FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

椿姫観音

浜松城周辺の史跡より、椿姫観音を紹介します。

20070107_250173.jpg

椿姫とは第五代引間城主・お田鶴の方のことを指します。

室町時代、飯尾家第四代の引間城主・飯尾豊前守乗竜公(今川家武将)が今川氏真に殺害された後、妻であるお田鶴の方が引間城主となりました。
女城主として引間城を最後まで死守しようとしましたが、家康との戦いにおいて1568年12月末、侍女18名とともに果てました。
家康の正室・築山御前とは母親同士が義理の姉妹という関係にあります。
城を最後まで死守した女丈夫に感動した家康は、お田鶴の方と侍女18人の遺骸を厚く葬り塚を築き、彼女の死を哀れに思った築山御前は、討ち死にした場所に百余株の椿植えました。すると数日後に椿が微笑むようにぱっと咲きほころんだと伝えられています。
(家康の散歩道パンフレット参照)

20070107_250174.jpg

20070107_250176.jpg

20070107_250177.jpg

20070107_250178.jpg

20070107_250179.jpg

F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。









スポンサーサイト



Comment

 

女城主と言うのも珍しいですね。
  • posted by ラメール 
  • URL 
  • 2011.01/31 13:16分 
  • [Edit]

 

ラメールさん、コメントありがとうございます。

家康に攻められ、降伏を迫られると、純白の鉢巻き姿で長刀を持って
18人の侍女と共に立ち向かい、悲壮な討死をしたそうです。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2011.01/31 16:20分 
  • [Edit]

 

しずか様 こんばんは。
不勉強で、この女性の方は存じませんでした。お気の毒な最期でしたね。築山殿もそうですが、双方とも戦国悲劇の女性といえますね。女だてらに戦ったなんて、すごい!
  • posted by A☆六文銭 
  • URL 
  • 2011.01/31 20:12分 
  • [Edit]

 

女城主とは珍しいですが、男の家臣はいなかったのですか?
まさに「女の城」だったのですね。
  • posted by merry 
  • URL 
  • 2011.01/31 21:55分 
  • [Edit]

 

六文銭さま、こんばんは!

コメントありがとうございます。
たぶん、正式な城主ということではなく
夫の死後、城を守っていたということ
だと思いますが、女性でありながら、
城を必死に守りぬこうとした勇気に
拍手をおくりりたいですね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2011.01/31 23:35分 
  • [Edit]

 

merryさん、コメントありがとうございます。

男の家臣・・・どうなのでしょう?
家康が攻めてくると聞いて、
みな逃げてしまったのですしょうかね~(笑)
女性の方がいさとなると強いのですよ!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2011.01/31 23:37分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
17位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析