FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

大原を訪ねて(24)寂光院 その壱

大原の寂光院は、平清盛の娘・建礼門院徳子が、平家滅亡後に隠棲した所であり、
『平家物語』ゆかりの寺として知られています。

IMG_5325 寂光院

紅葉に彩られる山門
IMG_5333 寂光院

IMG_5321 寂光院

寂光院
天台宗の尼寺で、山号は清香山、寺号は玉泉寺という。推古2年(594)に、聖徳太子が父・用明天皇の菩薩を弔うために建立したと伝えられる。初代住職は、聖徳太子の御乳人であった玉照姫で、その後、代々貴族の姫君らが法燈を伝えてきた。

文治元年(1185)9月、平清盛の息女、高倉天皇の皇后である建礼門院徳子が、壇ノ浦で滅亡した平家一門と子・安徳天皇の菩提を弔うため出家、入寺し、終生をこの寺で過ごした。それ以来、後閑居御所、また、高倉大原宮とも称されている。翌文治2年(1186)、後白河法皇が御幸したことは、平家物語や謡曲で有名な大原御幸として知られている。

旧本堂は、内陣及び柱が飛鳥様式、藤原時代及び平家物語当時の様式、また外陣は桃山様式で、慶長8年(1603)に豊臣秀頼が修理したという歴史的に貴重なものであったが、平成12年(2000)5月9日の火災により全焼し、その姿は永遠に惜しまれるものとなった。ともに焼損した聖徳太子の作と伝えられる旧本尊・六万体地蔵尊は重要文化財の指定が継続されているが、損傷が甚だしいため、収蔵庫に安置されている。現在の本堂及び本尊は平成17年(2005)6月に焼損前のものを基に忠実に復元されたものである。
京都市(駒札より)

本堂
IMG_5339 寂光院

本堂は、片桐且元が奉行として慶長年間(1596年~1615年)に再興されましたが、2000年(平成12年)に放火で焼失し、現在の本堂は2005年(平成17年)6月に再建されました。

その際、焼け残った木組みや部材を入念に調査し、材木を吟味し、5年の歳月をかけて造られたそうです。

雪見燈籠
IMG_5341 寂光院

豊臣秀頼が本堂を再建した際、伏見城から寄進されたものと伝えられ、五三の桐文の透し彫りが施されています。

四方正面の池
IMG_5342 寂光院

本堂の東側にある池は、四方のどこから見ても正面となるようにつくられています。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

池に正面や裏を感じた事が無かったので
正面という概念があったとは
改めてその気持ちで池に出会ったら
眺めてみようと思います。
応援!

NoTitle 

見事な紅葉の平家物語所縁の寂光院ですね!
壇ノ浦で救われた建礼門院徳子の終焉の寺ですね!
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2020.02/20 06:27分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
まさに絵になるときに行かれて、
インスタ映えするところとなりました。
寂光院まえ1度たしか覗いています。
ただこのような風景記憶にはありませんから。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2020.02/20 12:23分 
  • [Edit]

NoTitle 

平家、豊臣家、両家とも天下を取ったが滅亡した

家ですね。

光輝いたが寂れたと、お寺の名前もそれを表しています。
  • posted by ラメール 
  • URL 
  • 2020.02/20 18:48分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
もしかしたらですが。
ここは行ったことがあるかも?
かなり昔なので忘れてます。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2020.02/20 21:34分 
  • [Edit]

NoTitle 

紅葉もとってもきれいなところですね。
秋に行ってみたいです。
池のつくりも素晴らしいですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2020.02/20 21:58分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございましたm(__)m

寂光院の紅葉、大原一と思うほど素晴らしい色づきで↓。
三千院から!少し距離があるので、行こうか迷いましたが
行って正解でした!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2020.02/20 23:03分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析