FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

清見寺(1)

静岡市清水区興津地区の清見寺は、寺伝では奈良時代の創建と伝えられています。

鎌倉時代に禅寺として復興し、足利尊氏や今川義元の帰依を受けて繁栄しました。

戦国時代は、今川・徳川・武田・北條らの戦国大名が入り乱れて、清見寺に陣を敷き、城として使用されたため、甚大な戦禍を被ることもあり、一時期、清見寺は荒れ寺となりましたが、今川義元が太原雪斎に命じ、清見寺を復興させ、公家たちを招き、もてなしたといいます。

京の公家・山科言継(やましなときつぐ)は「ここからの眺めが言葉にならないほど素晴らしい」と日記に記し、この地を堪能したといいます。

太原和尚は清見寺を妙心寺派に属せしめ、清見寺の第一世となりました。

IMG_8264 清見寺

清見寺は、境内の一部が鉄道敷地として召し上げられたため、境内を東海道本線の線路が横切っているのですよ。

総門
IMG_8265 清見寺

IMG_8267 清見寺

IMG_8268 清見寺

山門
IMG_8271 清見寺

彫刻は左甚五郎の弟子の作と伝えられています。

仏殿
IMG_8273 仏殿

IMG_8289 仏殿

朝鮮通信使遺跡
IMG_8275 清見寺

江戸時代には徳川氏の庇護を受けたほか、東海道の目の前にあることから、朝鮮通信使や琉球使の接待がここで行われました。

清見寺の境内は、広島県福山市鞆町にある福禅寺、岡山県瀬戸内市牛窓町にある本蓮寺と共に朝鮮通信使遺跡として国の史跡に指定されています。

梵鐘
IMG_8282 梵鐘

梵鐘は正和三年(1314)の鋳造。正和3年(1314年)高山樗牛が詩を作成。

IMG_8283 梵鐘

大方丈
IMG_8280 大方丈

庫裏
IMG_8276 庫裏

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ


スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

銚子市にも境内に外房線の線路があり駅もあるので
完全に分断されてる面白い構造の神社があります。
県指定の梵鐘
戦時中に持って行かれなくて良かったですね
県指定の文化財程度だと
相当なやり取りをして守っただろうなと想像がつきます。
応援!

NoTitle 

清見寺は、寺伝では奈良時代の創建と伝えられており、鎌倉時代に禅寺として復興し、足利尊氏や今川義元の支援を受けて繁栄したのですね!
  • posted by 四方續夫 
  • URL 
  • 2020.04/15 06:00分 
  • [Edit]

NoTitle 

おはようございます。
いやはやここは知らないところ。
こうして見せて聞かせていただくと、
なにかと興味もわいてきて、
勉強していろいろ知りたくなります。
応援ポチ☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2020.04/15 11:04分 
  • [Edit]

NoTitle 

それぞれの建物もいいですが、山門のつくりが他と違っていい感じです。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2020.04/15 22:26分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
これは大きなお寺ですね。
歴史もありますね。
東海道線が敷地の中を走っているのですね。
以前TVでも多様な気がします。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2020.04/15 22:49分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは😃🌃
今回も過去の記事の再アップですが
再びコメントありがとうございました🙇
次の大河ドラマの回に、竹千代と太原雪斎の名前があったので、2人にゆかりのある寺院にしました。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2020.04/16 00:45分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析