FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

舌切茶屋と忠僕茶屋

清水寺には舌切茶屋忠僕茶屋いう茶屋があります。

当時、清水寺の執事であった近藤正慎は、月照の薩摩逃避を手助けした理由で、幕府に捕らえられ、行方を聞かれましたが自ら舌を噛み切って黙秘を貫きました。

後に近藤正慎の妻子が出店を許され、「舌切茶屋」と名付け、以来、そのご子孫が茶屋を営んでいます。
あの俳優の近藤正臣さんは、その直系の子孫に当たるそうです。

舌切茶屋
20090108_560957.jpg

近藤 正慎(こんどう しょうしん、文化13年(1816年)2月 - 安政5年10月23日(1858年11月28日))は、江戸時代末期(幕末)の尊王攘夷運動家。清水寺寺侍。本姓は栗山、名は義重、通称は仲。
丹波国桑田郡亀山藩山本村中条(後の京都府南桑田郡篠村山本中条、現在の亀岡市篠町山本中条)生まれ。京都清水寺成就院で出家。兄弟僧であった月照を支援し尊攘運動に身を投ずる。
安政の大獄に連座して捕縛され、六角獄舎において、月照の行方について拷問を交えて問われるが全く白状せず、獄中で舌を噛み切って壁に頭を打ちつけて自害した。明治維新後従五位に列せられた。
孫に陶磁器の人間国宝である近藤悠三、曾孫に俳優の近藤正臣がいる。子孫は代々、清水寺境内で休憩所「舌切茶屋」を営む。(Wikipediaより)

月照上人・信海上人遺蹟のそばにある近藤正慎の碑
IMG_4233 近藤正慎

一方、西郷と入水した月照に最後まで付き添った従僕・大槻重助も捕らえられましたが、のちに釈放となり、西郷と清水寺の援助で店を出すことが許され、「忠僕茶屋」と名付けました。

忠僕茶屋
IMG_4265 忠僕茶屋

忠僕重助碑
IMG_4234 忠僕

月照らの 「遺蹟(いせき)」 に向かって左側にあるのが、 丹波国何鹿郡綾部村字高津(京都府綾部市高津)出身の大槻重助の顕彰碑。 重助が明治26年 (1893) に亡くなったあと、 同32年に建立された碑の正面には、 「忠僕重助碑」 と文字が刻まれている。 この碑文の揮毫(きごう)は西郷隆盛の弟で、 明治政府の海軍相や元帥、 元老も務めた西郷従道。
碑の背面には、 「大槻重助丹波国何鹿郡綾部村字高津人」 (大槻重助は丹波国何鹿郡綾部村字高津の人なり) から始まる文が一面に入っている。 そこには、 「忠」 を持って月照のために尽くした重助の経歴や功績などが記されている。
 この文をまとめたのは、 明治維新後に政府重臣となり、 枢密顧問官も務めた海江田信義 (旧名・有村俊斉)。 薩摩藩出身の海江田は、 以前から親交のあった月照が 「安政の大獄」 の難を避けるために京都を出る際、 西郷隆盛らとともに無事に逃げ切れるように月照の護衛にもかかわった。 (あやべ市民新聞より抜粋)

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ


スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

舌切り雀は、関係ないの?!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2018.05/10 04:27分 
  • [Edit]

NoTitle 

舌切茶屋(執事であった近藤正慎は、月照を支援し、舌を噛み切って死す。)と忠僕茶屋(月照に従って鹿児島に行った綾部市高津町出身の大槻重助。)両名の子孫に許された茶屋と顕彰碑が有るのですね!

  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2018.05/10 06:30分 
  • [Edit]

NoTitle 

現在の死刑執行を待つ方が入れられてる
独居房は自殺できない様に工夫された作りになってますが
自分で舌を噛み切って頭を壁にぶつけて
自殺されたら看守も対応に困る上
今後の独居房のあり方にも大きく左右する
重大な事件でしょう。
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2018.05/10 08:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
今いま花の館から帰ってきました。
それにしてもこの様なところがあるとは、
まったくど素人でわからないところで、
舌切茶屋があるとは驚きです。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2018.05/10 13:14分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
舌切茶屋ですか。
びっくりですよ。
その謂れが凄いな。
もし京都に行く機会があったら行ってみたい。
近藤正臣さんはたまにTVで見るけど老けましたね。(笑)
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2018.05/10 19:01分 
  • [Edit]

NoTitle 

近藤正臣さんの関西弁は
優しく柔らかいですよねぇ。

佐々木蔵之介さんが
その系譜を受け継いでくれるかな。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2018.05/10 20:36分 
  • [Edit]

NoTitle 

清水寺には、こんな茶屋があったのですね。
気づかずに拝観してました。
以前、特別拝観に招待された時は、とっても良かったですが、それ以来行けてないです。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2018.05/10 23:32分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

清水寺は、修学旅行のコースの定番でもあり、京都の観光旅行といえば必ずと言って良いほどルートに入る人気のお寺でもありますが、意外と知られてところもあるようです。
舌切茶屋のことを知ってから、近藤正臣さんをTVで見る度にこの話が浮かぶようになりました。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2018.05/11 00:48分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析