大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

一日フリー乗車券で行く井伊直虎ゆかりの地(2)直虎1Dayパスで直虎の里・井の国めぐり

二日目は、直虎1Dayパスを使っての旅です。

IMG_9084 直虎1デイパス

遠鉄電車・バス&天竜浜名湖鉄道の一日フリー乗車券+大河ドラマ館の入場券+龍潭寺の拝観券で、合計4340円のところ47%OFFの2300円!

私のオリジナルプラン健脚コース

浜松駅」7:45発 15のりば 45番バス 「神宮寺」8:29着→井伊谷宮井伊家出生の井戸龍潭寺妙雲寺渭伊神社直虎公墓所地域遺産センター(井伊谷城)井殿の塚井伊家居館跡足切観音小野但馬守政次の屋敷跡→「龍潭寺バス停」12:40発(シャトルバス)→「大河ドラマ館バス停」12:55着→気賀関所大河ドラマ館→天浜線「気賀駅」13:58発→天浜線「西鹿島」14:35着/ 14:47発→「二俣仲町」→清瀧寺二俣城址→「城下通」→「西鹿島駅」 →遠州鉄道「西鹿島」16:24発→「新浜松駅」着→浜松出世の館16:56着
※「   」はバス停、または駅名

この日は、朝から雨で、井伊谷に着いた頃には大雨になっていました。
しかし、雨にも負けず、歩き回りました。
唯一予定を変更したのは、井伊谷城だけです。
地域遺産センターに着いた頃、雨に加え風も強くなってきたため、泣く泣くスキップしました。
お天気が良ければ、「井伊谷城」を入れても可能な行程かと思います。

井伊谷宮
IMG_8839 井伊谷宮

後醍醐天皇第四皇子である宗良親王を祀る旧宮幣中社。

龍潭寺
IMG_8852 龍潭寺

ご存じ井伊氏の菩提寺。

週末は大勢の人が詰めかけ凄いことになっています(゚Д゚) 見学時間に余裕を持つべき。

IMG_8880 庭園

江戸初期に造られた「龍潭寺庭園」は国指定名勝。

井伊家出生の井戸
IMG_8901 井戸

井伊家初代・共保公が出生したという伝説のある井戸。

妙雲寺
IMG_8906 妙雲寺

直虎の菩提寺。

渭伊神社
IMG_8922 渭伊神社

井の国の中心となる井戸や井水を祭祀対象とした神社。

天白磐座遺跡
IMG_8932 天白磐座遺跡

本殿背後の丘にある古墳時代の巨石祭祀の遺跡。

井伊直虎の墓
IMG_8937 直虎の墓

地域遺産センター
IMG_8940 地域遺産センター

「戦国の井伊谷」の展示物が無料で見られます。

「青葉の笛」や直虎の花押入り書状の複製展示がされていますよ。

ロビーには、テーブルや椅子もあるので、持参したおにぎりを食べて一息。

井伊氏居館跡
IMG_8967 井伊氏居館跡

井伊氏が平時を過ごした居館の跡。江戸時代の記録によると、山麓にあった井伊氏の居館は、本丸のほか、二ノ丸、三ノ丸に分かれていたとされています。

井殿の塚
IMG_8971 井殿の塚

家老の小野和泉守道高のざん言により謀反の疑いをかけられ、駿河で今川義元に討ち取られた井伊直満(井伊直親の父)と直義兄妹の墓。

足切観音堂
20170507_2389698.jpg

宗良親王が足を負傷し落馬したが怪我はなく、代わりに護持仏の片足が鮮血に染まっていたという伝説が残っています。

小野屋敷跡地
IMG_8975 小野屋敷跡地

あの小野但馬守政次が住んでいた屋敷跡だそうです。

IMG_8977 小野屋敷跡地

龍潭寺に戻って、シャトルバスで気賀へ移動。

気賀関所
IMG_3827 気賀関所

17世紀初めに江戸幕府が本坂通の気賀に設置した関所。東海道の新居関所の裏番所として本坂通(姫街道)の往来を監視しました。

大河ドラマ館
IMG_8994 大河ドラマ館

二回目の見学ですが、最近展示物の内容が一部変わったとのことで、新しいものが見られて良かったです!

気賀駅から天浜線に乗車。

IMG_9000 気賀駅

カラフルな天浜線

IMG_9004 天浜線

 清瀧寺
IMG_9031 清瀧寺

謀反の疑いをかけられ自害した家康公の嫡男・松平信康を供養するため、徳川家康により建立・命名された寺。

IMG_9042 清瀧寺

二俣城
IMG_9054 二俣城

武田軍・徳川軍がこの城を巡って激しい攻防を繰り広げました。
天正7年(1579)、家康の嫡男・松平信康が切腹した城。

出世の館
IMG_9079 出世の館

直虎グッズが充実しています。

館の前で、家康くん&直虎ちゃんと記念撮影

IMG_9078 家康くんと直虎ちゃん

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

ほぼ半額やん~~~~おぬしもわるやのう~~!!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017.05/17 04:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

大雨で靴がずくずくになりました。二俣城もギブアップでしたが、さすが女性のブロガー2名は登って写真撮影!石垣も撮れています。桜の時期だと
桜も結構映えるそうです!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017.05/17 05:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

お友達も健脚なんですね
私もこんなに歩けるほど
体力を付けたいです。
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2017.05/17 06:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは。
ほんとこれはたのしいですね、
ますます浜松に行きたくなります。
やはり現場に赴かないと駄目でしょう。
こうして電車で廻るのもよろしいですね。
応援ポチ☆

  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2017.05/17 12:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

天竜浜名湖鉄道って
昔の二俣線ですよねぇ。
ずいぶん昔に
乗ったことがあるんですよ。

浜名湖をボーっと眺めながらの
楽しい車窓だったと記憶しています。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2017.05/17 17:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんばんは 

こんばんは。
半額近くになってるのですか。
これは得ですね。
調べるといろいろあるのでしょうね。
都内だけでも地下鉄のパスとか有利なんでしょうかね。
都電のパスもあるんです。
何時かたっぷり乗りたいと思ってますけど。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2017.05/17 21:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こちらのも見ごたえあっていいですねぇ。
最後にゆるキャラにもあえていいです。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2017.05/17 23:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

こういうフリー切符は、各地に出かける時に必ず調べて使うようにしていますが、地元のは案外知らないものですね。
直虎1Dayパスは、かなりお得なセットになっていますので、これから直虎ゆかりの地を回ろうという方にお薦めです。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2017.05/17 23:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

竜宮小僧の井戸 

このコースは、単なる健脚向きではありません。
超超健脚向きでしょう。

大河ドラマ「女城主 直虎」を見るのにこのような
史跡を知っているとドラマがより迫力があります。

竜宮小僧の井戸や直虎の墓など、本当にあるんですね。

ここで紹介されたコースを廻れば直虎ドラマが
より面白く見れるでしょう。
  • posted by ラメール 
  • URL 
  • 2017.05/18 02:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

ラメールさんへ 

直虎ツアーに参加いただきありがとうございました<(_ _)>

当初は健脚コースのつもりでなかったのですが、歩いてみたら結構ありましたね(^_^;
しかもあの大雨。
井伊谷城以外、予定を変更することなく、皆さんよく付いてきてくれたものです!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2017.05/18 11:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
39位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析