FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

二俣城の攻防

山県昌景軍が、柿本城、井平城を落とし、二俣城の武田本隊に合流。

二俣城は、遠江国豊田郡二俣(浜松市天竜区二俣町二俣)にあった山城で、戦国時代、今川氏により築城され、武田軍の修築を経て、徳川の時代に天守台など諸施設が構築されました。天竜川と二俣川に挟まれたこの城をめぐって武田信玄・勝頼親子と徳川家康がこの城を巡って激しい攻防を繰り広げました。

一言坂の戦いで、家康を破った信玄は、10月16日に二俣城を包囲。二俣城は浜松城と掛川・高天神城のちょうど中間地点に位置する遠江の諸城の中でも特に重要な拠点であったため、武田軍が補給路を確保するためにも、徳川軍の連絡網を断ち切るためにも、この城は落としておく必要があったのである。
二俣城は天竜川と二俣川が合流する地点の丘陵上に築かれた城で、この川が天然の堀を成していた。徳川軍の城兵の数は1200人、武田軍は2万7000人の大軍。
徳川軍の城将・中根正照は、家康と織田信長の援軍を期待して、信玄の降伏勧告を拒否。10月18日から武田軍の攻撃が開始されたが、二俣城の大手口は急な坂道になっており、攻め上ろうとする武田軍の進行速度は遅く、武田軍は二俣城を攻めあぐんだ。
そこで作戦変更。
武田勝頼は、籠城軍が天竜川河畔に水の手櫓を築いて水を確保しているのを発見。二俣城には井戸が無く、天竜川沿いの断崖に井楼を設けて、釣瓶で水を汲み上げていた。信玄は大量の筏を作らせて天竜川の上流から流させ、筏を井楼の柱に激突させて破壊することに成功。大量の筏に激突された井楼の柱はへし折れて崩れ落ちた。水の手を失った籠城側は戦意を失って落城。二俣城の落城により武田軍は遠州平野内に入り、浜松を無視するが如くそのまま西進、これに業を煮やした家康が浜松城から出撃し、12月23日に三方ヶ原の戦いで両軍は激突した。(Wikipedia参照)

IMG_9072 二俣城入り口

IMG_9067 現在地

この急な階段を上っていきます。

IMG_9071 二俣城

当時、武田軍が急な坂道で手こずったというのがうなづけます。

IMG_9047 二俣城

まだまだ続く階段(..;)

IMG_9048 二俣城

そして現れるのが、旭ヶ丘神社

IMG_9050 旭ヶ丘神社

この辺りが、北曲輪だったそう。

IMG_9051 旭ヶ丘神社

IMG_9052 二俣城

本丸跡

IMG_9053 本丸

主な遺構として本丸、天守台、二の丸、曲輪、蔵屋敷などが残っています。

IMG_9055 二俣城跡の碑


天守台跡
IMG_9060 天守閣跡

IMG_9054 二俣城

IMG_9057 天守閣跡

IMG_9061 二俣城

二の丸跡
IMG_9064 二の丸

城山稲荷神社
IMG_9065 城山稲荷神社


二俣城址

二俣城の構造
 標高90mの台地上に築かれた二俣城は、北側から北曲輪(くるわ)・本丸・二之曲輪・蔵屋敷・南曲輪がほぼ一直線上に配置されている。天守台のある本丸の南・北にそれぞれ虎口(こぐち)を設け、北虎口は喰(く)い違い虎口である。本丸西側には小規模な天守台が残っており、石積みは野面積みである。本丸の南側には二之曲輪があり、枡形(ますがた)門跡がある。二之曲輪と蔵屋敷の間、そして蔵屋敷と南曲輪の間にはそれぞれ堀切(ほりきり)がある。

