大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

華陽院(1)家康の祖母・源応尼の墓

静岡市葵区鷹匠の華陽院

IMG_8213 華陽院

IMG_8216 華陽院

境内には、徳川家康の祖母・源応尼の墓があります。

IMG_8221 源応尼

源応尼の実名は「お富の方」、または「お万の方」といいます。

明応元年(1492年)誕生した源応尼は、はじめ、三河国刈谷城城主・水野忠政に嫁いで水野忠重や於大の方ら3男1女を生みました。しかし、岡崎城城主・松平清康がその美しさに目をつけて、松平氏が水野氏を破ったときの講和条件として譲り受けたといわれています。
清康の死後、三河の諸豪族に次々に嫁ぎましたが、夫に先立たれ、駿河国の大名・今川義元を頼って駿府に入り、出家して源応尼と名乗ります。

竹千代(後の徳川家康)が今川氏の人質として駿府に送られると、竹千代が元服するまでの8年間、その育成にあたりました。
法名は華陽院。

当寺・華陽院は、知源院とよばれていたものを華陽院の法名により改めたもの。

IMG_8214 華陽院

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

華陽院~なかなか変換できず~
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017年02月24日 04時46分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

家康はお婆ちゃんと幼少期は過ごしたんだね。
応援!

NoTitle 

静岡市葵区鷹匠の華陽院は竹千代が駿府に送られたとき早速移り住んで竹千代を見守ったのですね。境内には、徳川家康の祖母・源応尼の墓があります。
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017年02月24日 07時34分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

こんにちは。
なんでも岡崎のほうから、
おばあちゃんが行って、
竹千代の面倒を見たというお話ですが、
そのへんのところはどうでしょう。
応援ポチ☆
  • マーチャン 
  • URL 
  • 2017年02月24日 15時26分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

駿府というのはいい地名だと思うんですよねぇ。
どうして静岡と名前を変えたのでしょう。
駿府のままでよかったのになぁ。

応援ぽち

NoTitle 

祖母の人生もすごかったのですね。
でもそんなに美人だったのですねぇ。
応援ぽち2.
  • みかん農家 
  • URL 
  • 2017年02月24日 21時52分 
  • [編集]
  • [返信]

こんばんは 

こんばんは。
静岡市葵区ってあるんですね。
てことは、静岡市は政令指定都市でしたか。
早速調べてみました。
2000年以降に8都市が増えて今は20都市になっていたんですね。
私の頭が止まったままでした。(笑)
  • 自転車親父 
  • URL 
  • 2017年02月24日 22時51分 
  • [編集]
  • [返信]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

ここは、昨年行ったのですが、早々と紀行で紹介されてびっくりです。
上の案内板にもあるように、家康のおばあさまは、岡崎から招かれ・・・とありますね。
人質といえども、ちゃんと教育を受けていたというわけですね。
  • しずか 
  • URL 
  • 2017年02月24日 22時53分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
26位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー