大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

大洞院(1)森の石松の墓

森町の大洞院には、駐車場から大洞院へ向かう途中に「森の石松の墓」があります。

IMG_9933 石松の墓

はじめに昭和10年に墓が建てられましたが、石松の墓の石を持っていると「商売繁盛する」とか「勝負運が強くなる」という噂が広まり、昭和30年頃から墓石が削られ、変形してしまいました。

IMG_9935 石松の墓

変形してしまった墓石は、現在檻のような中に入れられています。

IMG_9936 石松の墓

昭和52年に2代目の墓石が建てられましたが、昭和54年には墓石ごと盗まれ、現在の墓石は3代目の墓石です。

IMG_9938 石松の墓

左が三代目の石松の墓、右が清水次郎長の碑
IMG_9939 石松の墓

現在の墓は、削られないように硬い南アフリカの御影石でつくられています。

IMG_9934 石松の墓

IMG_9937 石松の墓

森の石松

 森の石松は、三河の国、富岡(愛知県新城市富岡)の生まれ。先祖は山本庄次郎。代々名乗った庄屋も勤めた事のある家柄であったが、石松の代に自宅から火災を出した事などが現員で没落し、父親は幼い石松を連れ、森町へ流れて来た。天宮神社の祭礼の日、雑踏の中で迷子となったが、その頃街道一帯に縄張りを持ち、遠近に侠名をはせた職業柄に似ず、温厚な性格の「任侠 森の五郎」に引き取られ、少年時代を森で過ごした。
 後に、当時売り出し中の「清水次郎長」が、森の五郎宅に足を留めた際、石松の人となりを観察し、引き取りを希望したため、清水次郎長の子分となる。天保の末年頃で、石松14~15才と言われている。成長した石松は、次郎長に従って遠征して、各地の舅雄を屈服し、「遠州 森の石松」の名声をほしいままにした。
 金比羅宮代参の帰途、遠州中郡の都鳥吉兵衛のだまし討ちにあい、悲壮な最期を遂げた。万延元年(1860)6月のことであった。石松は極めて正直、単純な性格であったが、正義を尊び、不義背徳を憎しみ、粗暴な権力に反抗し、常に弱い者の味方であった。当時の侠客時代にあっても希に見る理想的な快男児であったと言われる。
(森町役場HPより)

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

石松さまのお通りだ~~~い!!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017.06/20 04:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

削って形が変わるまで
ひどい状態になるなんて
あるんですね。
それだけ効果があるお墓なんだね。
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2017.06/20 07:03分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
ほんとうに実在し人物、
森の石松だったんですね。よく知らなくて、
恥ずかしい話しで、このように墓地まで見られると、
まったくそのとおりだったんだと納得です。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2017.06/20 13:18分 
  • [Edit]

NoTitle 

ガッツ石松のリングネームは
森の石松から名づけたんですかねぇ。

森の石松は「OK牧場」とは
言わなかったでしょうが(^^)

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2017.06/20 21:40分 
  • [Edit]

NoTitle 

お墓が3代目だなんて知りませんでしたが、
勝手に採っていく罰当たりな人たちが、たくさんいたのですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2017.06/20 22:13分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
折の中ですか。
囚人ではないのですからね。
石松もびっくりしているでしょうね。(笑)
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2017.06/20 22:55分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

人のお墓を削って持ち去るとは、罰当たりな人がいるものですね。
挙げ句の果てに、こんな檻のような中に入れられてしまい、お気の毒です(..;)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2017.06/20 23:22分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
27位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析