大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

松岡氏の治めた松岡城

前回の紀行で松岡城跡が紹介されたので、再アップ致します!

下市田の中央にある段丘上に位置する松岡城は、松岡氏一族の築城と伝えられ、主郭・二の郭~五の郭からなる連郭式の城です。

築城時期は定かではありませんが、南北朝の戦乱の頃ともいわれ、その後戦国時代に大きな修築が加えられたと考えられています。

500年間にわたって、松岡氏の本拠地となりましたが、1588(天正16)年、同氏の改易により、廃城となりました。

現在、城址は畑になっていますが、堀の遺構は残されています。

IMG_6487 松岡城址

IMG_6486 松岡城址

四の堀
IMG_6476 四の堀

IMG_6479 四の堀

三の堀
IMG_6432 三の堀

IMG_6433  三の堀

ぶどう畑
IMG_6435 ぶどう畑

二の堀
IMG_6436 二の堀

IMG_6437 二の堀

IMG_6442 松岡城跡

一の堀
IMG_6448 一の堀

本丸跡
IMG_6453 本丸

IMG_6465 松岡城址

本丸からの眺め
IMG_6460 松岡城址

亀之丞もこの景色を眺めていたのでしょう。

IMG_6461 松岡城址


松岡家の断絶と井伊直政
1585(天正13年)松岡貞利(17代)は、徳川方でしたが、豊臣方の小笠原貞慶の誘いになり、高遠城攻めに向かいました。
途中で引き返しましたが、家臣の座光寺為真が伊那郡司・菅沼定利に密告し、それにより貞利は知久平城に監禁されてしまいます。
駿府の家康の面前で、裁判が行われ、改易・切腹が決定しましたが、井伊直政の嘆願により、命は救われました。これにより松岡家は断絶となりました。
(南信州新聞社パンフレット参照)

直政にとっては、父・亀之丞(直親)を匿ってくれた松岡氏に恩を返したことになりますね。

松源寺へと引き返します。

IMG_6472 松源寺

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

天正13年(1585)松岡貞利(17代)は、徳川方でしたが、豊臣方の小笠原貞慶の誘いになり、高遠城攻めに向かいました。途中で引き返しましたが、家臣の座光寺為真が伊那郡司・菅沼定利に密告し、それにより貞利は知久平城に監禁されてしまいます。駿府の家康の面前で、裁判が行われ、改易・切腹が決定しましたが、井伊直政の嘆願により、命は救われました。これにより松岡家は断絶となりました。直政にとっては、父・亀之丞(直親)を匿ってくれた松岡氏に恩を返したことになりますね。この松岡城は5月21日の大河ドラマで出ていましたね!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017年05月24日 05時01分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

権力の近くはいつも
良いことも悪いこと渦巻いて居て
怖いですね。
応援!

NoTitle 

おはようございます。
きょうは陽が出てないだけ暑くなくて、
そのかわり蒸し暑い天気でまいります。
ここもまた高森にあるんですか。
そばを何度も通っても知らないだけで、
無知な者はダメですね。☆☆
  • マーチャン 
  • URL 
  • 2017年05月24日 09時38分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

信州の中では伊那谷って
これという有名な観光地が無いので
比較的地味な地域ですが
私は好きなんですよねぇ。

東に南アルプス
西に中央アルプス…
この光景だけで価値があります(^^)

応援ぽち

こんばんは 

こんばんは。
松岡城ですか。
以降が少し残っているのですね。
こんな場所を訪ねて歩くのも良いものでしょうね。
ゆっくりと出来そうな気がします。
  • 自転車親父 
  • URL 
  • 2017年05月24日 22時39分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

天然の地を利用してのお城。
今も残っていたら、名所になっていたでしょうねぇ。
応援ぽち2.
  • みかん農家 
  • URL 
  • 2017年05月24日 22時41分 
  • [編集]
  • [返信]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

紀行でここが紹介された時、日帰りでも行って良かったと思いました。
お城が残っていなくても、遺構が少しでも保存されていれば、当時を偲ぶことが出来ますね。
  • しずか 
  • URL 
  • 2017年05月24日 23時33分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー