大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

亀之丞(井伊直親)ゆかりの地と桜守の旅(1)松源寺


井伊亀之丞ゆかりの地と桜守の旅のバスツアーに参加してきました。

IMG_6380 バス

遠鉄観光のバスで、浜松から飯田へ。

IMG_6381 バスツアー

今回お世話になった添乗員さんです。

IMG_6636 バスツアー

歴史にお詳しく、バスの中で、ツアーの資料をより詳しく説明してくださいました。

浜松を7時15分に出発し、11時に松源寺に到着。

IMG_6392 松源寺

IMG_6490 松源寺

松源寺は、井伊直虎の許婚である亀之丞(井伊直親)が今川氏から命を狙われ、松岡氏の庇護のもと匿われた寺です。

松源寺が創立されたのは、永正8年~10年頃(1511~1513)とされ、開基は松岡城主・松岡貞正、開山は貞正の実弟・文叔瑞郁禅師。
当時の寺は、牛牧村の寺山に建てられました。
その後、消失、移転、再建を繰り返し、現在の本堂は明治33年(1900)に再建されたものです。

山門は、江戸時代中ごろ大風で倒壊しましたが、残った部材を使い再建され、現在、高森町有形文化財に指定されています。

IMG_6474 松源寺

IMG_6429 松源寺 山門

IMG_6488 松源寺

本堂
IMG_6398 松源寺

ここから中に入ります。

IMG_6400 松源寺

入り口に亀之丞に関する資料が置かれていました。

IMG_6401 松源寺

本堂に入ると、亀之丞の肖像が飾られています。

IMG_6403 松源寺

IMG_6404 松源寺

今川義元に命を狙われていた亀之丞は、渋川の東光院に身を潜めましたが、そこでも命を狙われ、南渓和尚が自浄院(龍潭寺の前身)の住職を務めた文叔瑞郁禅師が開山した伊那谷高森町の松源寺に逃げるように指示しました。
亀之丞は、松源寺で、9歳~20歳までの12年間を過ごしました。そこで、亀之丞は、松源寺の住職から学問を教わり、松岡城の侍たちから武術や弓馬の稽古をつけられて育ちました。

亀之丞は「青葉の笛」を手にすることも多くなり、故郷を偲んで笛を吹いていたといいます。また、笛を教えてもらったお千代とは深い仲になり、子どもを儲けたとのお話も伝えられています。
20歳になった亀之丞は井伊谷に戻り、井伊直親を名乗り、虎松(後の井伊直政)を儲けますが、27歳で今川に謀殺されてしまいました。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ



スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

27歳はわかすぎですね~残念~
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017.04/12 05:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

[井伊亀之丞ゆかりの地と桜守のバスの旅]解説者同行での旅は良く理解できますね!
この記事見ていて、松源寺は、井伊直虎の許婚である亀之丞(井伊直親)が今川氏から命を狙われ、松岡氏の庇護のもと匿われた寺で、「青葉の笛」を吹いている姿の掛け軸が凄く印象的ですね!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017.04/12 06:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

亀さんは
そんなに出場しないで
終わっちゃいましたね。
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2017.04/12 06:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは。
まあまあぁこんなツアーもあり。
これはまたたのしいかったんでしょう。
私も探してぜひ参加したくなりました。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2017.04/12 16:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

いい添乗員さんだったようですね。
こういう日帰りツアーでは
添乗員さんの存在も
大きいでしょうねぇ。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2017.04/12 20:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは。いつもお世話になっております。
なおちか、という名前を忘れ、かめ!かめ!と連呼しそうです。

青葉の笛、といのは、いい音を奏でる笛の総称なのかしら?
  • posted by つねまる 
  • URL 
  • 2017.04/12 21:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんばんは 

こんばんは。
いろいろなツアーがあるのですね。
もっともカメラマン用のツアーもありますからね。
プロカメラマンが同行して凄く高いです。(笑)
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2017.04/12 22:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

戦国時代の運命はいろいろと悲しいことがありますね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2017.04/12 23:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

浜松から長野へは、電車では不便なんですよ。
なので、今回はバスツアーを利用しました。

幼い亀之丞が親元を離れ、よその土地で暮らす日々、辛かったでしょうね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2017.04/13 00:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
156位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
26位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析