大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

清見寺(3)徳川家康手習いの間~名勝庭園

今川氏に人質として駿府にいた徳川家康は、清見寺の住職・太原雪斎に師事し、ここで勉強していました。

また晩年、大御所として駿府に隠栖した際には、当時の住職大輝和尚(第三世)に帰依し、再三に渉って清見寺に来遊しました。
家康の三女・静照院殿よりは、彿殿の本尊釋迦弁尼仏と大方丈の大玄関の寄進を受けたりと、徳川家との諸々の縁で、清見寺は三葉葵の紋を許され、江戸時代260年の間、二百余石の朱印地を有し徳川一門の帰依を受けるところとなったそうです。

徳川家康公手習いの間
IMG_8317 徳川家康公手習いの間

大方丈の裏手には、徳川家康公手習いの間の遺構があります。

IMG_8316 徳川家康公手習いの間

IMG_8315 徳川家康公手習いの間

臥龍梅
IMG_8281 臥龍梅

家康が清見関の梅を取らせて接木したと伝えられます。

約1300年程前の白鳳年間(7世紀後半)、天武天皇朝の頃、東北の蝦夷に備えてこの地に関所が設けられ、 清見関と呼ばれていました。その傍らに関所の鎮護として仏堂が建立されたのが、清見寺の始めと伝えられています。

IMG_8281 臥龍梅2

与謝野晶子

龍臥して法(のり)の教を聞くほどに 梅花のひらく身となりにけり

名勝庭園

最初の築庭には、家康の意向が入れられ、江戸時代初期、山本道斉によりつくられたといいます。

IMG_8318 庭園

IMG_8320  庭園

IMG_8319  庭園

IMG_8329 庭園

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

梅きれいですよね~

もう、3月~ひな祭りは結婚記念日です!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017.03/01 03:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

竹千代はドラマに中で
変わった人物に描かれ過ぎてますが
やはり人とは変わってたのかな?
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2017.03/01 06:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

今川氏に人質として駿府にいた徳川家康は、清見寺の住職・太原雪斎に師事し、ここで勉強していたのですね!
名勝庭園も素晴らしいですね!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017.03/01 09:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはようございます。
いよいよ桶狭間が出てくることで、
ドラマが見逃せません。
徳川家康さんは凄い人でしょうから、
しっかりとこの後は描いてほしいですね。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2017.03/01 10:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

今回のドラマでは
この後家康を
どう描いていくのでしょうね。

そこが興味あるなぁ…

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2017.03/01 21:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

当時のものも残っていて
みることができるのはいいですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2017.03/01 23:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

j今回の家康は、「真田丸」での家康とはまったく違う描かれ方になるように思います。
次回の桶狭間も楽しみですね!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2017.03/02 02:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
19位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析