大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

鳳来寺(3)源頼朝ゆかりの鳳来寺 本堂~鐘楼

寺伝では大宝2年(702年)に利修仙人が開山、霊木の杉から本尊・薬師如来、日光・月光菩薩、十二神将、四天王を彫刻したと伝わっています。
 
文武天皇の病気平癒祈願を再三命じられて拒みきれず、鳳凰に乗って参内したという伝承があり、鳳来寺という寺名及び山名の由来となっています。
 
利修の加持祈祷により、天皇は快癒し、この功によって伽藍が建立されたといいます。
 
源頼朝が平治の乱で落ち延びた際、 この鳳来寺の医王院で13歳から3年間匿われたことから、鎌倉時代に頼朝によって再興されたと伝わっています。
 
戦国時代には、近郊の菅沼氏から寺領の寄進を受けますが、豊臣秀吉の時代では300石のみを許されただけで、他は悉く没収されました。
 
江戸時代に入ると幕府の庇護を受け、850石に増領。
 
徳川家光の代では、徳川家康の生母・於大の方が当山に参籠し、家康を授けられたという伝説を知った家光が大号令を発したため、当山諸僧坊の伽藍が改築されただけでなく、家康を祀る東照宮が新たに造営され、東照宮の運営領を含む1,350石が新たに寺領となりました。

本堂
IMG_1811 本堂

IMG_1812 本堂

休憩所
IMG_1806 休憩所

鐘楼
IMG_1817 鐘楼

IMG_1816 鐘楼

常行堂址
IMG_1820 常行堂址           

番所址
IMG_1821 番所址

IMG_1822 番所址

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

今日から12連休です!
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017年08月09日 04時06分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

前回掲載された見事な本堂と共にこの極彩色を誇る鐘楼堂とも見事です!感嘆!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017年08月09日 05時22分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

おはようございます。
やっとこの夏はじめて青空が出ました。
台風一過とはこんな天気のこというのでしょう。
これはまた立派な鐘楼ですね。
応援ポチ☆
  • マーチャン 
  • URL 
  • 2017年08月09日 11時15分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

愛知県といってもこのあたりは
アクセスが悪いので
なかなか行く機会がありません。

近くを飯田線が走っていますよね。
一度全線乗車したのですが
あまりの遅さに驚きました(^^)

応援ぽち

こんばんは 

こんばんは。
頼朝がかくまわれたところですか。
それは凄いですね。
歴史で重要なポイントでしょう。
三年もここにいたのですね。
  • 自転車親父 
  • URL 
  • 2017年08月09日 22時21分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

歴史あるところは、その地理的場所も含んで
素晴らしいところなんでしょうね。
応援ぽち2.
  • みかん農家 
  • URL 
  • 2017年08月09日 22時45分 
  • [編集]
  • [返信]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

ここは、車でしか行ったことがありません。
公共交通機関だと、たしかに行きにくいところでしょうね。
着いてからも、仁王門から自分の足で登ろうといたら
かなりの体力と時間が必要になるでしょうね。
  • しずか 
  • URL 
  • 2017年08月10日 00時41分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー