FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

土佐の旅(131)高知城下町名今昔「旧 北奉公人町」

上町4丁目の公園の前に「旧 北奉公人町」の案内板があります。

IMG_1301 旧 北奉公人町

IMG_1300 旧 北奉公人町

旧 北奉公人町
江戸時代、足軽や奉公人が多く住んでいたことに由来する町名。もとは内町といわれ、武士も住んでいたが、慶安二年(1649)に、野中兼山により町割が行われ、北奉公人町と改められた。武士が江ノ口川対岸の小高坂村西町などへ移住したため、次第に商人と職人の町となった。

IMG_1300 北奉公人町2


IMG_1302 旧 北奉公人町

江戸時代には、足軽や奉公人が多く住んでいたので名付けられた町名。慶安2(1649)年に野中兼山が町割を行い、内町から北奉公人町と改称。その後、武士がしだいに減り商人と職人の町となった。

①行秀邸跡
左行秀(1813~1887)は有名な刀工で、筑前(福岡県)生まれ。弘化4(1847)年に高知城下に入り、安政3(1856)年に山内家お抱えの刀・鉄砲鍛冶を命じられた。   ※史跡・碑無し

②河野敏鎌誕生地
河野敏鎌(1844~1895)は幕末の志士、政治家。通称は万寿弥。北奉公人町に生まれ、土佐勤王党に参加し、坂本龍馬が脱藩した折、朝倉村まで見送ったといわれる。勤王党の獄で終身刑を受けた。のち、改進党の副総裁となったり、農商務、司法などの大臣を歴任した。 ※碑有り
(龍馬記念館HPより)

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

地元は門前町で深い森に包まれた場所だったので
この様な史跡がほとんど無いので
羨ましい限りです。
応援!

NoTitle 


「 北奉公人町」とはやっぱり昔の名残ですね!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2019.09/13 05:58分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
これもまた残された歴史跡。
興味があって好奇心ある方は、
それはまたたまらないところでしょう。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2019.09/13 09:50分 
  • [Edit]

NoTitle 

地名というのは文化であり
歴史学であり地理学ですね。

京都などは今も昔からの町名を
残しているのは素晴らしいことですよ。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2019.09/13 22:01分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
北奉公人町ですか。
素敵な名前ですね。
そういう町名が残っているのがうれしいですよね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2019.09/13 22:49分 
  • [Edit]

NoTitle 

街の名前も住んでいる人々で
ついていたのですねぇ。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2019.09/13 23:33分 
  • [Edit]

皆様へ 

旧地名を見れば、どんな人たちが昔住んでいたのかがよくわかりますね。
浜松も鍛治町、大工町、肴町などわかりやすい町名が多いですよ。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2019.09/14 00:52分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析