FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

井伊直親ゆかりの池辺神社の八幡宮

掛川の十九首塚から池辺神社へ。

IMG_5104 八幡宮

この池辺神社の北には二つ池と呼ばれる池があり、現在でも池面に突き出した半島部に八幡宮を祀る社が鎮座しています。

IMG_5105 八幡宮

IMG_5106 八幡宮

IMG_5108 八幡宮由来

八幡宮由来

十九首宇佐八幡宮と称し元は掛川市十九首の地にあった。
井伊谷の領主井伊直親(幼名亀之丞)が今川家に謀反を疑われ、永禄5年(1563年)その釈明に駿府に向かう途中掛川領主朝比奈泰朝に主従19人が謀殺された。よってこの地に祀り八幡宮を建てたと大池のほとりにあった旧家(現掛川大池こども園)ねんや(禰宜家)鈴木家文書に記されている。
井伊家は彦根本家とは別に直親の曾孫直好から4代にわたって掛川領主を務めている。
元禄4年(1692年)直好が城主の時上屋敷の大池に遷座され現在に至っている。
慶応4年東征大総督有栖川宮熾仁親王は官軍を率いて江戸に向かう途中掛川に宿泊大池の八幡宮を参拝された。
目と鼻の先に池辺神社が祀られており池に面して二つの神社があることは歴史的な背景を物語るものと思われる。

IMG_5107 八幡宮

IMG_5109 八幡宮

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

こうして小さな祠があちこちにあるけど
誰も気にしない。
今回のように災害の慰霊では無い祠もあるけれど
大概、祠は過去の災害の慰霊のために祀られてるのに
誰も地元の祠を見ない。
地元の祠を見ただけで過去に
その地で何があったかが少し見える
そして博物館や資料館に行ったり
ハザードマップを見ると過去に災害が起きてた事がわかり
どんな都市開発をしたのかを見て回れば
自分たちが住んでる街が安全かそうじゃ無いかが分かるけど
誰も歴史に興味が無い・・・
テレビで見る50年住んでるけど
こんなことは初めてだと編集されて報道されてる。
そう思う前にその方は地元の歴史や文献、都市開発
小さな祠まで見て回ったのかな?と
真っ先に疑問に思う。
応援!

NoTitle 

井伊直親ゆかりの池辺神社と八幡宮が池に面して建てられているとは!の感ですね!
  • posted by 四方續夫 
  • URL 
  • 2020.08/01 09:05分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
やっと梅雨が明けてくれて、
朝からカンカン照りで暑くなりそう・・。
井伊直親のゆかりどころで、
神社にどれだけの人が来るのか。
せいぜいよく知ってる者だけなんでしょうか。☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2020.08/01 10:34分 
  • [Edit]

NoTitle 

池の中に突き出たところにあるのですね。
これはいい感じのところです。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2020.08/01 21:32分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
井伊家所縁の神社ですね。
だいぶいろいろな謂れがありそうですね。
こちらは梅雨が明けました。
暑いけど湿度が減りましたよ。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2020.08/01 22:43分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
ようやく東海地方も梅雨明けとなりました。
これからは、本格的な夏の暑さとの闘いになりますね。

この辺りは人の気配を感じなくなるところです。
せいパパさんのおっしゃる通り、祠があっても、誰のためのものなのか気にする人はあまりいないように思います。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2020.08/02 01:49分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
8位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析