大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

新城の満光寺(2)徳川家康を助けたニワトリ

宝永3年(1706)第9世住職・禅柱和尚の時、満光寺は拡張され、庭園も現在の景観に造られたとされています。

庭園は、小堀遠州流で、書院庭園(北庭)と庫裡庭園(東庭)の二庭から成り立ち、愛知県の指定文化財に選ばれています。

IMG_1919 庭園

IMG_1920 満光寺

このお寺には徳川家康にまつわる有名な逸話も残されています。

元亀年間、徳川家康がまだ若かりし頃、武田信玄との戦いに敗れて落ち延びてきた時、満光寺を見つけ、住職に一夜の宿を頼むと、気の毒に思った住職が快く受け入れてくれました。そして、真夜中に鳴いたの声に、武田軍から命を助けられたと伝えられています。家康はその恩に報いるため、寺領三石の扶持を与え、その後の家光の時代には20石を与えたと言います。

IMG_1914 満光寺と家康

満光寺では、今も小国という平安時代に遣唐使が中国から持ち帰った鶏の子孫であるという鶏を見ることができるそうです。
そういえば、鳴き声がしたのですが・・・
確認すれば良かったorz

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

ひよっこですね~~(朝ドラ)
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017.04/04 04:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

家康も若い頃は生きる死ぬかを
生き抜いて戦国を戦った。
死んでたら歴史は変わっただろうな。
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2017.04/04 06:34分 
  • [Edit]

NoTitle 

見事な満光寺の庭園でその庭園は、小堀遠州流で、書院庭園(北庭)と庫裡庭園(東庭)の二庭から成り立ち、愛知県の指定文化財に選ばれています。真夜中なのに「一番鶏」刻を告げ、それに合わせて家康公の一隊は逃げて、武田信玄の追跡部隊から逃れて話は有名です。
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017.04/04 06:38分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
きょうもいい天気になりました。
それにしても新城はたいしたところ。
この様に絵とともに見せて、
聞かせていただいて勉強になりました。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2017.04/04 13:13分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは。
小堀遠州流?
作ではないのですね。
流というのはどんな意味ですかね。
流れを汲む人の作だろうか?
気におなります。(笑)
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2017.04/04 21:52分 
  • [Edit]

NoTitle 

連日仕事が山積みで
今日も今帰宅しました。

訪問だけですみません。
明日こそ早く帰りたいです。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2017.04/04 22:36分 
  • [Edit]

NoTitle 

お庭も立派ですごいですね。
ふつうの鶏とは違うのですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2017.04/04 23:10分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日もお忙しい中コメントありがとうございました。

小堀遠州流というのは、、小堀遠州の流れを汲む・・・とうことだと思っています。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2017.04/05 02:15分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
33位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析