fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

小野但馬守政次終焉の地

二宮神社の北東、遠鉄バス上町のバス停から数分行ったところに、小野政次終焉の地の供養塔があります。

IMG_9390 小野政次終焉の地

今年の4月7日の政次の命日に、供養塔の前に「小野政次終焉の地」と書いかれた案内板が設置されました。

IMG_9394 小野政次終焉の地

それまでは、何の説明板もなかったのですが、昨年、二宮神社を参拝した際、このお墓のようなものが気になり、とりあえず写真を撮っておきました。
後になって、政次の終焉の地と知りびっくり!
案内板まで設置されたということで、再度訪ねてきたという次第です。

供養塔
IMG_9392 供養塔

大きな白い石が政次、手前の小さな2つの石が処刑された息子たちのものと伝えられています。

IMG_9403 小野政次終焉の地

石群には、小野家と親交のあったという「中井家」と刻まれた供養塔が多く、政次らの供養塔も、中井家によってつくられたのではないかということです。

IMG_9393 小野政次終焉の地

小野但馬守は今川氏から井伊家の目付け役に任じられ、井伊直虎が領主を務めた後に井伊領を一時的に治めたとされています。

徳川家康が井伊谷に侵攻した際、捕らえられ4月7日、井伊谷川蟹淵にて処刑。首を刎ねられた後、胴と首をつなげて獄門磔にされたといいます。法名 南江玄策沙弥。

さらに5月7日、政次の子2人も処刑されました。子どもの法名は、兄が幼泡童子、弟が幼手童子で、但馬のものとともに南渓和尚がつけたといいます。

ドラマでは、高橋一生さん演じる但馬守は、井伊家のことを第一に考え、こどもの頃から直虎だけを愛する人として描かれていますが、本当のところはどうだったのでしょうね。

最近では「奸臣説」に対する疑問があり、

『井伊家伝記』では井伊谷を横領した「悪役」として描かれる道好であるが、夏目琢史は著書で『井伊家伝記』が書かれた江戸時代、徳川氏が絶対的で批判のできない存在となっており、小野氏を悪役に仕立てることで徳川氏・井伊谷三人衆・井伊氏の大義名分を確保した可能性や、当時の井伊氏家臣団の間に深刻な内部対立があった影響である説を指摘した。また井伊家が「横領」のために結果として徳川とも今川とも対峙することなく身の安全を確保できたことは都合が良すぎ、浜名氏が家康の遠江侵攻に際し、側近の大矢氏に後を任せて逃亡したのと同じようなことが起きていたのではないかと推察した。

大石泰史は通説とされてきた道好の「専横」を疑問視しており、根拠として、『井伊家伝記』では永禄11年12月の武田信玄による駿河侵攻以後に横領が始まったとされるが、それを止めた井伊谷三人衆による徳川の引込はほぼ同時期でありそのような行動を取る時間的余裕がないこと、さらに家康入国のわずか1か月前である同年11月9日に直虎が井伊谷徳政の文書を発給し井伊家の当主代行者として政務を取り行っているため、この時点で道好が勝手なふるまいはできなかったはずだとしている。
(Wikipediaより)


もしも政次が、奸臣でなかったとしたら、このような石でしかお墓がつくられなかったのはお気の毒なことです。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ


スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

小野但馬守政次終焉の地!
やっぱりご縁があったのでしょうね!
大河ドラマでは直虎との丁々発止の場面が面白かったです!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017.08/22 06:10分 
  • [Edit]

NoTitle 

おはようございます。
このよにして残されているところは、
しぜんと歴史のその重みとか、
また尊さとかを感じみてしまいます。
いつも勉強になることばかりです。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2017.08/22 09:29分 
  • [Edit]

NoTitle 

戦国時代
殿様や武士は負ければ処刑
しかも家族共々・・・
一般庶民とはケジメの付け方が
全く違ってましたね。
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2017.08/22 10:52分 
  • [Edit]

NoTitle 

最後が最後だっただけに、お墓もこのようなのに
なってしまったのですねぇ。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2017.08/22 22:54分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
終焉の地ですか。
確かに厳しい時代だったのでしょうね。
生き残ることが物凄く難しかった時代でしょう。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2017.08/22 23:24分 
  • [Edit]

皆さんへ 

こんばんは!

小野政次の墓は、龍潭寺にはありませんが、小野歴代の墓はある。井伊家の伝記を読むだけでは計り知れないこともあるかも・・・という説が浮上するのもわかるような気がします。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2017.08/23 00:56分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
13位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析