FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

足利将軍菩提寺の等持院(4)足利尊氏の墓

等持院の境内には、足利尊氏の墓があります。

IMG_2380 足利尊氏の墓

IMG_2381 足利尊氏の墓

方丈北の中央に尊氏の墓である宝筐印塔がある。
塔の台座は四面に立派な格挟間があり、宝瓶に蓮華を挿した紋様があって、室町時代の形を示している。
台座の正面に延文三年四月の文字がみられる。(等持院HPより)

足利尊氏像(浄土寺蔵)
足利尊氏

室町幕府初代将軍。在職は1338年―1358年。初名高氏。貞氏の子。元弘の乱で鎌倉幕府の命をうけ上洛したが,後醍醐天皇方に寝返り,六波羅探題(ろくはらたんだい)を討ち建武新政の功臣となり尊氏と改名。1335年関東で北条時行の反乱(中先代の乱)をしずめ,翌年光明(こうみょう)天皇をたて,後醍醐天皇と対立した(南北朝時代)。1352年弟直義(ただよし)を殺したが6年後,直義残党との抗争中に病没。(百科事典マイペディアより)

また、等持院といえば、足利三代木像梟首事件(あしかがさんだいもくぞうきょうしゅじけん)の舞台となったところでもあります。

文久3年2月22日(1863年4月9日)、足利尊氏・義詮・義満三代の木像の首が鴨川の河原にさらされる事件が発生。
犯人は富商、農民、医師、浪士ら十数人で、これは将軍(幕府)への批判ととらえられ、京都守護職の松平容保(会津藩主)は厳重な捜査を命じ、同年8月に犯人は処刑されました。

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

歴代の足利将軍はしっかり機能してたのに
戦国時代というヤクザの抗争と何も変わらない
無秩序な世界になり
足利将軍は弱い立場ではなかったのに
収束させる事が出来なかったのだろう。
そして戦国時代という時代区分は無いのに
戦国時代という時代があると思ってる人が多いのも
不思議な感じです。
応援!

NoTitle 

等持院の一人寂しげな足利尊氏の墓(宝篋印塔)ですね!
  • posted by 四方續夫 
  • URL 
  • 2020.05/28 06:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
等持院はこうした墓地もあって、
関心がある人は常に訪れて、
お参りしたり見学したりで、
とても為になりいいところですね。
京都に数多く出かけてますが、
ここは訪れたことはありませんでしたから。☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2020.05/28 09:42分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
尊氏の墓ですか。
凄いですね。
しかし凄い時代ですね。
短い期間に世の中がどんどん動いた時代でしょうか。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2020.05/28 20:27分 
  • [Edit]

NoTitle 

この時も肉親との戦いなど大変な時だったのですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2020.05/28 21:24分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございましたm(__)m
京都は毎年春秋と行っていますが、この等持院は
この時が初めてでした。その後修復工事に入ったそうで
良いタイミングで見学できたと思います。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2020.05/28 22:48分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析