FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

月照上人・信海上人遺蹟と西郷隆盛の歌碑

清水寺の境内に、3つの石碑が並んでいます。

清水寺 1

IMG_4228 清水寺

右から西郷隆盛の歌碑、月照上人、月照の弟・信海上人の歌碑です。

月照の死後、弟の信海上人も成就院の住職を継ぎましたが、青蓮院宮のための攘夷祈願をしたことで捕縛され、江戸で獄死しました(享年39)。

西郷隆盛は、のちに弔意の漢詩を詠みました。

西郷隆盛
IMG_4229 西郷

相約して淵に投ず、後先無し。豈図(あにはか)らんや波上再生の縁。頭を回らせば十有余年の夢。空しく幽明を隔てて墓前に哭(こく)す。


月照
IMG_4230 月照

大君の為には 何か惜しからむ薩摩の迫門に 身は沈むとも


信海
IMG_4231 信海

西の海 東の空と かはれども 心は同じ 君の世のため


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ


スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

今は平和ボケで呑気な時代ですが
幕末以前の江戸時代も太平の世で
平和ボケしてたけれど
戦乱の世に変わると
一気に思想が変わり
多くの人物が名前を残すくらい
しっかりと今を生きる行為に出るので
今の日本はこれで良いのか?と
テレビで時々やってるけど
時が来れば全てがひっくり返ると
歴史が証明しtっるのに
なぜ不安になるのか私には理解に苦しむテレビ番組が
嫌だなと感じます。
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2018.05/06 06:39分 
  • [Edit]

NoTitle 

清水寺の歌被碑!右から西郷隆盛の歌碑、月照上人、月照の弟・信海上人の歌碑が有るとは知らなかったです!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2018.05/06 09:34分 
  • [Edit]

NoTitle 

清水寺には何度も行っているのに
こちらの碑にはさほど興味もなく
いつも素通りしていました。

もっと勉強しないとダメですね。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2018.05/06 12:32分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
清水さんには数え切れないほど、
立ち寄っておりましたが、
目的が違ったりしてこのようにして、
紹介されると驚きやらうれしいやらです。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2018.05/06 13:13分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
清水寺の歌碑ですか。
私も何度か行ってますが。
こう言うものがあるとは知らなかったですよ。
ただの観光客でしたからね。(笑)
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2018.05/06 20:59分 
  • [Edit]

NoTitle 

清水寺にこの歌碑があるのは知らなかったです。
今度行ったら見てみます。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2018.05/06 22:35分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
ついにG.W最後の日が終わろうとしています。
随分のんびりしてしまったので、明日から通常に戻れるか不安です。

この清水寺の歌碑、普通の観光コースでは通らないところなので、気づかない方の方が多いかと思います。

ドラマの最後、西郷どんと月照さんが抱き合って入水するシーン、史実に基づいていましたね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2018.05/07 00:40分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析