FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

納屋橋(2) 福島正則の像とサムライクルーズ

そして、「納屋橋ゆめ広場」には、堀川を開削した福島正則の像が建っています。

IMG_3692 納屋橋

IMG_3690 福島正則

IMG_3686 福島正則

名古屋発展の礎 福島正則公
 福島正則公は永禄4年(1561)に現在の愛知県あま市で、大工の息子として生まれた。
 若くして豊臣秀吉公に仕え、賤ヶ岳の戦いで手柄(七本槍の筆頭)をたて、出世の端緒をつかんでいる。加藤清正公とともに秀吉公の子飼の武将として活躍し、35歳で24万石の清須城主となった。関ヶ原の合戦では東軍に加わり、40歳で広島などを領有する50万石の大名にまで出世し、慶長15年(1610)の名古屋城築城の時を同じくして、正則公により堀川が開削された。
 しかし、水害に遭った広島城を勝手に修繕したという口実で、元和5年(1619)に4万5千石の高井野藩主(現:長野県高山村)に改易され、失意のなか寛永元年(1624)に64歳で亡くなった。
 正則公が開削した堀川は、城下への幹線輸送路や身近な憩いの水辺として人々の暮らしを支え、明治になると沿川には多くの工場や製材所ができ、行き来する艀や筏が工業都市名古屋を支えてきた。
このため堀川は「名古屋の母なる川 堀川」と言われている。
 しかし、昭和30年代(1955~64)からトラックが普及して静かな水面となり、今は都心の貴重な憩いの水辺として親しまれている。

IMG_3688 福島正則

そして、ここには、堀川を屋形船でクルージングするサムライクルーズの船着き場もあります。

IMG_3694 納屋橋

IMG_3695 納屋橋

江戸時代の風雅を極める豪華船「御座船義丸」やパーティークルーズ船「エンゼルハープ号」でのナイトクルーズもあるそうですよ。

IMG_3691 納屋橋

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

納屋橋の 福島正則の像とサムライクルーズ
は初めて知りました。素晴らしい場所ですね!
  • posted by 四方續夫 
  • URL 
  • 2020.04/11 05:21分 
  • [Edit]

NoTitle 

福島正則が改易された時に
幼い娘が2人ぐらいいらしたと思いますが
その子達の話はどこにも出てこない
調べてないので出てこないのでしょうが
失意のどん底で亡くなった福島正則
残された家族の方が私は気になるのですが
怖いと言うか不幸と言うか
気が重くて調べる気にならないんです。
いつかその時が来たら調べるかも知れないですが
いまよりも酷い世の中を正して行くには見せしめも
大事だったので仕方がないです。
みんな戦国時代が好きなのに
いざ新型コロナウイルスで実生活に影響が出ると
混乱してしまう。
戦国時代と幕末は今の騒ぎどころでは無かったのに
みんな何を感じて時代劇を見てるのだろうと思う。
応援!

NoTitle 

こんにちは。
しっかりと納屋橋みてこられて、
これは驚きです。
なかなか知らないところもあったりして、
事細かに取材されてきて感謝です。
納屋橋饅頭は抜かりなかったでしょうか。☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2020.04/11 10:54分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
ゆめ広場ってネーミングが良いですね。
サムライクルーズも面白い。
アイデアいっぱいですね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2020.04/11 21:12分 
  • [Edit]

NoTitle 

この像もあったのですね。
このあたりでイベントをしているときに通りました。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2020.04/11 22:01分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日は一日快晴でしたが明日から雨が続く模様です。

名古屋は何度も行っていますが、納屋橋は初めてでした。
名古屋のお土産には、よく納屋橋饅頭を買っていたので、納屋橋という地名は知っていました。
ここは、ちょっとした撮影スポットになっていますね。

せいパパさんへ
元和5年(1619年)福島正則が幕命によって改易された時、次男の忠勝は父と共に信濃高井野に移り、この際に正則から家督を譲られたそうです。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2020.04/11 22:39分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析