FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

日坂宿を行く(2)高札場

逆川にかかる古宮橋のところに高札場が復元されています。

IMG_6417 高札場

高札場とは、幕府や領主が決めた法度や掟書などを高札と呼ばれる木の札に記して、掲示しておく場所のことで、多くの人の目につくように、村の中心や主要な街道が交錯する交差点といった人通りの多い場所に設置されていました。

IMG_6418 高札場

幕府や藩の定めた法令や禁令を板札に墨書したものを高札、その掲げられた場所を高札場といいます。
 高札場は人々の注目をひきやすい所に設置され、日坂宿では相伝寺観音堂敷地内にあり、下木戸の高札場ともいわれていました。
 高札の内容は日坂宿が幕領であったため公儀御法度(幕府法)が中心で年代によって若干の書き替えがありました。
 ここに掲げられている八枚は「東海道宿村大概帳」の記録に基づき天保年間のものを復元いたしました。
高札場の大きさ「高さ二間、長二間、横七尺」は日坂宿の「御尋二付申上候」書付(天保十四年)によりました。
高札小史
◎正徳元年(1711)日坂宿の高札場設けられる。このときの高札五枚(親子・切支丹・火付・伝馬・毒薬)は幕末まで続いた。
◎慶応四年(明治元年・1868)大政官布告により従来の高札を撤去し新たに五枚(五傍の掲示)を掲げた。
◎明治六年(1873)高札が法令公布の方式として適さないとの見地から撤去された。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ


スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

数百年前の情報伝達方法
今とは大きく違いますね。
応援!

NoTitle 

見事に復元された「下木戸の高札場」です!政令などの報告は此処で見たのですね!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2019.10/08 06:02分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
高札場はそのムカシは、
それはもう大切なところだった。
それが今もこうして復元とはいえ、
残って見られるはよろしいではありませんか。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2019.10/08 10:20分 
  • [Edit]

NoTitle 

思ったよりも文章が長く、小さな文字で書かれていたのですね。
これは文字をきちんと理解していないと、わからないですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2019.10/08 21:59分 
  • [Edit]

NoTitle 

「五箇条の御誓文」の直後に
「五榜の掲示」が張り出されたんですよねぇ。

まだまだ古い因習や考え方が
すぐには無くならなかったんですね。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2019.10/08 22:03分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
いわゆる掲示板ですね。
町内会の掲示板的かな。
それとも裁判所の公示に近いのかも。
裁判所の方が誰も未定なような気がしますが。(笑)
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2019.10/08 23:51分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
19位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析