大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

堀江陣屋

舘山寺温泉の一帯にあった堀江城の一角に元和元年(1615年)堀江陣屋が建てられました。

現在は残っているのは、旅館「堀江の庄」前の駐車場入り口にある「堀江陣屋跡」の木碑のみと聞いて、向かってみたのですが・・・どこにも見つかりません(..;)

駐車場の隣りの喫茶店の店主に尋ねてみたところ、その木碑にアリが巣を作り、朽ち果てたため、撤去したそうです(^_^;

したがって、ここには堀江陣屋の遺構は残されておらず、周辺を撮影してきました。

旅館「堀江の庄」
IMG_0401 堀江の庄

旅館の駐車場
IMG_0400 堀江陣屋

この辺りに「堀江陣屋跡」の木碑があったそうです。

IMG_0399 堀江陣屋

かつての堀江城の城跡は、現在は遊園地となっている御陣山にありました。



次は湖西市へ移動 

堀江陣屋は明治13年(1880年)に競売にかけられ、遺構は全て藩外に移され、陣屋表門が湖西市の法泉寺に移築されました。

IMG_0440 法泉寺

IMG_0441 法泉寺

IMG_0442 法泉寺

IMG_0445 法泉寺

大沢 基寿
大沢基寿

大沢 基寿(おおさわ もとすみ)は、江戸時代の高家旗本。別名は基輔。父は大沢基暢。妻は鯖江藩主・間部詮勝の娘福聚。通称は七助、采女。従四位下侍従、右京大夫。
万延元年(1860年)閏3月1日、将軍徳川家茂に御目見。同年閏3月25日、部屋住ながら高家見習。明治期の本人の回想によれば、当時14歳であったという。同年4月26日従五位下侍従・采女正に叙任。後に従四位下に昇進、右京大夫に改める。同年8月27日、高家職。文久2年(1862年)12月25日、父死去により家督相続。慶応2年(1866年)11月27日、高家肝煎。慶応3年(1867年)10月14日、将軍徳川慶喜による大政奉還の上奏文を朝廷に提出する。

立藩と万石事件
幕末から明治維新の頃の当主である第20代・大沢基寿は、和宮親子内親王降嫁に際してはその付添役を務め、徳川慶喜の大政奉還ではその旨を朝廷に伝奏する重責をになう。さらに新政府軍の東征に際してその案内役を務めたことにより、新政府から従来どおりの堀江領3550石の知行を許される。明治元年(1868年)8月に新政府に対して行った検地報告で、敷知郡16村・豊田郡1村・山名郡1村からなる堀江領は実高5485石に過ぎなかったものの、基寿はなんと浜名湖の湖面の一部を「開墾予定地」として架空の新田内高4521石を計上、都合1万6石という虚偽の報告を行なった。当時諸問題が山積していた新政府はこの報告を裏付けもとらずに額面通に受理した結果、堀江領は万石を知行する諸侯に列し、同年9月18日基寿は晴れて堀江藩藩主として認められることになる。そして翌明治2年(1869年)6月17日の版籍奉還と同時に出された「公卿諸侯ノ称ヲ廃シ華族ト改ム」行政官布達54号により、基寿はあらたに設けられた華族の身分を得ることに成功する。明治4年(1871年)7月の廃藩置県で堀江県が置かれると基寿は堀江県知事に任じられた。この廃藩置県当時現在の静岡県内に存在したのは、韮山県(伊豆国)・静岡県(駿河国と遠江国の大部分)と、この堀江県の3県だけだった。
しかし維新後あらたに立藩した16家のうち、徳川御三卿の3家と御三家の附家老5家、そして訳あって陪臣扱いだった岩国藩主吉川家の9家は維新以前にすでに万石以上を知行しており、維新後に石直しによって万石以上の知行となった交代寄合6家もそもそも表高が5千石から8千石の大身旗本だった。これに対して表高3550石の高家にすぎない大沢家の取って付けたような1万6石への石直しはあまりにも無茶なものだった。そこで新政府が再調査が行ったところ案の定報告の虚偽が露見する。同年11月、基寿には士族へ落としたうえ禁錮1年、実際の虚偽申告を行った家臣5名は平民へ落としたうえ禁錮1年半という処罰が下る。また堀江県は静岡県(当時)西部の遠江国部分を分割して新設した浜松県に合併され、ここに大沢氏20代約500年わたるこの地の支配は幕を閉じた。(Wikipediaより)

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

遊園地いきたい~~!!
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017年07月04日 03時19分 
  • [編集]
  • [返信]

堀江藩の立藩と万石事件 

この様な架空の領地を加えて、高家旗本から藩主となった例を初めて知りました。このようなこともあったのですね!吃驚です!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017年07月04日 05時38分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

こんにちは。
たいへん蒸し暑くてたまりませんね。
きょう台風が来るのかどうなのか。
舘山寺にはこのようなところがある。
初めて知りましたからたのしみです。
応援ポチ☆
  • マーチャン 
  • URL 
  • 2017年07月04日 13時44分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

昨日から今日にかけて
契約しているプロバイダー(JCOM)の
不具合によって
gooブログや日本ブログ村など
多くのページにアクセスできない状態でした。
訪問できないブログがたくさんあり
申し訳ありませんでした。

今日は台風の影響がさほどなく
ホッとしていますが
皆さんのところはどうでしたか??

応援ぽち

こんばんは 

こんばんは。
せっかく行ったのに残念でしたね。
蟻に食われてしまったのですか。
困ったものです。
  • 自転車親父 
  • URL 
  • 2017年07月04日 22時16分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

無くなってしまっていたのですね。
やはり新しいのを立てておいてほしい気がします。
応援ぽち2.
  • みかん農家 
  • URL 
  • 2017年07月04日 22時25分 
  • [編集]
  • [返信]

皆様へ 

こんばんは!
今日は台風の進路が気になる一日でした。
私のところは無事に通過しましたが、皆さんのところはどうでしたか?
関東地方はまだこれからでしょうか。
明日も西日本は梅雨前線の影響があるそうですから、引き続きご注意ください。

ここは、車で一時間かけて、出向いたのですが、目的のものに出会えずでがっかりしました。
代わりのものを建てて欲しいですよ(..;)
  • しずか 
  • URL 
  • 2017年07月05日 00時11分 
  • [編集]
  • [返信]

愛称標識 

>旅館「堀江の庄」前の駐車場入り口にある「堀江陣屋跡」の木碑のみと聞いて、向かってみたのですが・・・どこにも見つかりません(..;)

申しわけありません。その木碑は昭和4年に庄内地区で設置した「愛称標識」の事だと思われます。
舘山寺町では、5本立てました。朽ち果てて、横たわっていたものですから、撤去致しました。その後、建替えのことも考えましたが、堀江の庄も経営者が変わり、また前掲の堀江城跡案内板ができたため、設置をあきらめました。
舘山寺町では、現在「茂山塚」(おんな城主直虎26話にでました中安兵部のお墓にあたります)と「桜塚」(佐田城落城にまつわる悲劇の女性の桜の木)の2本を建直して、説明書きも設置しました。
  • 舘山寺町自治会 
  • URL 
  • 2017年07月05日 09時20分 
  • [編集]
  • [返信]

舘山寺町自治会様へ 

「愛称標識」の説明、ありがとうございました<(_ _)>
そういう経緯だったのですね。
よくわかりました。

また、「茂山塚」と「桜塚」の説明板もいつか見に行きたいと思っています😄
  • しずか 
  • URL 
  • 2017年07月06日 11時20分 
  • [編集]
  • [返信]

愛称標識の説明板? 

>、「茂山塚」と「桜塚」の説明板もいつか見に行きたいと・・・

説明板ではなく、中安兵部の墓「茂山塚」と「桜塚」の桜の木を見に来てください。

秋には、茂山塚、桜塚、十頭八幡、堀江城跡(パルパルではない)、舘山寺を廻るウォーキングを計画しています。
  • 舘山寺町自治会 
  • URL 
  • 2017年07月06日 12時36分 
  • [編集]
  • [返信]

舘山寺町自治会 

もちろん史跡を含んでの意味です(^_^;

桜の季節まで待てないので、近いうちに行くつもりでいます😄
  • しずか 
  • URL 
  • 2017年07月06日 22時48分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
26位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー