FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

鹿児島の旅(55) 村田新八誕生地碑

鹿児島中央高校前に、村田新八誕生地の碑があります。

IMG_8698 村田新八

IMG_8698 村田新八誕生之地

加治屋町山之口馬場(高見馬場方限)で高橋八郎の第三子として生まれ、幼にして村田十蔵(経典)の養子となりました。
年少より西郷隆盛に兄事。
文久2(1862)年,島津久光の上洛の際、西郷と共に先発しましたが,過激派を扇動したと久光の怒りを買い、西郷は徳之島へ、新八は鬼界が島に流されました。
元治元年(1864年)、赦免された西郷は途中、喜界島へ寄って村田を鹿児島へ連れ帰りました。
慶応2年(1866年)1月4日、黒田清隆が薩長同盟のために長州藩士の木戸孝允らを伴って上京したとき、西郷に従い伏見に出迎えました。
同年7月、黒田らと山口に赴いた村田は、長州藩主・毛利敬親に謁し、黒田と別れた後、伊藤博文らとともに長崎を出航して上海を訪問し、帰国後に帰藩。
慶応3年(1867年)、薩土盟約の事情を記した西郷の書簡を持って山口を訪れ、帰りに品川弥二郎・世良修蔵を伴って上京。
同年10月、西郷の王政復古論で藩論が統一すると、村田は中岡慎太郎らと大村藩・平戸藩などを遊説し、馬関で坂本龍馬・伊藤博文らと会し、毛利公に謁見したのちに上京。12月4日、黒田清隆・山田顕義と同行して京都より西宮に至り、王政復古の発令が近いことを長州藩兵に告げました。

戊辰戦争開始時は遊撃二番小隊の監軍であり、鳥羽・伏見の戦いでは、御台所御門の警備を担当。

江戸へのぼった西郷が勝海舟と江戸開城交渉のための会談をしてる間、村田は小隊を率いて、西郷に随従するとともに、会談を護衛。

上野戦争の後は二番小隊を率いて東山道軍の応援に赴き、5月26日の白河奪還戦、二本松戦を経て、会津若松城攻囲戦に参加しました。

Shinpachi_Murata.jpg

明治4(1871)年、宮内大丞、次いで岩倉遣外使節団の理事官随行員となり米欧を巡遊。
明治7年(1874年)に欧米視察から帰国し、西郷隆盛が下野して帰郷したのを聞くと、辞職して鹿児島へ戻りました。
村田さえいればと考えていた大久保利通は、村田の帰郷を聞いて、茫然としたと伝えられています。
帰郷した村田は桐野利秋・篠原国幹らと私学校を創立して、砲隊学校・章典学校の監督とに。

西南戦争では薩摩軍2番大隊長として奮戦、西郷の城山での自決を見届けた後、新政府軍に突撃し、戦死しました。
(Wikipedia、コトバンクより)

IMG_8697 村田新八

逸話では、西南戦争では、シルクハットにフロックコートという格好で戦っていたようであるとありますが、そんな格好で戦ができたのだろうかと疑問になりますが(^^ゞ

こうして新八の生涯を振り返ると、幼い頃から西郷に尽くし、西郷のために生き、西郷とともに死んで入った男といえるでしょう。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

新八知りません>_<
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2018.11/27 04:02分 
  • [Edit]

NoTitle 

鹿児島中央高校前の村田新八誕生地の碑!
西郷隆盛は徳之島へ、村田新八は鬼が島に流されたが、その後、許され大活躍しますね!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2018.11/27 06:26分 
  • [Edit]

NoTitle 

200年近く平和ボケしてた日本も
時が来たら強くなり
戦争をしちゃう。
今の時代も平和ボケだけど
戦争になびいたら一瞬で戦争ムード一色だろうな。
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2018.11/27 07:13分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
たいへん遅くなりました。
天気につられて紅葉狩りでした。
これからゆっくり記事を拝見します。
とりあえず応援ポチだけ☆。
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2018.11/27 17:52分 
  • [Edit]

NoTitle 

先日、鹿児島出身で大阪在住の方と
飲み会で話す機会があったのですが
(かなり年配の女性の方です)
やはり生まれ故郷では西郷の人気は圧倒的で
大久保に対しては批判の声が強いようです。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2018.11/27 20:43分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
オシャレな格好で戦争ですか。
どうでしょうか。
戦場に出ないのなら可能かな。(笑)
裏から指示を出すだけかも。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2018.11/27 21:46分 
  • [Edit]

NoTitle 

これほどとは知りませんでしたが、
西郷さんにずっとついていたのですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2018.11/27 22:54分 
  • [Edit]

皆様へ 

やはり西郷どんは、皆に慕われた人だったというが
よくわかりますね。
前回も政府を辞めてまでも西郷どんについてきた人たちのことが描かれていましたが、それだけ西郷どんは、人を惹き付ける魅力があったのでしょう。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2018.11/28 01:51分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
26位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析