FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

土佐の旅(106)桂浜編 吉井勇の歌碑

龍馬の像に向かう途中、ここで吉井勇の歌碑を発見!

IMG_0882 吉井勇

大土佐の海を見んとてうつらうつら桂の浜に我は来にけり


IMG_0881 吉井勇

 吉井勇は歌集『人間経』の詞◇ ( 判別不能 ) に「昭和 6年 5月、われははじめて土佐の国に遊びぬ。
海は荒かりしかども空あかるく、風光の美そぞろにわが心を惹くものありき」と記している。碑の歌はこの旅を詠んだ「土佐百首」の一つ。
 吉井勇 ( 1886 ~ 1960 ) は歌人・劇作家。東京生まれ。祖父は薩摩藩士・伯爵。勇は初期の歌集『酒ほがひ』『東京紅燈 ( こうとう )集』などで青春の哀歓を歌い、独特な頽唐歌風を樹立したが、後年、「流離のおもひに骨の瘦せける」旅を繰り返すようになり、歌声もまた変わった。昭和 8年、勇は思い屈して妻と離別し、爵位も返上した。翌年、流人のように土佐に入った勇は猪野々 ( いのの ( 香北町 )) に廬 ( いおり ( 渓鬼荘 ) を結んで隠棲した。『人間経』や『天彦 ( あまひこ )』の侘び住みの歌には落莫たる孤愁が漂っている。昭和 12年、勇は孝子夫人を迎えて高知市に移り、翌年京都に去った。吉井勇にとって土佐は酒の国でもあったが、更生の地でもあった。
 吉井勇の歌碑は高知県下に八箇所ある。

吉井勇といえば

京都の祇園・白川沿いの

かにかくに 祇園はこひし寝るときも 枕のしたを水のながるる

の歌碑を真っ先に思い出しますが、祖父が薩摩藩士・吉井友実だったとは知りませんでした。


吉井勇
よしいいさむ
(1886―1960)

Yoshii_Isamu.jpg

歌人、劇作家、小説家。明治19年10月8日、東京市芝区高輪(たかなわ)町に生まれる。早稲田(わせだ)大学中退。祖父友実(ともみ)は薩摩(さつま)(鹿児島県)の人で、西郷隆盛(さいごうたかもり)、大久保利通(としみち)らと国事に奔走し、明治になって伯爵を受爵する。勇は15歳で作歌を開始し、20歳で新詩社に入社。雑誌『明星』に投稿するが、22歳のおり、北原白秋、木下杢太郎(もくたろう)、長田幹彦らとともに新詩社を退社。翌1908年(明治41)石井柏亭(はくてい)、森田恒友(つねとも)らと「パンの会」を結成、耽美(たんび)派の拠点となった。またその翌年、森鴎外(おうがい)監修のもとに石川啄木(たくぼく)、平野万里(ばんり)とともに『スバル』を創刊。勇の文学的出発である。第一歌集『酒(さか)ほがひ』(1910)によって文壇的地歩を固める。以後小説、戯曲などを精力的に発表。歌風は、酒と情癡(じょうち)の世界を歌い、耽美頽唐(たいとう)の傾向が強い。そうした文学の隆盛に対して、16年(大正5)「遊蕩(ゆうとう)文学撲滅(ぼくめつ)論」(赤木桁平(こうへい))が発表され、多大の痛手を被った。さらに、33年(昭和8)妻徳子の不行状が指弾されるに至り、社会的地位が問われ爵位を失い、失意のうちに歌行脚(あんぎゃ)を重ね、土佐の猪野野(いのの)に隠棲(いんせい)した。その苦境の所産として歌集『人間経』(1934)、随筆集『わびずみの記』(1936)があり、文学的転機を迎える。その後の歌風は、耽美頽唐は影を潜め、枯淡で人間的な滋味あふれる境地を展開する。
 ほかに、歌集『恋人』(1913)、『仇情(あだなさけ)』(1916)、『祇園双紙(ぎおんそうし)』(1917)、『悪の華(はな)』(1927)、『玄冬』(1944)、『流離抄』(1946)などがあり、小説に『墨水十二夜』(1925~26)、『市井夜講』(1947)などがある。戯曲に『狂芸人』(1914)、『髑髏尼(どくろに)』(1913)、『小しんと焉馬(えんば)』(1920)、『俳諧(はいかい)亭句楽の死』(1914)などがある。48年(昭和23)芸術院会員。昭和35年11月19日没。[水城春房]
 過ぎし日の華奢(くわさ)も夢かとおもふとき艶隠者(やさいんじゃ)めく寂しさの湧(わ)く
『吉井勇全集』全9巻(1977~79・番町書房) ▽木俣修著『吉井勇研究』(1978・番町書房)』(コトバンクより)

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ



スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

全く存じ上げない歌人でした
目的地に向かう途中で
こうして歴史に触れることが出来るのも旅の楽しみですね。
応援!

NoTitle 

こんにちは。
風が強くてうるさくていけません。
まったく雨がほしいのですが降りません。
早いこと通り過ぎていただきたいものです。
吉井さんってすごい方でしたでしょう。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2019.08/15 13:36分 
  • [Edit]

NoTitle 

才能がすごいのですねぇ。
今日は台風の影響で、時おり停電します。
応援ぽち2。
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2019.08/15 22:11分 
  • [Edit]

皆様へ 

皆様のところは台風の被害は出ていませんか?
こちらは、今のところ、時折強風と大雨になっていますが
たいしたことはありません。

今回の台風でこの桂浜も大いに影響があったかと思います。
この数日台風情報が気になっています。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2019.08/16 00:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析