪市の手によりこの記念碑が建てられた。(案内板より)

IMG_3610 自刃の地

IMG_3611 碑文

この自刃の碑からほど近いところにも淀君並殉死者三十二名忠霊塔があり、大野治長はじめ殉死者の32名の名前が記されています。

殉死者三十二名忠霊塔
IMG_3884 B

ここが本当の淀殿、秀頼の自刃したところだという説もあるそうです。

しかし、今日の「真田丸」の中で、

信繁から淀殿へ「望みを捨てなかったものにのみ道は開ける」

淀殿から秀頼へ「母に生き延びるための策がある」という言葉を聞いて、生存説を信じたい気持ちでいっぱいです。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

 

生きてなんぼですよね~
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2016年12月19日 04時44分 
  • [編集]
  • [返信]

 

秀頼・淀殿ら自刃の地「山里丸のあった櫓」と一般的には知られていますね!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2016年12月19日 05時52分 
  • [編集]
  • [返信]

 

こんにちは。
悲しい物語ではありませんか。
なんかこうして聞かされますと、
涙がちょちょぎれてきてしまいました。
応援ポチ☆
  • マーチャン 
  • URL 
  • 2016年12月19日 12時56分 
  • [編集]
  • [返信]

こんにちは。 

 こんにちは。とうとう終わってしまいましたね。楽しくブログを読ませていただきました。
 歴史にもし、は有りませんが、小早川秀秋の処遇がもう少し違っていたらと思えてなりません。 浪速の事は、夢のまた夢、ですね。

 

殿様になる事とは
死と隣り合わせ
さらに家族の命も危険にさらす。
民衆は殿様に守られる存在
同じ時代に生きても
立場によって随分と世界観が違う
時代でしたね。
真田丸終わっちゃいましたね。
応援!

こんばんは 

こんばんは。
淀君と秀頼の自害した場所ですか。
そんな場所が残ってるのですね。
南無阿弥陀仏です。
  • 自転車親父 
  • URL 
  • 2016年12月19日 21時35分 
  • [編集]
  • [返信]

 

真田丸が終ってしまい
ちょっと虚しさが残ります。

一年間楽しむことが出来ました。
井伊直虎はどうなるでしょうねえ。

応援ぽち

 

大阪城内も行ったことがなかったのですが、
自害された場所もあるのですね。
応援ぽち2.
  • みかん農家 
  • URL 
  • 2016年12月19日 23時26分 
  • [編集]
  • [返信]

 

皆様、今日もコメントありがとうございました。

「真田丸」の最終回いかがだったでしょうか?
結末は、それぞれ見た人が思うエンディングでOKにしておきましょう。
一年間、「真田」を楽しみました。
しばらく「真田丸ロス」が続くでしょう。
  • しずか 
  • URL 
  • 2016年12月20日 03時14分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー