大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

龍潭寺(1)井伊直政出世の地

井伊谷 龍潭寺は次郎法師・井伊直虎ゆかりのお寺です。

井伊家、後醍醐天皇の皇子・宗良親王の菩提寺である龍潭寺は、古くは地蔵寺といい、天平5年(733)に行基によって開創されたと伝わっています。

井伊家は藤原鎌足の後裔とされ、藤原共資公(元祖共保公の父)の時、遠江国守として遠州村櫛に下り、共保公より井伊谷の地に移り、約五百年間にわたり、井伊谷の庄を治めました。

保元の乱では源義朝に、鎌倉時代には源頼朝に仕え、南北朝時代では御醍醐天皇皇子・宗良親王を迎え北朝と戦いました。

室町時代は今川氏に仕え、桶狭間の戦いで戦死をした井伊家22代・直盛の戒名「龍潭寺殿天運道鑑大居士」をとり龍潭寺と寺号を変えました。

戦国時代になると、24代・井伊直政が浜松城主・徳川家康に仕え、「井伊の赤鬼」と呼ばれるようなり、やがて徳川四天王の筆頭となり、彦根に出世。

幕末には、36代・大老井伊直弼が開国の偉業を成し遂げました。

こうした元祖・井伊共保公より40代に到る祖霊を祀る井伊家の菩提寺が龍潭寺です。

IMG_7073 境内図

参道
IMG_2122 龍潭寺

山門
IMG_7078 山門

山門を潜ると、正面が石垣になっており、鍵の手に回って、本堂へと進みます。

IMG_2126 石垣

これは、龍潭寺が、井伊谷城の南の砦の役割を担っていたからだそうです。

IMG_2127 石垣

IMG_2128 龍潭寺

IMG_2125 龍潭寺

井伊家・宗良親王 菩提寺 
 萬松山 龍潭寺

 当寺の歴史は古く、天平5年(733)行基菩薩開創八幡山地蔵寺に始まると伝えられています。寺の南に井伊氏祖共保公出生の伝説を残す八幡宮御手洗の井戸があります。
 この寺域はもと井伊八幡宮の境内でしたが、五百年前井伊氏がこの地に龍泰寺(現龍潭寺)を造営しました。
 龍潭寺は井伊城南の守り砦の役目を果たしてきた歴史があります。この参道石垣等に小規模ながら城郭造りの跡が残されています。
 朱印地であった境内地二万四千坪は、明治政府が没収、その後一万余坪が返還されました。龍潭寺の森は日本の森百選に選ばれています。この森に包まれ点在する龍潭寺伽藍は、江戸時代建立の貴重な文化財で長い歴史をひめてよく保存され今日に至っています。

鐘楼
IMG_2131 鐘楼

IMG_7089 鐘

井伊直政公出世の地の碑
IMG_2129 直政

IMG_2130 直政

 徳川四天王        
    井伊直政
 
徳川四天王とうたわれた井伊直政は、永禄4年(1561)2月9日井伊の庄祝田で名門井伊氏の嫡男(あととり)として生まれました。2歳の時に父直親が今川氏真の手により殺され、井伊家は滅亡の危機に立ちます。8歳の時、直政は龍潭寺南渓和尚の計らいで、三河鳳来寺に預けられ成長します。
 15歳になった直政は、浜松城主徳川家康の家臣となり数々の武勲を立てます。天正10年武田勝頼を攻め滅ぼした家康は、旧武田軍の「赤備」の軍を直政に付けます。天正12年(1584)小牧・長久手の戦いで、この赤備部隊が活躍し、井伊の赤鬼と恐れられました。この功で直政は6万石に出世、井伊家の再興を果たしました。
 慶長5年、関ヶ原合戦で
は東軍の軍監(監督)を勤め徳川軍を勝利に導き、彦根18万石城主となり、徳川軍団の筆頭に出世しました。
 慶長7年(1602)2月1日、直政は42歳の生涯を閉じました。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

観光客の方はよく間違えるのですが、龍潭寺は井伊直政「出生」の地ではなく、「出世」の地です。生まれたのは井伊谷ではなく、祝田です。
  • posted by 戦国未来 
  • URL 
  • 2017.01/08 02:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

りっぱな、鐘楼ですね!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017.01/08 03:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

井伊直政は永禄4年井伊の庄祝田生まれとチャンと記されていますね!又,浜松の龍潭寺(りゆうたんじ)には「井伊直政公出世の地の碑」と明確に書かれていますね!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017.01/08 09:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは。
いよいよ今夜からでたのしみですね。
はたしてどんなドラマとなるのやら。
応援ポチ☆

NoTitle 

関西に住む私は
井伊家というと彦根藩主という
イメージが強いんですよねぇ。

井伊直弼は立派な人物だと思います。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2017.01/08 14:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

藤原鎌足は鹿嶋市出身と言われているので
関心度アップです。
今日からスタートですね。
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2017.01/08 18:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんばんは 

こんばんは。
井伊家は四十代ですか。
凄いですね。
今も末裔がいるのでしょうか?
知りたいですね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2017.01/08 21:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

井伊直政は、こんなにすごかったのですねぇ。
しかし42歳で亡くなるなんて早かったのですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2017.01/08 22:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

皆様へ 

今日は夕方までイベントに出かけていたので、PCに向かうのが遅くなってしまいました。
今日もコメントありがとうございました。

さて、「おんな城主直虎」ご覧になられましたでしょうか?
子役の演技が素晴らしかっです!
さすが大河に起用されるだけありますね。

直虎については、未知な部分がほとんどなので、これから調べ甲斐がありそうです。
一年応援してくださいね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2017.01/08 23:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
22位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析