FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

足利将軍菩提寺の等持院(2)霊光殿

等持院の方丈の隣に立つ霊光殿には、足利尊氏が念持仏として信仰された利運地蔵尊(伝弘法大師作)を本尊として、達磨大師と夢窓国師とを左右に、足利歴代の将軍像(5代義量と14代義栄の像を除く)が、徳川家康の像と共に両側に安置されています。

IMG_2373 等持院

足利歴代の将軍像の中には、室町幕府13代将軍・足利義輝の木像もあります。

霊光殿の足利義輝の木像
Ashikaga_yoshiteru.jpg画像(Wikipediaより)

国立歴史民俗博物館蔵の足利義輝像 
800px-Ashikaga_Yoshiteru.jpg画像(Wikipediaより)

室町幕府 13代将軍 (在職 1546~65) 。義晴の子。母は近衛尚通の娘。幼名は菊童。初名は義藤。天文 23 (1554) 年2月 12日義輝と改名。同 15年正五位下左馬頭となり,日ならずして父義晴の譲りを受けて征夷大将軍となり,従四位下に進み,翌年2月 17日参議左中将。この年,細川晴元と畠山政国の争いに,畠山にくみしたため,細川勢に洛北の北白川城を攻められ,父とともに近江坂本へ逃れた。のち晴元と和し,同 17年6月帰洛した。しかし翌 18年晴元が家臣三好長慶と摂津に戦って敗れたため,義晴父子は晴元とともに再び坂本へ移った。同 19年5月4日義晴が病没したので,義輝が家督を継いだ。同 20年三好氏の近江進攻により,坂本からさらに北の山中の高島郡朽木に移ったが,同 21年には三好氏との和約ができ,晴元は堅田から出奔し,義輝は京都に帰った。翌 22年7月長慶の京都侵入により,山城杉坂から近江竜華に逃れ,京都は長慶の制圧するところとなり,義輝の動静は不明となる。永禄1 (58) 年朽木から竜華に出てきた義輝,晴元主従は,近江の六角義賢の助けを得て坂本に陣を移し,西進して三好軍と京都攻防戦を重ねたが,11月和議が成立して入洛した。永禄7 (64) 年7月長慶が没すると,翌年その後嗣義継と,専権をふるっていた義継の臣松永久秀に京亭を急襲され,義輝は自殺した。( ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より)
※義輝の最期については諸説あり

家康の像は、42才の厄除けの霊験を受けたもので、石清水八幡宮豊蔵坊にありましたが、廃仏毀釈後に等持院に移されました。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

戦国時代の足利将軍もしっかりと公務をしてたのですが
あまり日の出を見ないで
戦国時代という歴史年表には無い時代が一人歩きしてますね。
もっと足利将軍に目を向けて製作する番組やドラマがどんどん出たら良いなと感じます。
応援!

NoTitle 

等持院の霊光殿には、足利尊氏が念持仏として信仰された利運地蔵尊(伝弘法大師作)を本尊として、達磨大師と夢窓国師とを左右に、足利歴代の将軍像(5代義量と14代義栄の像を除く)が、徳川家康の像と共に両側に安置されているのですね!
  • posted by 四方續夫 
  • URL 
  • 2020.05/25 05:29分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
きのうも2回6時と8時に見てしまいました。
なんという感動の大河でしょう。
足利将軍も当時はあんなんであったということでしょうか。
信長のど迫力あるところが今後たのしみ。
いまの清州に行ってこようかな・・。応援ポチ☆。
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2020.05/25 09:53分 
  • [Edit]

NoTitle 

家康の像など、実物を見てみたいです。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2020.05/25 21:12分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
家康の像があるんですか。
面白そうですね。
足利将軍の木像ってのも凄いですね。
長く大切にされたものでしょうね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2020.05/25 22:31分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは😃🌃
今日もコメントありがとうございました🙇

昨日は、足利義輝、松永久秀、細川藤孝ら懐かしい面々が登場しましたね。
今年に入って、県外へ取材に行けていないので、過去の画像を使って記事にしています。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2020.05/26 00:14分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析