FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

渋沢栄一の生誕の地(6)尾高惇忠生家

尾高惇忠は、渋沢栄一の従兄であり、学問の師でもありました。

Odaka_atsutada.jpg

明治維新後は富岡製糸場の初代場長を務めた人物です。

官営富岡製糸場の初代所長,明治前期の殖産興業推進者。武蔵国榛沢郡手計村(深谷市)の名主尾高保孝の子。幼名新五郎,字は子行,藍香と号した。明治1(1868)年彰義隊に参加するが脱退,その後振武軍に加わり官軍と戦って敗退。維新後は明治2年静岡藩勧業付属,3年民部省監督権少佑,次いで大蔵省製糸場の計画を担当した渋沢栄一の漢学の師であり,義兄に当たる(妹千代が栄一の最初の夫人)ことから,同省勧業寮富岡製糸場掛(のち勧業大属)となり,同製糸場の建設,経営に尽力。長女勇は伝習工女に志願してこれに協力した。また秋蚕の飼育法を研究し,その普及に努力した。9年末同製糸場を辞し,翌年から第一国立銀行盛岡支店,仙台支店に勤めるかたわら,製藍法の改良普及にも尽くし,著書に『蚕桑長策』(1889),『藍作指要』(1890),がある。(コトバンクより)

この尾高惇忠の生家は、江戸時代後期に惇忠の曽祖父・磯五郎が建てたといわれ、この家で栄一の妻となったちよ、見立養子となった平九郎、惇忠の娘で富岡製糸場伝習工女第一号となるゆうが育ちました。

IMG_4718 尾高惇忠の生家

この地方の商家建物の趣を残す貴重な建物で、当時は「油屋」の屋号で呼ばれていました。

また、若き日の惇忠や栄一らが、尊皇攘夷思想に共鳴し、高崎城乗っ取りの謀議をなしたのも、この家の二階の部屋と伝わっています。

平成二十二年 (2010) 二月十日に深谷市指定文化財(史跡)に指定されました。

中に立ち入ることは出来ませんが、外観の見学のみ出来ます。

IMG_4719 尾高惇忠

IMG_4732 尾高惇忠

IMG_4720 尾高惇忠

IMG_4721 尾高惇忠

IMG_4724 尾高惇忠

IMG_4722 尾高惇忠

床の間には栄一書の額が飾られています。

IMG_4722 栄一の書

「出藍」は「青はこれを藍(あい)より取りて藍より青し」からそこから生まれたものが、そのもとのものよりもすぐれていること。弟子が師にまさることを意味します。


藍玉
IMG_4723 尾高惇忠

台所
IMG_4725 尾高惇忠

主屋裏の煉瓦倉庫には、「上敷免製」の刻印を残す煉瓦が使われており、日本煉瓦製造株式会社ができた明治二十一年 (1888) 以降の建築であることがわかります。

IMG_4728 尾高惇忠の生家

IMG_4729 尾高惇忠

IMG_4726 尾高惇忠

IMG_4730 尾高惇忠


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

登録有形文化財は価値があまり無いけど
指定文化財になると価値があるので
中に入れなくなっちゃいますよね。
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2021.02/23 05:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

尾高惇忠は、渋沢栄一の従兄であり、学問の師でも在った諭旨!見事な記事です!
  • posted by 四方續夫 
  • URL 
  • 2021.02/23 07:10分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
渋沢栄一のことは、
知らないことばかりで恥ずかしくて、
ことし1年勉強の毎日でしょうから。
いろいろ教えていただいてボケ防止に、
それはなればと思ってます・・。☆
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2021.02/23 10:27分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
さすがに煉瓦の街ですね。
普通に煉瓦が使われています。
煉瓦を焼いた工場を見に行きましたよ。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2021.02/23 21:37分 
  • [Edit]

NoTitle 

当時の建物などが、しっかり保存されているのですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2021.02/23 21:44分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日は昨日とは一転、冬の寒さが戻ってきましたね。

ここも紀行で紹介されたので、用意しておいた記事をアップしました。部屋の中には入れなくても、外観からでも当時の暮らしぶりが想像できました。中の家同様、立派なお屋敷ですね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2021.02/23 22:11分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析