大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

井伊直親の娘・高瀬姫(2)彦根の長純寺の高瀬姫の墓

高瀬姫は、徳川家康の命令で、異母弟・井伊直政の家臣になった川手良則(かわて よしのり)と結婚します。

さて、この川手良則というお方。

関ヶ原の戦いの時は、直政の代わりに直政の居城・高崎城を守り、彦根藩では4000石の家老となりました。

しかし、養子の川手良列が、大坂夏の陣の若江の戦いで討死。

大老・井伊直弼は藩祖・直政の姉の家系が良列の息子の代で断絶していてしまったことを惜しんで、甥に川手家を再興させたといいます。

川手良則
父は今川氏家臣として岡崎城城代を務めた山田景隆。山田氏は三河の川手城(愛知県豊田市川手町)を居城としていた。
良則は今川氏滅亡後は武田氏に仕え、山県昌景配下として名を挙げた。
武田氏滅亡後は徳川氏家臣となり、天正10年(1582年)に徳川家康の命で井伊直政の姉の高瀬姫を娶り、直政に仕える。井伊家中では一門筆頭として、筆頭家老格の木俣守勝よりも席次は上であった。知行は2500石で、後に4000石となる。関ヶ原の戦いでは高崎城城代として留守を守った。松平康安の子の川手良列を養子として跡を継がせたが、元和元年(1615年)に大坂夏の陣の若江の戦いで良列は戦死し、その遺児の川手良富も寛永5年(1628年)に若年で早世したため、同家は無嗣断絶となった。
幕末の嘉永6年(1853年)に井伊直弼の命で、新野親良の子の河手良貞により川手(河手)家は再興された。(Wikipediaより)


彦根の長純寺高瀬姫の墓があります。

IMG_8817 長純寺

IMG_8819 高瀬姫

IMG_8820 長純寺

江戸中期の彦根藩士で俳人として知られる森川許六(きょりく)の墓もあります。

森川許六
江戸時代前期から中期にかけての俳人、近江蕉門。蕉門十哲の一人。名は百仲、字は羽官、幼名を兵助または金平と言う。五老井・無々居士・琢々庵・碌々庵・如石庵・巴東楼・横斜庵・風狂堂など多くの別号がある。近江国彦根藩の藩士で、絵師でもあった。
(Wikipediaより)

IMG_8821 森川家

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

井伊直政の異母姉の高瀬姫は井伊家同様に宗良親王のお供をして、遠州に下った家柄の川手良則と結婚して、井伊直政に仕え2500石、関ヶ原合戦後4000石となった。親戚として、席次は井伊家の筆頭家老の上であったということですね!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017年05月23日 05時34分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

テンプレートが爽やかな夏バージョンに変わりましたね。
暑さは少し和らぐ様ですが
すぐに暑い日が戻ってくるのかな・・・
史跡巡りは自転車徒歩だから
辛いですよね。
応援!

NoTitle 

高瀬姫とは、今ドラマで話題の娘ですか。

そうなるとやっぱり高瀬姫は、実在していていたんですね。

そこまで、事実を追及したこの記事は、
先を読んだ取材の結果ですね。

あっぱれ!あっぱれ!
  • ラメール 
  • URL 
  • 2017年05月23日 11時54分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

こんにちは。
まいにちお暑いことでまいりました。
きょうも強烈な日差しがふりそそいでおります。
高瀬姫のことはよく知りませんでしたが、
くわしく教えていただいてうれしくなりました。
  • マーチャン 
  • URL 
  • 2017年05月23日 13時04分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

井伊直弼はもっと評価されて
しかるべき人物かなぁと思っています。

彦根城は何度行っても
また行きたくなる名城ですね。

応援ぽち

こんばんは 

こんばんは。
高瀬姫ですか。
いろいろな歴史があったのですね。
今日は暑くても風があり少し楽でした。
  • 自転車親父 
  • URL 
  • 2017年05月23日 22時20分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

これまで知らない方々だったのですが
そういうつながりだったのですね。
応援ぽち2.
  • みかん農家 
  • URL 
  • 2017年05月23日 23時34分 
  • [編集]
  • [返信]

皆さんへ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

高瀬姫が正式に姫として迎えられ、今後の井伊家はどうなっていくのでしょうか。

史実としての高瀬姫がどんな一生を送ったのかこれからさらに調べてみようと思います。
  • しずか 
  • URL 
  • 2017年05月23日 23時46分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー