大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

虎松(井伊直政)ゆかりの子育て地蔵と梛の木

龍潭寺の境内にある子育て地蔵
IMG_2135 子育て地蔵

虎松(後の井伊直政)の無事成長祈願仏

永禄5年(1562年)虎松の2歳の時、父の井伊直親は今川氏真の手に掛かり 掛川城下で殺されました。

虎松も今川氏に命を狙われましたが、井伊直虎の母の兄である新野左馬之助(親矩)が、今川氏真や寿桂尼に助命嘆願し、虎松を保護。虎松は、親矩のもとで母と暮らすことになります。

しかし、虎松の行方については諸説あり、永禄7年(1564年)、左馬之助が引馬城攻めで討死し、そのまま親矩の妻のもとで育てられたとも、井伊直盛の正室・祐椿尼と実母が養育したともいいます。

永禄11年(1568年)、武田氏が今川氏を攻めようとした際、家老の小野但馬守が今川氏からの命令として、虎松を殺し、小野が井伊谷の軍勢を率いて出兵しようとしたため、虎松を出家させることにして、左馬之助の叔父が住職をしていた浄土寺、さらに三河国の鳳来寺に入れました。

IMG_2134 子育て地蔵

虎松の人形
IMG_7181 虎松

また、虎松ゆかりの梛の木もあります。

IMG_2133 梛の木

IMG_2132 梛の木

梛の木

 井伊家24代井伊直政(幼名虎松)幼少の頃井伊家の安泰を念じて植えられた御神木です。
 1560年(永禄年間)当時の井伊家は、22代直盛の戦死、23代直親が誅殺され、家老小野但馬の謀反など受難の時期でした。
 直政母子は龍潭寺松岳院に身を寄せ、お地蔵様を祀りその傍らに「なぎの木」を植えて我が子の安泰を日々念じたといわれます。
 「なぎ」は風や波が穏やかになる例えで、昔から厄除け災難が収まるとも云われています。

直虎と虎松
IMG_7180 直虎

          
にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
        
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

親はなくとも子は育つ~
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017.03/14 03:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

素朴な人形が印象的ですね。
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2017.03/14 06:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

浜松の龍潭寺の境内にある子育て地蔵などなんと見所が多いので吃驚です。
梛(なぎ)の樹齢400年の巨木も見事ですね!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017.03/14 06:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは。
直虎と虎松の人形に、
もうそれはうれしくなってきました。
こんなご神木もあるんですね。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2017.03/14 13:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

昨日は紋の誕生日に際して
嬉しいコメントをありがとうございました。
これからも紋クンをよろしくお願いします。

飼い主はアホなのですが
紋クンはお利口さんですので
可愛がってあげてくださいね(*^_^*)

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2017.03/14 19:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

戦国時代はそれぞれの利害がからまって
大変ですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2017.03/14 23:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんばんは 

こんばんは。
可愛い人形ですね。
しかしその頃って写真も無いしどうなんでしょうか。
本人を確認する手立てもない時代ですよね。
身代わりなんてのも多かったのではないでしょうかね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2017.03/14 23:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

この頃は、幼子も場合によっては命を狙われ、無事に成長することすら難しかった時代だったようです。
子の成長を願う気持ちがこの子育て地蔵や梛の木に籠められているのですね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2017.03/15 02:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
39位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析