歴代二俣城主
 二俣には現在、城跡が三か所ある。この城山(しろやま)のすぐ南にある「鳥羽山城」、現在、市庁舎が建つ「笹岡城」、そしてこの城山の「二俣城」である。これらの三城はわずか2km程の距離内にあり、当時、この一体は「二俣郷」と呼ばれていた。このようなことから、当時の文書に「二俣城」と見えてもどの城を指すのか確定するのは難しい。
 ここでは、「笹岡城」を斯波・今川両氏の抗争期から永禄期(1500年前後〜1560年)までと考え、「二俣城・鳥羽山城」を徳川・武田両氏の抗争の場となった永禄期から元亀・天正・慶長初年(〜1600年前後)までと考え、文書を基に歴代二俣城主を紹介する。

二俣城をめぐる攻防
 永禄11年(1568)12月から天正3年(1575)12月までの7年間、二俣城は、徳川・武田両氏の攻防の舞台となった。二俣城は天竜川と二俣川の合流点に位置する天然の要害であり、しかも、二俣は遠江の平野部と北遠の山間地方とを結ぶ交通路の結接点で、遠州平野の「扇の要」であったからである。

<元亀3年の攻防>
 元亀3年(1572)10月、武田信玄は大軍を率い、信濃を経て遠江に進入し二俣城を攻撃した。武田軍は力攻めの方法をとらず、城の水の手を断つ作戦を選んだ。徳川軍の城兵が崖に櫓(やぐら)を建て、釣瓶(つるべ)で天竜川から水を汲み上げているのを知り、上流から筏を流して井戸櫓の釣瓶を破壊した。こうして2か月ほどで二俣城は陥落した。

<天正3年の攻防>
 天正3年(1575)5月、長篠の戦で勝利を得た徳川軍は、武田勢を一掃すべく二俣城の攻撃に着手した。鳥羽山に本陣を置き、毘沙門堂(びしゃもんどう)・蜷原(になはら)・渡ケ島に砦(とりで)を築き二俣城を包囲した。武田軍は7か月で兵糧(ひょうろう)が底をつき城を明け渡した。そして、二俣城には大久保忠世が入城し、徳川氏が関八州へ移封する天正18年(1590)まで在城した。
 この間大規模な修築がなされ、天守台を始めとする諸施設を構築したと考えられる。

徳川信康自刃事件
 大久保忠世が在城中に起こった事件として、有名なものに家康の嫡子(ちゃくし)信康自刃(じじん)事件がある。
 一般には、信康とその母築山(つきやま)御前が武田氏と通じていたことを理由に、織田信長が信康を切腹させるように家康に命じたとされている。
 家康はこれを受けて信康を天正7年(1579)9月15日、二俣城で切腹させた。この事件は戦国哀史として広く知られている。

平成8年11月1日 浜松市教育委員会 (案内板より)


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

急な階段も、なんのそのですね!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017.09/21 04:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

雨の二俣城!しずかさんとメリーさんは頑張って登られたが、
四方とラ・メールさんはギブアップでしたね!



  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017.09/21 06:26分 
  • [Edit]

NoTitle 

おはようございます。
これまたじっくりといろいろと、
調べながら見て楽しませていただきます。
瞬間いま石済みがとくにじっと見てしまいました。
二俣城の在りし日のこれも思い出でしょう。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2017.09/21 07:08分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
実際の戦いをこの眼で見たら面白いでしょうね。
ありえないですけど。
それを想像するのが楽しいのかな?
歴史が好きな方って想像力が豊かなのでしょうね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2017.09/21 19:09分 
  • [Edit]

NoTitle 

天竜浜名湖鉄道って
昔の二俣線でしたっけ??

一度だけ乗ったような
記憶があるのですが…

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2017.09/21 22:13分 
  • [Edit]

NoTitle 

これはすご坂道で、長く続いて大変なのがよくわかります。
水を断つとはねぇ。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2017.09/21 22:18分 
  • [Edit]

皆さんへ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

どんな戦いだったのか、タイムスリップできるなら
見てみたいですね。

ドラマでこの攻防を詳しく描かないのは、信康の自害の時に
舞台にするのかも・・・と思っています。

よっちんさん、よくご存じですね。
天浜線は、昔の二俣線ですi-35
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2017.09/21 23:19分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析