FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

岩倉具視幽棲旧宅(1)

岩倉具視幽棲旧宅は、京都市左京区岩倉上蔵町の岩倉具視が隠れ住んだ屋敷です。

IMG_5402 岩倉具視幽棲旧宅

公武合体を掲げ、皇女和宮の将軍家降嫁などに尽力した岩倉は、倒幕急進派から弾劾され、官職を辞して剃髪したうえ洛中から追放され、11代前から縁のあったこの地で慶応3年(1867)までの間幽棲しました。

IMG_5404 岩倉具視幽棲旧宅

元治元年(1864)に大工藤吉の居宅(現在の附属屋)を購入し、主屋と繋屋を増築して住居としたのがこの旧宅です。

IMG_5406 岩倉具視幽棲旧宅

大久保利通や中岡慎太郎、坂本龍馬など明治維新の志士たちが訪問して王政復古に向けた密議を行った場所でもあります。

主屋の障子は当時としては珍しいガラス障子で、立派なお手植えの松も庭にありますが、全体としては粗末な家でした。

IMG_1759 岩倉具視幽棲旧宅

岩倉具視幽棲旧宅
ここは、文久二年(一八六二)九月から慶応三年(一八六七)までの五年間、明治維新に功績のあった岩倉具視が幽棲したところである。昭和七年三月、「史跡」に指定された。 具視は、幕末の騒乱に際して公武合体を進め、皇女和宮の将軍家降嫁に尽力したが、倒幕急進派の弾劾を受け、文久二年九月官職を辞し、西賀茂霊源寺で剃髪し、ここに蟄居した。慶応三年には維新運動の中心となって活躍し、のち明治新政府の右大臣となった。 現在、幽棲旧宅、文庫、管理人宅の三つの建物がある。旧宅は西北にあって平屋建茅葺と瓦葺の二棟からなる。茅葺は玄関座敷で約六十平方メートル、瓦葺一棟は居間、勝手等で約七十四平方メートル、具視幽棲時の旧態をしのぶことができる。 旧宅の東側にある文庫には維新志士の遺墨を陳列している。 庭前には具視の遺髪塚とお手植の松がある。

主屋岩倉具視お手植えの松
IMG_5412 岩倉具視幽棲旧宅

岩倉具視遺髪碑
IMG_5419 岩倉具視幽棲旧宅

主屋の東側には、岩倉具視の遺髪を収めた慰霊碑が槇子夫人の碑と共に祀られています。

IMG_5415 岩倉具視幽棲旧宅

IMG_5417 岩倉具視幽棲旧宅

また、その北側には岩倉の子息の具定・具経の碑も建っています。

IMG_5419 岩倉具視幽棲旧宅

遺髪碑に寄り添うアカマツと紅葉
IMG_1805 岩倉具視幽棲旧宅

菊花紋入りの灯篭
IMG_5423 岩倉具視幽棲旧宅

句碑
IMG_1766 岩倉具視幽棲旧宅

大正時代の俳人、丸山海道と丸山佳子による句

手植松 こゝに 岩倉踊 かな
万の蝉 維新文筥(ふばこ)に こゑをたむ




対岳文庫
IMG_5408 岩倉具視幽棲旧宅

岩倉具視遺品類や明治維新関係文書などを展示・収蔵するために昭和3年(1928)に建設された建築家武田五一(京都帝国大学教授)の設計による建物です。

岩倉は比叡山と対峙する岩倉村に住んでいるという意味から、自らの雅号を対岳と称していました。
この文庫の岩倉具視関連資料は、1011点が重要文化財に指定されています。


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

重要文化財に囲まれた
素晴らしいスポット
遠いので行けないですが
京都に行く機会があったら
行ってみたいです。
応援!

NoTitle 

素晴らしい紅葉が見れる岩倉具視幽棲旧宅です!見事な撮影に感嘆!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2019.11/29 07:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
京都行はただの紅葉ではない。
さすが行かれるところが違う。
このように岩倉具視の処だとして、
見せていただくとついドラマのおの人、
鶴瓶を思い出してしまいます。☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2019.11/29 11:05分 
  • [Edit]

NoTitle 

岩倉具視は幕末から維新にかけて
大きな役割を担った人物ですね。

私は今でも岩倉具視の
500円札の印象が強いです。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2019.11/29 20:46分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
明治維新の志士たちが集まりましたか。
夢がありますね。
灯篭が面白いな。
鋳物でしょうか。
明日深谷に行ってきます。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2019.11/29 21:29分 
  • [Edit]

NoTitle 

岩倉具視のことは名前ぐらいしか知らなかったので
ここにおられたんですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2019.11/29 22:22分 
  • [Edit]

皆様へ 

実相院から近いですが、ここに着いたのが既に夕方4時をまわっていたかな。
そのせいか何と見学者は私一人!
貸し切り状態でした(^^;
昨年は多くの人がいて、撮影しずらかったのですが。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2019.11/29 22:35分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
17位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析