FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

西南戦争 西郷隆盛終焉の地


西郷隆盛洞窟から徒歩約10分、カゴシマシティビュー「薩摩義士碑前」バス停から徒歩5分ほどの鹿児島市城山町に、

西郷隆盛終焉の地があります。

IMG_9087 西郷隆盛終焉の地

IMG_9098 西郷隆盛終焉の地

明治10(1877)年9月24日未明、城山を包囲した政府軍は一斉に砲撃を開始。
薩軍は、城山を駆け下り、最後の抵抗をします。

しかし、西郷隆盛は洞窟を出て300mほどくだったところで、腰と太ももに銃弾を受けました。

別府晋介に「晋どん、晋どん、もう、ここらでよか」と介錯を頼み、襟を正し、跪座し遙かに東に向かって拝礼。

別府は「ごめんなったもんし(お許しください)」と叫び、西郷の首を刎ねました。
享年51(満49歳没)。

西郷の首はとられるのを恐れ、折田正助邸門前に埋められました。残った兵士は、西郷の死を見届けると、岩崎口に進撃を続け、私学校の一角にあった塁に籠もって戦ったのち、自刃、刺し違え、あるいは戦死しました。

IMG_9086 西郷隆盛終焉の地

ここに『南洲翁終焉之地』と書かれた石碑があります。

IMG_9084 西郷隆盛終焉の地

南洲祠堂常設委員長であった山本徳次郎氏は、この記念碑及び敷地を公園付属地として鹿児島市に寄付しました。
記念碑の碑文には、
「丁丑之役交戦数か月、薩軍日州長井村の重囲を破り、連戦数回鹿児島に帰り城山に拠る。時に9月1日、官軍従ってこれを囲む。これよりのち、激戦虚日なし。同24日の未明、官軍衆を悉くして迫る。翁すでに決するところあり。諸士を卒いて城山を下る。弾丸雨下半ば途に殪る。翁ついに岩崎谷口の砲塁を擁して自刃す。年51歳。桐野利秋、村田新八、桂久武、池上貞固、別府景長、辺見十郎太、その他悉くこれに倣う。今この碑の立つ所、これ、その終焉の地なり。いずくんぞこの旧跡をして煙滅せしむるに忍びんや。ここにおいて、有志相謀り石碑を建てもって永く記念となす。明治32年9月、これを建てる。」とあり、西郷隆盛終焉の概要を知ることができます。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

最近最終回ばっかりですね!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2018.12/17 04:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

最終回を見て戦争は怖くて嫌だなと
改めて感じた。
死が美学みたいと最後まで戦うんだな。
応援!

NoTitle 

懐かしくも見事な西南戦争での「西郷隆盛終焉の地碑」です!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2018.12/17 09:05分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
大河も今年の西郷どんも、
とうとうおわっちゃいました。
なんか来年のは聞いた限りイマイチで、
楽しみも今から無さそうで残念です。
終焉の地になんか寂しくなります。☆☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2018.12/17 14:45分 
  • [Edit]

自転車親父 

こんばんは。
終焉の地なのですね。
どうだったのでしょうね。
やはり無念だったのかな。
小説やドラマとは違う気持ちだったのではないのだろうか?
今は知ることもできませんけどね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2018.12/17 18:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

昨日の最終回は
涙無しには見ることが
出来ませんでしたねぇ。

一度は大久保側からの視点で
ドラマを作ってほしいなぁ。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2018.12/17 21:49分 
  • [Edit]

NoTitle 

死を覚悟しての戦い、でもまだ若かったのですねぇ。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2018.12/17 22:39分 
  • [Edit]

皆様へ 

終焉の地と聞くと、ひっそりしたイメージが湧くかもしれませんが、私が行ったときは、ひっきりなしに観光客が来ていました。ここまでタクシーで乗り付けてお参りしている人の姿もありましたよ。
今の時代、新しい時代と引き替えに、自分の命を終わらるという考えは理解されないでしょうね。
ドラマは終わりましたが、鹿児島の記事のストックがまだまだありますので、お付き合いください。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2018.12/17 23:24分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
19位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析