FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

本能寺の変

天正10年(1582年)5月29日、織田信長は備中高松城包囲中の羽柴秀吉を救援するため、小姓を中心とする僅かのお供を連れて安土城を発ち、京都の本能寺に入ります。

その頃、信長の嫡男・織田信忠は5月21日にすでに京都の妙覚寺に入っていました。

IMG_5711 妙覚寺

IMG_5713 妙覚寺

京都に城を持たない信長は、かつては妙覚寺を寄宿先としていましたが、1580年以降はかつての宿所であった本能寺を寄宿先に戻し、代わりに信忠が妙覚寺を寄宿先として使用するようになっていました。
当時の本能寺は、単なる寺ではなく、防御面にも優れた城塞としての改造を施されていたといいます。

6月1日、信長は本能寺別院に京都の公家たちを招いて、安土から秘蔵の名物茶器を持ち込んで披露するという盛大な茶会を開催。

同日、1万3000人の手勢を率いて丹波亀山城を出陣、京に向かった明智光秀は、翌2日未明、桂川を渡ったところで、「自軍に本能寺と妙覚寺への攻撃命令を下したといいます。

しかし、これには諸説あり、雑兵は信長討伐という目的を最後まで知らされず、信長の命で徳川家康を討つのだと思っていたのだとも。

光秀軍は明智秀満隊と斎藤利三隊の二手に分かれ、明智軍が信長が宿泊していた本能寺を急襲して包囲。光秀軍1万3000人に対し、わずかな近習とともに奮戦した信長は、やがて脱出は不可能と悟り、屋敷に火を放ち自害。
しかし、信長の死体は発見されませんでした。

嫡男・信忠は、信長自害の知らせを受け、光秀を迎え撃つために二条御所に移動し、善戦しましたが、やがて追い詰められ自害。二条御所の縁の板を剥がさせて自らの遺骸を隠すように家臣に命じ、父同様、その首が明智方に発見されることはなかったといいます。(Wikipedia、日本の100人「織田信長」参照)

室町時代に創建された本能寺は当初、京都の高辻通りにありましたが、移転を重ねた末に、天文11年(1542)四条西洞院に第4次の伽藍が建立されました。
しかし本能寺の変で焼失し、天正17年(1589)現在の場所に移されました。

IMG_2771 本能寺

本能寺の「能」の字は「䏻」という俗字になっているのは、本能寺が度重なって焼き討ちに遭っているため、「『ヒ』(火)が『去』る」という意味で字形を変えているといわれています。

IMG_2770 本能寺

IMG_3841.jpg

本堂
IMG_2760 本能寺

IMG_2761 本能寺

信長公廟
IMG_3845 信長公廟

IMG_2739 信長公廟

IMG_3847.jpg

IMG_3849 記念碑

本能寺の変戦死没之諸霊塔
IMG_3850 本能寺

森蘭丸の名前も見えます。

火伏せのイチョウ
IMG_2735 銀杏

本能寺が四条西洞院にあったころからあり、本能寺の変の後に現在地に移植されたとされと伝わります。

天明8年(1788)の天明の大火の際、このイチョウから水が噴き出して、イチョウの木の下に避難していた人々が助かったと言われています。

また、慶長19年(1614年)蛤御門の変の際も同じことが起こり、イチョウの西隣にある塔頭「龍雲院」の門と建物の一部は延焼を免れたといいます。

龍雲院
IMG_2757 龍雲院

以来、火伏せのイチョウと呼ばれるようになり、2004年には京都市の保護樹にも指定されています。


大寶殿宝物館
IMG_2763 本能寺

大寶殿宝物館では、「御本尊御曼荼羅」をはじめとする宗教的遺物や檀信徒の豪商・茶屋家寄進の「大明万暦年製景徳鎮窯大瓶」、狩野直信による「六曲一双 唐人物図扇面貼交屏風」、「建盞天目茶碗」など織田信長所蔵の茶道具類や書状、信長に危険を知らせたという唐銅香炉「三足の蛙」などの名品が展示されています。

IMG_2764 本能寺

IMG_2765 本能寺

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

海老蔵さま~信長役にぴったしですね!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2017.12/10 04:32分 
  • [Edit]

NoTitle 

戦災で移築を繰り返した本能寺は織田信長公の現在の廟所として在り、大寶殿宝物館には見事な遺品の多くが展示されていますね!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2017.12/10 07:24分 
  • [Edit]

NoTitle 

権力闘争
生きるか死ぬか
当時は本当に真剣勝負だっただろう
今ではこんな事は
闇の裏社会でしか
起きないんだろうな。
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2017.12/10 08:14分 
  • [Edit]

NoTitle 

おはようございます。
これぞまさしく本能寺。
当時を思い浮かべるとそれはもの凄い。
ほんとうにあったのかと思ってしまいます。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2017.12/10 09:52分 
  • [Edit]

NoTitle 

歴史では「たら」「れば」というのを
よく考えてしまいますが
「信長が生きていたら」
「本能寺の変が無ければ」というのは
誰もが考えることではないでしょうか。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2017.12/10 12:51分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
本能寺でしたか。
ミステリーですよね。
何しろ実際はどうなっているか?
ヒが去るとは面白い。
びっくりです。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2017.12/10 22:11分 
  • [Edit]

NoTitle 

この時の状況やらいろんな説がありますが、
その時の天下人がやられるという状況は
すごかったでしょうねぇ。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2017.12/10 22:31分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日は「本能寺が変」でした。

どんな風変わりな本能寺の変かと思ったら・・・
信長側よりも徳川勢にスポットを当てたシナリオ
なかなか面白かったです。
信長の運んできたお膳に緊張する面々。
食べた心地がしませんよね~(^^ゞ
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2017.12/10 22:49分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
7位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析