大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

白峯神宮

京都市上京区今出川通にある白峯神宮のご祭神は、崇徳天皇と淳仁天皇。

img_4119_c.jpg

img_4103_c.jpg

img_4111.jpg

崇徳天皇は、鳥羽天皇の皇子としてご生誕、保安4年に第75代の天皇に即位されましたが、保元の乱により、讃岐に配流され、長寛2年に45歳で崩御、白峰山陵に奉葬されました。
讃岐に配流されてからは、髪も剃らず、爪も切らずに日本国の大魔縁になって朝廷を呪い続けたと伝えられています。
崩御されてから大火事や不穏な事件が頻繁に起きたため、崇徳天皇の祟りと恐れられ、明治天皇が崇徳天皇の霊を鎮めるために、白峯神宮を創建しました。

IMG_4118.jpg

 御由緒
 
 明治天皇御即位の年(明治元年)御父孝明天皇の思召を以て崇徳天皇、 次いで明治六年に淳仁天皇の御遺訓と御聖徳を崇められ、当神宮を創建された。
人倫の根源に鑑み崇徳天皇は敬神崇祖の大範、夫婦の正道を正され自ら和歌を良くし武道を奨励され、 淳仁天皇は官制を改革して租税を軽減し各国に倉を建設して、 米穀を貯蔵し窮民を賑恤され修身斎家の御遺訓を垂示されたのであります。
 尚お社としては、元官幣大社で而も神宮に列せられる最高至貴の御社格であります。(白峯神宮案内板より)

img_4102.jpg

白峯神宮

当神宮は、崇徳天皇及び淳仁天皇を祀る。
明治天皇は父孝明天皇の意思を継ぎ、 保元の乱により讃岐国(香川県)に配流になった崇徳天皇の慰霊のため明治元年(1868年 )に讃岐の白峰陵より神霊を迎えて当神宮を創建した。
次いで明治六年(1873年)には奈良時代に僧道鏡と恵美押勝の争いにより、 淡路島に配流された淳仁天皇の神霊を迎えて合祀した。
例祭は四月十四日(淳人天皇祭)・九月二十一日(崇徳天皇祭)で蹴鞠や薪能が奉納される。
この地は蹴鞠・和歌の宗家・飛鳥井家の邸跡で同家の守護神「まりの精大明神」が祀られ、 球技愛好者に崇敬されている。ほかに「伴緒社」「潜龍社」などの境内社があり「おが玉の木」 は京都市の天然記念物に指定されている                             (案内板より)


F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

崇徳と淳仁とはまた気の毒なふたりの天皇を祀っているのですね。
時代の波に翻弄されたかわいそうな天皇だと思います。
  • YUMI 
  • URL 
  • 2012年05月29日 06時58分 
  • [編集]
  • [返信]

YUMIさんへ 

今回の大河でも、崇徳帝はいかにも幸薄いという雰囲気で役者さんが演じられていますよね。
次回はついに讃岐に流されていまうところでしょうか?
  • しずか 
  • URL 
  • 2012年05月29日 10時32分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー