大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

頭蛇寺(1)頭陀寺城

松下屋敷から頭蛇寺

IMG_9097 頭蛇寺

IMG_9096 頭蛇寺1

IMG_9096 頭蛇寺

IMG_4451 頭蛇寺

IMG_4450 頭蛇寺

頭蛇寺縁起によると、

西暦六八〇年の頃、遠州灘でひとりの漁師が、網にかかった瑠璃石の薬師像を
丁重にお祀り供養したところ、豊漁が続くようになり、妻の病気は全快し、家も大いに盛えました。
大宝三年(七〇三)、文武天皇の正夢に薬師如来が現れ、
「我は遠江国におり、我を奉安、祈念すれば、国家安穏、万民豊楽、万病退散するなり」と
お告げになりました。帝の命を受け、僧圓空上人は行脚の途中で遠州灘の漁師の話を耳にしました。
さっそく天皇に奏上すると、帝は直ちに仏閣建立の命を下され、末代永く「国家安泰、万民豊楽
万病平癒」の勅願寺とされ、御宸書の勅額「青林山」を賜りました。
以後、当寺は『青林山 頭陀寺』と呼ばれ、大漁祈願、海上安全、五穀豊饒、商売繁盛、身心堅固、
諸病平癒等の祈願、そして信仰の寺となり、『頭陀寺のお薬師様』として今もなお、
善男善女で賑わっています。


略史

大宝三年(七〇三)
文武天皇、圓空上人に命を下し、仏閣建立、本尊奉安、そして末長く
「国家安穏、万民豊楽、万病平癒」の勅願寺とする。

貞観五年(八六三)
清和天皇、当寺を定額寺(国家に一定数を限った特別な寺)とする。
戦国時代以後、今川氏の庇護のもとに繁栄しましたが、同氏の衰えと共に衰微。
幼少の頃より縁のあった豊臣秀吉公、徳川家康公の顧みるところとなり、
寺領二百石の荘田の寄進により復興しました。

明治十一年、法印真應により再建されましたが、第二次大戦(昭和二十年)で全山焼失し、
焼失を免れたのは昔より幾度か難を逃れてきた難除大師(弘法大師)像だけでした。

昭和五十三年
現在の本堂位牌堂建立。

IMG_4453 頭蛇寺

本堂
IMG_4454 頭蛇寺

IMG_4456 本堂

IMG_4455 頭蛇寺

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

頭蛇寺~蛇は、いないんだ~
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017年07月26日 04時33分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

この頭陀寺をまとめるのは大変難しいですが、上手くまとめられています。浜松最古の石の道標!見事な撮影です!感嘆!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017年07月26日 08時02分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

おはようございます。
それにしても浜松はいいところばかり、
こうして見せて聞かせていただいて、
タメになることばかりで、
常に勉強しながらでうれしくなります。
応援ポチ☆
  • マーチャン 
  • URL 
  • 2017年07月26日 09時44分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

今日の夕方、信州から帰って来ました。
天候は最悪、様々なトラブルに見舞われながら
なんとか無事に帰って来ました。

まともな写真はほとんどありませんが
ブログは明日から再開します。

今日は訪問だけで失礼します。

応援ぽち

NoTitle 

こんばんは。
頭陀寺ですか。
なんと面白い名前でしょうね。
そして柳生十兵衛に繋がるとはびっくりです。
  • 自転車親父 
  • URL 
  • 2017年07月26日 22時40分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

こちらも戦争で焼失してしまっていたのですね。
応援ぽち2.
  • みかん農家 
  • URL 
  • 2017年07月26日 23時20分 
  • [編集]
  • [返信]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

頭陀寺を「ずだじ」と読める人は、地元の人以外
少ないでしょう。
直虎ブームの影響で、こちらのお寺も見学者が増加
したようです。
  • しずか 
  • URL 
  • 2017年07月27日 00時40分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー