大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

鳳来寺(1)虎松が少年時代を過ごした三河の寺

永禄11年11月9日、徳政令の発布とともに今川氏真は、井伊直虎を井伊谷の領主から罷免しました。

この陰には、小野但馬守が蜂前神社の神職である祝田禰宜と結託し、今川氏の威光を借りて、徳政令によって、直虎を失脚させ、井伊家乗っ取りを企んでいたといいます。

さらに氏真は、虎松を亡き者にするよう但馬に命じます。
虎松は当時8歳。直虎は虎松を龍潭寺の塔頭・松岳院に入れますが、何としても虎松の身を守るために、南谿和尚と相談し、龍潭寺と繋がりのある三河国の鳳来寺に逃がすことにしました。
ここで、虎松は8歳から14歳まで過ごしたといわれています。

昨年の秋、数年ぶりに鳳来寺を訪ねました。

IMG_1851 鳳来寺

ここから1425段の石階段が続きます。

IMG_1853 石階段

源頼朝が13歳の時に、鳳来寺に3年間匿われ、その後鎌倉幕府を開き、謝恩の意を込めて本堂と三重塔を寄進。その折に石段も造ったと言われているそうです。

仁王門が見えてきました。

IMG_1854 仁王門

鳳来寺仁王門は、徳川家光の寄進によって建てられたもので、両側に大きな仁王像が立っています。

IMG_1856 仁王門

現存する仁王門は、慶安4年(1651)に再建された三間一戸、入母屋造の楼門、屋根は銅板葺。

IMG_1857 仁王門

IMG_1858 仁王像

IMG_1859 仁王像

「鳳来寺」の額は、聖武天皇の御病気の折、光明皇后が鳳来寺の薬師如来に病気平癒のお願をかけ、天皇が御全快になったのでそのお礼に、皇后自ら「鳳来寺」の三字を書かれたといわれているものです。現在かかっている額は、改修の時作成されたレプリカです。

IMG_1861 鳳来寺

ここからさらに階段が続きます。

IMG_1860 鳳来寺

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ


スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

網に入ってても、仁王様こわっ~~
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017.08/07 03:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

虎松を助けるため龍潭寺と繋がりのある三河国の鳳来寺に逃がしましたね!源頼朝公も13歳から16歳まで在住した見事な鳳来寺ですね!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017.08/07 07:13分 
  • [Edit]

NoTitle 

大阪は暴風雨圏内に入り
風雨共に強まってきました。

こんなにゆっくりした台風は記憶にありません。
被害が最小限で済むことを願うばかりです。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2017.08/07 18:34分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
この階段は凄いですね。
1425段ですか。
しずかさんはこれを登ったのですか?
足は大丈夫でしたか?
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2017.08/07 21:23分 
  • [Edit]

NoTitle 

1425段とはすごい数で、登るのも大変ですね。
歴史あるお寺なんですねぇ。
周りの樹木の大きさも歴史感じます。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2017.08/07 22:34分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
もうすぐこちらにノロノロ台風が近づいてきます。
皆さんのところは被害がありませんでしたか。
今日もコメントありがとうございました。

数年前、鳳来寺の仁王門~馬の背岩展望台までの付近で、クマ目撃情報があったので、ここから登るのは止めました。
体力的にも自信がありませんし・・・
実は、仁王門に行く前に、車で本堂まで上ったのですよ(^_^;
記事の都合上、そちらが後の紹介になります。

  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2017.08/08 00:16分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析