大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

大樹寺

永禄3年(1560年)桶狭間の戦いで、今川義元を失った今川軍は潰走、拠点の大高城で織田方の水野信元の使者からの今川義元討死の報を聞いた松平元康(のちの徳川家康)は、岡崎の松平家の菩提寺・大樹寺に手勢18名ととも逃げ込みました。

しかし寺を囲んだ追撃の前に絶望した元康は、先祖の松平八代墓前で自害して果てる決意を固め、第13代住職登誉天室に告げると、登誉は問答の末「厭離穢土 欣求浄土」(おんりえどごんぐじょうど)」の経文[汚れなき世を築くために生きよ」の教えを説いて諭しました。これによって元康は、生き延びて天下を平定し、平和な世を築く決意を固め、教えを書した旗を立て、およそ500人の寺僧とともに奮戦し郎党を退散させました。以来、元康はこの言葉を馬印として掲げるようになります。こうして元康は、今川軍の元での城代山田景隆が打ち捨てて空となった古巣の岡崎城に辿り着いたとされています。

大樹寺の歴史

応仁元年(1467年)、松平氏宗家第4代当主の松平親忠が井田野合戦の死者を弔うために千人塚を築きました。しかし、塚が振動し、悪病が蔓延するなどの事態となり、増上寺開山聖聡の孫弟子勢誉愚底(せいよぐてい)に念仏をさせて抑えたといいます。
文明7年(1475年)、戦死者供養のため松平親忠の開基、勢誉愚底の開山により大樹寺が創建されました。「大樹」とは征夷大将軍の唐名であり、松平氏から将軍が誕生することを祈願して、勢誉愚底により命名されたと伝わるものです。
親忠により大樹寺は松平氏の菩提寺とされ、松平郷の高月院にあった墓から分骨され、先代3代である松平親氏墓、松平泰親墓及び松平信光墓が大樹寺に作られました。
天文4年(1535年)、松平氏宗家第7代当主松平清康により再興され、一層方形二層円形の多宝塔が建立され、現在、国の重要文化財となっています。

山門
IMG_7936 大樹寺

寛永18年(1641)徳川家光建立(県指定文化財)
楼上に後奈良天皇の勅額「大樹寺」(重要文化財)が掲げられ、釈迦三尊16羅漢を安置しています。

IMG_7938 ビスタライン

IMG_7941 大樹寺

本堂
IMG_7944 大樹寺

松平家と徳川幕府の庇護のもと隆盛を誇っていた大樹寺も、安政2年(1855)幕末の騒然たる時代に、出火により本堂、庫裏、書院など主要建物が全焼し、後に約2~3割減の規模で再建されたそうです。

IMG_7946 大樹寺沿革

IMG_7948 大樹寺

鐘楼
IMG_7945 大樹寺

寛永18年(1641)3代・徳川家光公建立。楼上の大鐘は9代・家重改鋳によるもの。

松平八代墓
IMG_7953 松平八代墓

IMG_7952 松平八代墓

元和元年(1615)徳川家康は、先祖松平八代廟所を寺内に建立しました。

IMG_7955 松平八代墓

元和3年には家康の一周忌が営まれ、現在の墓の姿が整ったとされます。

昭和44年には岡崎市民が家康の徳を顕彰して遺品を納めて墓と碑を建立しました。

徳川家康の墓
IMG_7954 家康の墓

どなたか参加されませんか?催行まであと20人必要です。

浜松発着 井伊亀之丞ゆかりの地と桜守の旅(4/8) 参加者募集中
http://www.mstb.jp/osirase/archives/2017/02/48.html

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

退職したら、参加したいです!
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017年03月17日 04時19分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

今は仕事は勝つか負けるかだけど
この当時は生きるか死ぬか
真剣勝負ですね。
近かったら参加したいけれど
遠いから参加できないな
ごめんなさい。
応援!

NoTitle 

家康公400年祭の時、懐かしくもこの見事な岡崎の大樹寺にも参拝・拝観しました!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017年03月17日 09時51分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

こんにちは。
こんなにもすさまじいことが、
当時あったのかとうたがったりしながら、
また聞いたりして歴史を見たりして、
なんかいろいろと考えさせられてしますます。
応援ポチ☆
  • マーチャン 
  • URL 
  • 2017年03月17日 13時02分 
  • [編集]
  • [返信]

こんばんは 

こんばんは。
しかし偉い坊さんがいましたね。
なかなかのものでしょう。
今の坊さんたちとは桁が違いますかね。(笑)
  • 自転車親父 
  • URL 
  • 2017年03月17日 21時31分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

明日から三連休ですね。
きっと予定も立てていることでしょう。
いい週末をお過ごしくださいね。

明日は外泊してくるので
訪問できないかもしれません。
その時は申し訳ありません。

応援ぽち

NoTitle 

思い出しました。このラインを見たことがあります。
応援ぽち2.
  • みかん農家 
  • URL 
  • 2017年03月17日 23時30分 
  • [編集]
  • [返信]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

家康も、松平元康時代から度々危ない時があったのですね。
それを乗り越えてこそ徳川の世を築けたのでしょう。

ツアーの件、早々と申し込みをしたのですが、思うように集まらず、苦戦しています(..;)
  • しずか 
  • URL 
  • 2017年03月18日 01時58分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
19位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー