FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

京都御苑に残る和宮ゆかりの地 橋本家跡~桂宮邸跡

京都御苑には和宮の生家である橋本家跡があり、東側の松林の中に「皇女和宮生誕の地」の碑が立っています。

1 20080814_564862

和宮は孝明天皇の異母妹で、有栖川宮熾仁親王(ありすがわたるひとしんのう)と
婚約していましたが、公武合体という幕府の政略により、徳川家茂のもとに嫁ぐことになります。
はじめは、武家のしきたりに馴染めず、天璋院との関係もうまくいきませんでしたが、輿入れから4年後に家茂が他界してからは、天璋院と力を合わせ、徳川家の存続に努めました。

2 20080814_564863

 橋本家跡
1846(弘化3)年、孝明天皇の妹和宮親子内親王誕生の地といわれています。和宮は、橋本実久の娘典侍の経子を母として生まれ、14年間この橋本家で養育されました。公武合体政策を進めるため、当初の有栖川宮熾仁親王との婚約は破棄され、14代将軍徳川家茂へ嫁ぐこととなりました。明治維新後、和宮は徳川慶喜の助命にも尽力しました。1877(明治10)年、療養先の箱根で没し、増上寺の徳川家茂の墓に並んで葬られました。


桂宮邸跡

近衛邸跡の東側には桂宮邸跡があります。

1 20080523_530149

今では築地塀と門のみが残されています。

2 20080523_530150

ここは、和宮が14代将軍・徳川家茂に嫁がれる前の約1年8ヶ月を過ごした建物があったところです。

御苑内の旧桂宮邸を明治26~27年に移築したのが現在の二条城本丸御殿です。

旧桂宮御殿は、1854年、内裏が炎上した時も延焼を免れ、孝明天皇の仮皇居に使用されました。


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

京都にまた行ってみたいな〜
応援!
  • posted by せいパパ 
  • URL 
  • 2021.04/20 05:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

京都御苑に残る和宮ゆかりの地「橋本家跡と桂宮邸」昨年京都に行き、三男の車で案内して貰う予定がぱー、今年もコロナウイルスで又パーです。令和3年の春には行きたいがどうなるやら?三男はウイルス系の脳脊髄幕炎でで可愛い2歳の娘を3ケ月の入院で亡くしています。嫁が一緒にお墓に入ると行って床の間にまだ遺骨を祀っています。
  • posted by 四方續夫 
  • URL 
  • 2021.04/20 07:37分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
よく何しろご存じでしょうから。
すいすいと取材されてきては、
このようにして見せて聞かせていただいて、
それはもううれしい限りというしかないでしょう。

  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2021.04/20 11:00分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
皇女和宮ですね。
なかなか素晴らしい人ですよね。
詳しくはないけどいろいろな場面で活躍しますよね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2021.04/20 21:49分 
  • [Edit]

NoTitle 

武家の方に嫁がれての苦労、
その後も激動の時に大変だったでしょうね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2021.04/20 22:07分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございましたm(__)m

幕末に活躍した女性といえば、天璋院篤姫と皇女和宮は外せませんね。時代に翻弄された人生を送った女性たちともいえますね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2021.04/20 22:14分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
14位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析