FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

萩の乱(2)

前原一誠による萩の乱の責任を取る形で自害した吉田松陰の叔父である玉木文之進は、文化7年(1810年)9月24日、長州藩士・杉常徳(七兵衛)の3男として萩で誕生しました。

文政3年(1820年)6月、家格では杉家より上にあたる玉木正路(十右衛門)の養子となって家督を継ぎます。
天保13年(1842年)に松下村塾を開き、杉梅太郎、吉田松陰兄弟を厳しく指導しました。
また親戚の乃木希典も文之進が教えています。

天保14年(1843年)に大組証人役として出仕。

安政3年(1856年)には吉田代官に任じられ、以後は各地の代官職を歴任。

安政6年(1859年)に郡奉行に栄進しますが、万延元年(1860年)11月、生前の松陰の監督不行届として代官職を剥奪されます。

文久2年(1862年)に郡用方として復帰し、その後、奥番頭に進みました。

明治2年(1869年)には政界から退隠し、再び松下村塾を再開。
その間、嫡子の玉木彦助は奇兵隊に入隊し、慶応元年(1865)1月、藩内の乱で落命しています。

明治9年(1876年)、前原一誠による萩の乱に養子の玉木正誼(乃木希典の弟)や門弟の多くが参加したため、その責任を取る形で、11月6日に先祖の墓の前で、「自己の教育責任を、一死以ってこれを償ふ」と言い自害しました。享年67。

その際、杉家の長女・千代(松陰の妹、美和の姉)が介錯を務めました。

その後は正誼の子、正之が相続しました。

文之進の墓は、松陰誕生地に隣接している団子岩の墓所にあります。

IMG_0969 玉木

IMG_0968 玉木

そして、嫡子・彦助の墓も

IMG_0971 彦介

IMG_0970 彦介

また、この墓所から近いところに、文之進の旧宅が保存されており、見学ができます。

IMG_0947 玉木

建物は木造茅葺き平屋建てで、8畳の座敷のほか4畳の畳部屋・3畳半の玄関、4畳半の板間と土間の台所があり、別に湯殿・便所があります。

IMG_0948 玉木

IMG_0949 玉木

IMG_0950 玉木

IMG_0951 玉木

IMG_0952 玉木


しかし、女性が介錯ってびっくりですね(*_*)

しかも、千代は、文之進の頑固な性格を知っての上か、自害することを止めず、(むしろ責任を取って自害することを勧めたとも)先祖の墓所まで付き添っていったといいます。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

前原一誠による萩の乱の責任を取る形で自害した吉田松陰の叔父である玉木文之進の旧宅は松下村塾の発祥地であり、墓地もすぐ近くにあるんですね!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2018.12/08 07:42分 
  • [Edit]

NoTitle 

近代日本を目指してた時代
自害も相次いだ出るね。
処刑や自害して残された家族への賠償は誰が払って
家族の苦情や生活はどこが保証したんだろう?
そこが詳しく知りたいな〜
応援!

NoTitle 

おはようございます。
ほんとうに12月らしい寒さに。
いま病院にいき少し散歩もついでにしてきました。
ぜひ体長のほうごあんじください。
萩の乱のこれもまた跡地というものでしょうから、
訪ねてみたくなるところでしょう。☆☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2018.12/08 11:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

萩の町を訪ねたのは
もう37年前のことになるでしょうか。

もう一度カメラを持って
ゆっくり旅したいですね。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2018.12/08 15:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

ほんと、女性が介錯をするなんて
びっくりで、すごいですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2018.12/08 22:23分 
  • [Edit]

皆様へ 

急に寒くなりましたね。
今日は静岡県西部地方の中でも浜松は特に気温が低かったようです。風が強くて気温以上に寒く感じました。

「花燃ゆ」の年に取材した萩の記事ですが、西南戦争に発展した各地の士族の反乱が周りにどのような影響を及ぼしたかということを伝えたかったので、再アップしました。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2018.12/08 22:39分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
萩って行ってみたい場所です。
面白い墓石ですね。
そして女性の介錯ってすごすぎますね。
びっくりです。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2018.12/08 23:25分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
17位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析