大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

井伊直平を祀る菩提寺・渓雲寺

引佐町川名にある渓雲寺は、永禄6年(1563)、今川氏真の命令で天野氏の犬居城攻めに行く途中に急死した井伊直虎の曽祖父・井伊直平を祀る菩提寺です。

IMG_2110 渓雲寺

IMG_2112 渓雲寺

直平は、1489年(諸説あり)に井伊谷城主、直氏の嫡男として生まれました。

IMG_2113 渓雲寺

『井伊家伝記』では今川氏真が織田信長への弔い合戦をしかけ、直平は氏真と共に出陣するも白須賀で陣を敷いていた直平の軍勢から南からの強風が原因で出火し白須賀のあちこちの集落が焼き払われ、その件で軍中では直平が井伊直親の殺害を氏真が命じたことの件で怨んでいたので白須賀を焼いて軍の最後尾に被害を与えたのではないかという悪い評価がなされ、直平は火事のことに関して不慮の事故だと説明するも、過失の埋め合わせとして今川の家臣だった天野左衛門尉が武田方に従ったことを知った氏真がに曳馬城の城主だった直平に鎮圧を命じ、直平が出陣の支度をしている時に、家老の飯尾連竜の妻のお田鶴の方に毒茶を勧められ、有玉旗屋の宿にて落馬し服毒死した。『井伊家伝記』の別の章には連竜が直平に毒薬を進め直平は服毒死したとある。これ以外にも敵の急襲を受け討死、服毒死(病死とも表現可能)など直平の死は諸説存在する。また直平の死後、従者の大石作左衛門が直平の遺体を故郷の川名に馬で運ぶと殉死した(Wikipediaより)

IMG_2115 庚申塔

庚申塔と経王堂
IMG_2116 庚申塔


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

浜松の渓雲寺は、永禄6年(1563)、今川氏真の命令で天野氏の犬居城攻めに行く途中に急死した井伊直虎の曽祖父・井伊直平を祀る菩提寺の諭旨。戦国時代は過酷な出来事が一杯おきていますね。
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017年03月30日 06時54分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

戦国の世は
何がどうなってるのか
切り替わりも早く
付いていくのが必死だっただろうな。
気が付いたら後戻りできない状況に
追い込まれてしまっては
どうしようもないな・・・
応援!

NoTitle 

こんにちは。
もう京都からもどられました。
京都の桜もこれからで、
いったいいつ見ごろになるやら。
出来たら出かけてみたいと思います。
応援ポチ☆
  • マーチャン 
  • URL 
  • 2017年03月30日 11時30分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

今日はまだ仕事が残っており
訪問だけで失礼します。
申し訳ありません。

週末は桜が咲けばいいですね。

応援ぽち

こんばんは 

こんばんは。
直虎の曽祖父の菩提寺ですか。
なんか素敵な名前のお寺ですね。
今日と満喫されていますか?
何日くらいいかれてるのかな。
  • 自転車親父 
  • URL 
  • 2017年03月30日 21時58分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

そのあたりのいきさつは、はっきりしないのですね。

京都の桜も咲き始めていてよかったです。
応援ぽち2.
  • みかん農家 
  • URL 
  • 2017年03月30日 23時12分 
  • [編集]
  • [返信]

しずか 

皆さん、昨日もコメントありがとうございました。

前回は、直親だけでなく、直虎の祖父までもが
亡くなってしまったので、今週も追悼ウィークに
しました。

京都はお昼前に雨になる予報なので今から出かけてきます!
  •  
  • URL 
  • 2017年03月31日 07時08分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
19位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー