FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

土佐の旅(136)高知城下町名今昔 「旧 浦戸町」

河田小龍生誕地の碑の近くに「旧 浦戸町」の案内板があります。

IMG_0767 浦戸町

浦戸湾の玄関口に位置する浦戸や種崎の場合は、高知城下町の建設に伴い、本水主たちを城下町に移住させて浦戸町、種崎町をつくり、一人当たり十六代の屋敷地を与えている。こうして、藩主の交通上の役割を担わせたり、城下町に必要な物資の海上輸送をさせたりした。(高知市広報「あかるいまち」より)

IMG_0766 浦戸町

七町と呼ばれる古町の一つ。城下町がつくられたとき、吾川郡浦戸村から水主を移住させたことに由来する町名。朝倉町との間の納屋堀新設工事の代償として、他国商品や干魚の専売特権を得て、沿岸には問屋が並ぶ繁華な商人街であった。
坂本龍馬に影響を与えた河田小龍、海援隊士・長岡謙吉はこの町の出身である。

IMG_0766 旧 浦戸町

長岡謙吉邸跡から道路を挟んで向かい側に、米国より帰国したジョン万次郎の取り調べに当たったことで知られる
画人・河田小龍の生誕地の碑があります。

IMG_1104 河田小龍

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

昔、栄えた街も
現代では看板でしか面影を感じない
こっちの水運で栄えた街も今は面影も残ってないので
同じですね。
応援!

NoTitle 

高知城下町の建設に伴い、本水主たちを城下町に移住させて浦戸町、種崎町を
造った諭旨!本当に自転車で3日間高知城下町を取材して変わられたとあ!感嘆!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2019.09/19 05:24分 
  • [Edit]

NoTitle 

おはようございます。
当時栄えたころの面影はない。
それは時代とともに消えてゆく。
それはどこもおんなじでしょうが、
少しでも浦戸の痕跡があれば、
興味がある人はたまらないでしょう。☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2019.09/19 07:02分 
  • [Edit]

NoTitle 

今日は仕事が多忙につき
訪問だけで失礼します。

三連休を楽しみに
もう一日頑張ります。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2019.09/19 21:25分 
  • [Edit]

NoTitle 

海上輸送のための街並みも
整備されていたのですねぇ。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2019.09/19 23:22分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
輸送にかかわる街なのですね。
都市計画で作られる。
やはり城主の才覚が出る仕事なんでしょうね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2019.09/19 23:31分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

こうして各町名の由来を見ていくと、それぞれの町が
役割を持ち、機能していたことがわかります。
旧町名の案内板はなくしてはいけませんね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2019.09/20 00:33分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析