FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

名古屋城(7)本丸御殿 

本丸御殿は、1615年(慶長20)、尾張藩主の住居かつ藩の政庁として建てられ、城郭では天守閣とともに国宝第一号に指定されました。

honmaru_img03.jpg
(本丸御殿外観の画像:名古屋城公式HPより)

1945年(昭和20)の空襲により焼失しましたが、江戸時代の図面など貴重な史料をもとに復元工事を進められ、2018年(平成30)、往時の姿が蘇りました。

IMG_3593 本丸御殿

本丸御殿は、総面積3,100㎡、13棟の建物、30を超える部屋からなる書院造の建造物です。

IMG_3594 本丸御殿

IMG_3605 本丸御殿

初代尾張藩主・徳川義直が客と対面する際に使用された「表書院」、第三代江戸幕府将軍・徳川家光が宿泊するために造られた「上洛殿」、身内や家臣との私的な対面・宴席に使用された「対面所」、将軍の浴室「湯殿書院」、清須城から移築されたと伝わる「黒木書院」などの書院があります。

IMG_3596 本丸御殿

IMG_3598 本丸御殿

IMG_3473 本丸御殿

名古屋城本丸御殿とは
 
名古屋城本丸御殿は、尾張藩主の住まいとして徳川家康の命により慶長20年(1615)に建てられました。寛永11年(1634)には将軍のお成(なり)御殿として上洛殿(じょうらくでん)が増築され、格式高き御殿として知られていましたが、昭和20年(1945)の空襲で天守閣とともに全焼しました。名古屋市では、平成21年(2009)1月から本丸御殿の復元に着手し、平成25年5月には入口にあたる玄関、謁見の場である表書院などの公開を開始しました。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

茨城県にも大掛かりな城があったらなと
思ってしまいます。
全国の県とは違うので派手な物が未だに少ない県です。
応援!

NoTitle 

城郭では天守閣とともに国宝第一号に指定された名古屋城の見事な御殿ですね!
  • posted by 四方續夫 
  • URL 
  • 2020.03/25 05:31分 
  • [Edit]

NoTitle 

おはようございます。
天守もほんとうならもう無いはず。
それがいまの名古屋城でしたが、
なにしろ木造建築の許可おりず、
いまだこうして見られるということで、
いま一度サクラと一緒に残しておきたいところ。☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2020.03/25 07:17分 
  • [Edit]

NoTitle 

昨年、実際に見ましたがすごかったです。
ちょうどからくりのをしてました。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2020.03/25 22:23分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
本丸御殿ですか。
近年復元されたのですね。
重厚ですね。
そして立派ですね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2020.03/25 23:11分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは😃🌃
今日もコメントありがとうございました🙇

本丸御殿が見学可能になってから、いつ行けるだろうかと機会をうかがっていたら、ちょうど良いタイミングに、一昨年名古屋に行く用事かでき、ついでに寄ってきました。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2020.03/26 01:00分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析