大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

華陽院(2)市姫の墓

源応尼の墓の隣には家康の五女・市姫の墓があります。

IMG_8217 市姫

市姫(いちひめ、慶長12年1月1日(1607年1月28日) - 慶長15年2月12日[1](1610年3月7日))は、伊達政宗の嫡男・伊達忠宗と婚約していた女性。父は徳川家康(市姫は五女)。母は側室のお梶の方(遠山氏)。
徳川家康が66歳のときに生まれた五女である。家康はかつて、織田信長の妹で絶世の美女と謳われたお市の方のように美女になってほしいと願っていたらしく、市姫と命名した。
慶長12年(1607年)2月8日、家康は当時、最大の勢力を誇っていた外様大名の伊達政宗と関係をさらに深めるため、政宗の嫡男・虎菊丸(のちの忠宗)と婚約させている。しかし慶長15年(1610年)2月12日、市姫は幼くして夭折。野苺を摘んでいた際、毒虫に刺され、それが原因でこの世を去ったと言われている。
家康は市姫の夭折に嘆き悲しむと同時に、忠宗に対して孫娘の振姫(実父は池田輝政で、生母が家康の次女・督姫)を徳川秀忠の養女として婚約させている。(Wikipediaより)

また、家康の側室・お久の方の墓もあります。

IMG_8225 お久の方

IMG_8223 柿樹

IMG_8222 柿樹

家康お手植えのみかん
IMG_8215 みかん

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

みかん、何十年も食べてないです~
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017年02月25日 04時06分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

隠居してからも勢力拡大に為に
頑張るね。
66歳で子供を作るとは
体力も人並みを超えてたんだな・・・
今の私は、その日を暮らす体力だけで
先が見えないから羨ましいな〜
応援!

NoTitle 

徳川家康公は自分自身で薬餌を作るなど晩年は戦争の無い徳川政権を作るため全力を尽くした人ですね!徳川家康公が愛した側室お梶の方には市姫様しか出来なく、その市姫も若くして亡くなり、10子紀州の徳川頼宣や11子水戸の徳川よ頼房はお梶の方の養子となっています。
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017年02月25日 07時51分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

愛知や静岡に行くと
家康は郷土の英雄なんでしょうね。

大阪では豊臣を滅ぼした人物なので
家康を嫌い人が多いですよ。

応援ぽち

NoTitle 

こんにちは。
こうして墓地を見ると歴史の深さとか、
由緒とかそれはその昔のことを、
考えたりしていろいろ創造してしまいます。
応援ポチ☆
  • マーチャン 
  • URL 
  • 2017年02月25日 14時33分 
  • [編集]
  • [返信]

あれ? 

こんにちは。いつもお世話になっております。
市姫、お市の方からきていたのですか。
うーむ、家康、お前もかっ。よほど美しい人だったのでしょうね。

最後の画像の右隅にいるまんまるなのは、家康トトロでしょか?
かわいい・・・。

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

浜松と静岡では、家康に対する温度差が多少あるような気がします。
最近は、浜松の出世大名・家康くんも頑張って活動していますし、今年は直虎ちゃんに乗っかって、本家の人気を集めたいところです。
  • しずか 
  • URL 
  • 2017年02月25日 23時31分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
26位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー