大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

祐椿尼が隠棲した龍潭寺の松岳院跡地


祐椿尼は、今川氏の家臣である新野親矩の妹で、井伊直盛に嫁ぎました。

直盛との間には男子は生まれず、ひとり娘の次郎法師・井伊直虎を生みました。

桶狭間の戦いで、夫・直盛が亡くなると、出家して龍潭寺の境内に建立された松岳院で生活するようになりました。

祐椿尼は、この時期に名乗った出家名です。

晩年には直虎もこの松岳院で、母とともに暮らしたといいます。

松岳院跡地
IMG_2139 松岳院

IMG_2138 松岳院

松岳院跡地とは、井伊家22代直盛公の御内室、松岳院様が住まわれた塔頭(寺内寺院)があった場所です。

江戸時代中期に彦根の絵師が描いた龍潭寺境内図に、松岳院の建物が記されています。

松岳院様は、おんな城主井伊直虎の母君です。

永禄3年(1560)5月19日、桶狭間に出陣した直盛は織田信長の奇襲を受け、今川義元とともに討死しました。

直虎の母は髪をおろし仏門に入り、松岳院という法号を頂き松岳院様とよばれ、龍潭寺境内のこの地に庵を建て、亡き直盛の追善供養を勤められました。

永禄11年(1568)11月、徳政令を受入れた直虎は井伊谷城を出て松岳院へ入りました。

一ヶ月後の12月、徳川家康は井伊領に侵攻して井伊谷城を接収し、引馬城へ入り遠州進出第一歩を印ました。

天正3年(1575)、井伊直政公は浜松城で家康に仕えました。

天正6年(1578)1月15日、直虎の母松岳院逝去。

法名松岳院殿寿窓祐椿大姉と申し龍潭寺に葬られました。

天正10年(1582)6月、本能寺の変、家康主従決死の伊賀越え、直政は家康を守り無事岡崎に帰還しました。

直政のこうした活躍を見届け、直虎は同年8月26日、大叔父である龍潭寺二世南渓和尚に見守られ逝去しました。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
        

スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

大河ドラマ「女城主直虎」のははも本人も晩年は浜松の龍潭寺の松岳院で余生をおくったのですね!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017.03/15 06:35分 
  • [編集]

NoTitle 

こんにちは。
つぎつぎといろいろと、
絵とともに教えていただいても、
もう歳ですからダメでしょう。
いいお話も、その場かぎりでして、
ほんとうに申しわなく拝見しています。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2017.03/15 12:57分 
  • [編集]

NoTitle 

徳政令…そういう言葉も
中学校で習いましたねぇ。

あんな法令が出されたら
金を貸した商人はたまったものじゃないですね。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2017.03/15 20:10分 
  • [編集]

NoTitle 

お母さんと晩年暮らせたのですね。
よかったです。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2017.03/15 23:30分 
  • [編集]

こんばんは 

こんばんは。
塔頭ってのが今までイマイチ分からなかったのです。
定年退職した住職の住まいかなって思ってました。
いろいろあるのですね。
寺内寺院と言うのですか。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2017.03/16 00:03分 
  • [編集]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

前回のドラマで、財前さんが、尼さんになっていたのに、そのことに触れなかったので、この記事で紹介しました。

塔頭は、寺院のなかにある個別の坊で、寺院を護持している僧侶や家族が住むところを指します。子院ともいいます。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2017.03/16 00:54分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
21位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR