大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

大洞院(2)

森の石松の墓から赤い橋を渡って大洞院の境内へ。

IMG_9940 橋


IMG_9944 山門跡

IMG_9945 山門跡

IMG_9967 鎮守堂

IMG_9966 鎮守堂

IMG_9948 大洞院

この石橋の辺りの青紅葉が美しい!

IMG_9950 大洞院

6月というのに、まだつつじが残っていました。

IMG_9952 大洞院

お掃除小僧さん?
IMG_9954 大洞院

IMG_9956 法堂

IMG_9955 大洞院

IMG_9958 僧堂

IMG_9959 僧堂

IMG_9962 鐘楼堂

IMG_9963 鐘楼堂

IMG_9961 大洞院

大洞院の開創は後小松天皇の応永18年(1411)時の高僧永平八世の嫡孫、恕仲天ぎん禅師は観音菩薩の教示により、はじめてこの地に錫を留めると、時の将軍足利義持公は禅師の高徳を慕い帰依して自らその荘園とその境内の地とを寄進し、禅師のために一大梵刹を創建し、これを橘谷山大洞院と号したと言われる。恕仲禅師は本師梅山禅師を請して開闢開山となし、自らは第二世となって開堂演法の実をあげ、禅風の挙吹に力をつくしたとある。以来数百年大洞院の門風ますます栄え、法光いよいよ輝き、今や総本山総持寺の五院列祖の第一大源派の派頭にして、末寺3400余ヶ寺の総本寺として曹洞宗屈指の名刹である。
札所本尊である馬頭観音は恕仲禅師諸国行脚の途次、三河国小松原の馬頭観音堂に参籠の折、一夜霊夢により「ご僧の願う勝縁の地は東方遠州飯田の里なり」と告げられる。
後日、飯田城主山内対馬守の帰依により堂宇を建立。当院を開くや、霊験を給うにより鎮守とさす。霊験あらたかにして諸災諸災消除諸願成就は必定なり。
大洞院は別名(森の石松)の寺として知られが、近年は紅葉の美しい寺として県内外にしられ、毎年多くの人が訪れる。
(大洞院HPより)
にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

お掃除小僧さん、誰かに似てる~~~泰葉の弟さん

~名前が出てこない~
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017年06月21日 04時29分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

大洞院は相当深い山の中腹にあるようですね!
素晴らしい伽藍配置ですね!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017年06月21日 05時19分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

記念写真が撮れるスポットなんですね
大勢の方が参拝に来るのでしょう。
応援!

NoTitle 

おはようございます。
赤橋をわたってのスポットですか。
これはなんかわくわくしてきますね。
いろいろ見て楽しめて為になり、
訪れてたらここもゆっくり楽しみたいです。
応援ポチ☆
  • マーチャン 
  • URL 
  • 2017年06月21日 09時28分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

夏至の日の大阪は
朝から大荒れの天気でした。

大雨洪水警報の中
多くの人が出勤していましたが
「ほどよい」雨の降り方は
期待できないんでしょうかねぇ。

応援ぽち

こんばんは 

こんばんは。
これは紅葉の頃は凄いでしょうね。
素敵だろうと思います。
撮りに行きたいくらいですよ。
こう言う建物にモミジって似合うな。
  • 自転車親父 
  • URL 
  • 2017年06月21日 23時01分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

こうやって記念撮影もできるようになっているのですね。
応援ぽち2.
  • みかん農家 
  • URL 
  • 2017年06月21日 23時23分 
  • [編集]
  • [返信]

皆様へ 

こんばんは!
今日はこちらは凄い雨でした。
川の増水で避難勧告が出されたところもあり、緊急メールが来ましたよ。
皆さんのところは大丈夫でしたか?

この大洞院、新緑の季節も素晴らしいですが、秋も素敵でしょうね。
  • しずか 
  • URL 
  • 2017年06月22日 01時31分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー