FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

駿府城

14世紀に室町幕府の駿河守護に任じられた今川氏によって、この地には今川家の居館(今川館)が築かれ、今川家の居城となっていました。
今川氏は隣接する甲斐国の武田氏、相模国の後北条氏と同盟を結び領国支配を行いましたが、16世紀には武田氏との同盟関係が解消され、武田氏の駿河侵攻により、居館は失われてしまいました。

その後、武田氏は1582年(天正10年)に織田・徳川勢力により滅亡し、駿河の武田遺領は徳川家康が領有することになりました。

家康は、1585(天正13)年、松平家忠に駿府城の築城を命じ、翌年浜松城から移り、1589年に完成させましたが、翌年江戸に転封となり、中村一氏がかわりに城主となりました。

その後、江戸幕府を開いた家康は、1605(慶長10)年、将軍職を2代秀忠に譲り、駿府に移り住みました。駿府を大御所政治の中心に位置づけ、1607(慶長12)年、家康は、天下普請として諸大名を動員し、駿府城の大改修を行いました。
輪郭式で石垣を廻らせた三重の堀を持ち、本丸、二の丸、三の丸からなり、5層7階の天守を配置した平城です。
家康在城時の駿府の町は、江戸と2元政治が行われていたため、政治、経済の中心地として大いに繁栄しました。

家康の死後、1624(寛永元)年、城主となった秀忠・江の次男・忠長が城主となり、55万石を領しましたが、家光との確執に敗れ、改易されてからは大名は配置されず、駿府城は城代の管理となります。

1635(寛永12)年の火災により、天守等の殆どの建物が焼失してしまいます。
櫓、門等の建物は再建されましたが、天守は再建されませんでした。

明治時代になると、歩兵34連隊の誘致に伴い本丸堀は埋められ、三ノ丸は官庁や学校などの公共用地となりました。

戦後、本丸、二ノ丸部分は駿府公園として整備され,また近年、二の丸巽櫓、東御門が復元され一般に公開されています。

IMG_0830 駿府城

駿府城公園の東御門前の遊歩道に立つ弥次喜多像

IMG_0826 駿府城

「東海道中膝栗毛」の作者・十返舎一九は、静岡の駿河府中出の出身です。

IMG_0828 十返舎一九

巽櫓をバックにこの像と記念撮影も良いですね!

IMG_0827 駿府城

東御門から入城。

IMG_0832 駿府城

IMG_0835 駿府城

IMG_0831 駿府城

IMG_0836 東御門

東御門は、は二ノ丸堀(中堀)に架かる東御門橋と高麗門、櫓門、南および西の多聞櫓で構成される桝形門で、要所に石落し、鉄砲狭間、矢狭間等を持っています。東御門の前が安藤帯刀の屋敷であったことから「帯刀前御門」、また、台所奉行であった松下浄慶にちなんで「浄慶御門」とも呼ばれ、主に重臣たちの出入口として利用されました。

慶長年間に築かれた東御門は1635(寛永12)年に天守閣、本丸御殿、巽櫓などと共に焼失し、寛永15年に再建されました。
現在の復元建物は、この寛永年間再建時の東御門・巽櫓の姿を復元したものです。

巽櫓は、駿府城二ノ丸の東南角に設けられた三層二重の隅櫓で、十二支であらわした巽(辰巳)の方角に位 置することから「巽櫓」と呼ばれました。

IMG_0825 巽櫓

寛永15年に再建された巽櫓は、安政大地震によって全壊してしまったと考えられています。

IMG_4280 B

IMG_4281 B

IMG_0837 駿府城

巽櫓の内部には、徳川家康が幼少期の人質時代に太原雪斎から教えを受けたとされる、臨済寺の部屋を復元した「竹千代手習いの間」があります。

私は、「竹千代の間」を撮影しなかったので、日頃から交流させていただいている「日本歴史紀行」のブログ著者の葵 北風さんに巽櫓内部の画像をお借りしました。

竹千代の間
竹千代の間

竹千代の間2

天井絵
天井画

葵さんの解説「臨済寺は天井絵が無かったと思います。巽櫓の方は、再現した手習い間なので、アレンジも自由なのではないかと思います。」

葵 北風さんのブログ日本歴史紀行

http://blog.livedoor.jp/aoikitakaze/

素晴らしい撮影で、薄暗い部屋の内部までよくわかりますね。
葵さん、「竹千代の間」の画像提供ありがとうございましたm(__)m

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

徳川幕府が誕生してもまとめるのが難しく
感情も人情もない政策をガンガン行った結果
平和と言うみんなが望む時代を迎えた。
平和とは戦争の上に成り立ち
戦争が無ければ平和と言う概念も生まれない
平和とは一体なんだろうと
この頃の時代を見てると感じます。
応援!

NoTitle 

懐かしくて見ていた「駿府城公園の東御門前の遊歩道に立つ弥次喜多像」や「駿府城」です!
  • posted by 四方續夫 
  • URL 
  • 2020.04/14 06:36分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
ここは1度だけマイカーで、
だいぶ前お邪魔しています。
いいところですからたまらない。
また1度でいい訪れてみたいですね。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2020.04/14 10:35分 
  • [Edit]

NoTitle 

駿府は昨年初めて見に行きました。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2020.04/14 20:29分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
弥次喜多の像があるのですね。
割とおなじみです。
駿府城は立派なのですね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2020.04/14 22:17分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは😃🌃
今日もコメントありがとうございました🙇
竹千代絡みで、過去の記事をアレンジして、再アップしました。
静岡は、浜松から近いのに、そんなに行ったことがないのですよ😅
コロナ騒動が落ちついたらまたゆったり静岡にも出かけてみたいです。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2020.04/15 04:26分 
  • [Edit]

NoTitle 

浜松と静岡は商圏が違うのでしょうか?
静岡は広くて複雑な形をしてるので
私から見たら静岡県人としての団結が
自然と分断されてもおかしく無いと思う地形をしてるので
複数の県みたいな感じにみなさん思ってるのかな?
茨城県は地域によって文化も言葉もファッションも
商圏も全く違いますが
みんな茨城県人だと思ってる。
平野部が多いのでそこは共通してる。
応援!

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析